サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1127-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2006/02/01
  • 出版社: 偕成社
  • サイズ:27cm/47p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-03-016410-2
絵本

紙の本

雪窓

著者 安房 直子 (作),山本 孝 (絵)

「三角のぷるぷるっとしたやつください。」雪のふる寒い寒い晩、屋台にきた厚いコートのお客はいいました。「三角のぷるぷる」って?山のふもとのおでの屋台『雪窓』には、ときたまふ...

もっと見る

雪窓

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

絵本・安房直子童話名作選 5巻セット

  • 税込価格:7,70070pt
  • 発送可能日:購入できません

絵本・安房直子童話名作選 5巻セット

  • 税込価格:7,70070pt
  • 発送可能日:購入できません

絵本・安房直子童話名作選 5巻セット

  • 税込価格:7,70070pt
  • 発送可能日:購入できません

絵本・安房直子童話名作選 5巻セット

  • 税込価格:7,70070pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「三角のぷるぷるっとしたやつください。」雪のふる寒い寒い晩、屋台にきた厚いコートのお客はいいました。「三角のぷるぷる」って?山のふもとのおでの屋台『雪窓』には、ときたまふしぎなお客がくるそうです。今夜も提灯がともり、店がひらくとちょっとばかり風がわりなお客がやってきたようです。5歳から大人まで。【「BOOK」データベースの商品解説】

「三角のぷるぷるっとしたやつください」 雪のふる寒い寒い晩、屋台にきた厚いコートのお客はいいました。山のふもとのおでんの屋台「雪窓」には、ときたまふしぎなお客がくるそうです。今夜も提灯がともり、店がひらくと…。【「TRC MARC」の商品解説】

おでんの屋台「雪窓」を舞台に、おかしいけれどなぜかせつない不思議な物語が幕を開ける。安房直子の傑作童話の絵本化。【商品解説】

著者紹介

安房 直子

略歴
〈安房直子〉1943〜93年。東京生まれ。日本女子大学国文科卒業。数々の美しい物語を発表。野間児童文芸賞等受賞多数。
〈山本孝〉1972年愛媛県生まれ。「メリーゴーランド絵本塾」等で絵本を学ぶ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

山のふもとのおでん屋さんの話です。

2016/02/14 14:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

寒い時期には、おでんが食べたくなりますね。
二日連続でもいいです。
最後は残ったおでん汁にうどんを入れて、卵でとじれば、いろんな旨味がしっかり味わい尽くせて、
これまた冬のご馳走ですよね。

『雪窓』は山のふもとの村に出るおでんの屋台の名前。
愛想いいはちまきをしたおやじさんが一人でおでんの屋台をしています。

お客さんはいろいろです。
人間はもちろん来ますが、「三角のぷるぷるっとしたやつをください。」って常連たぬきのお客さんもいるんですよ。

ひょんなことから、この常連たぬきが『雪窓』の手伝いをすることになりました。
もともとおでんが大好物のたぬきなので、手伝いをできることが嬉しくてたまりません。
よく働くし、お店が終わってからは一人暮らしのおやじさんのいい飲み相手にもなってくれ、おやじさんも喜んでいました。

そんなある日、『雪窓』に一人の若い娘のお客さんがやってきました。
おやじさんの亡くなった娘にそっくりです。
その娘さんが屋台に手袋の片方を忘れていったのに気づいたおやじさんは…。

おでんも美味しそうだし、
おやじさんは愛想よくていい感じだし、
たぬきは働き者で可愛らしいし、
娘さんとのうれしいエピソードもあって、
なんとも言えない幸せ感をふつふつと感じる絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おでん

2019/12/03 19:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

グラタンおばあさんと魔法のアヒルではグラタンを、雪窓ではおでんを本当に美味しそうに描いています。深い悲しみも感じつつ、心が温まるお話。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しっとりとした味わいに満ちた絵本

2016/01/30 21:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

屋台のおでん屋のおやじさんとたぬきを主軸にしたストーリー。
「雪窓」というおでん屋のネーミングもよければ、そこへたぬきが訪れて来て客になり、お店を手伝うようになるという設定もいい。絵も、雰囲気があってとてもいい。ほとほと降る雪の中、おやじさんとたぬきが屋台を挟んでしゃべっている場面が好き。
おやじさんには幼い娘を亡くした辛い過去があり、後半はその子に面影の似た娘も絡んで話が展開していく。見どころ、読みどころがたっぷりで、ラストの締めくくり方もうまい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/25 23:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/16 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/20 16:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/11 04:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/12 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/10 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/08 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/17 14:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/05 16:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/10 16:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/08 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。