サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セットの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発売日不明
  • 出版社: 角川書店

紙の本

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

著者 ダン・ブラウン

ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下巻 3冊セット

税込 1,823 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

で・・・聖杯は?

2006/03/30 09:43

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず300P足らずの上中下巻三冊に分ける必要、あっただろうか。どうも感覚的に、物語の進み方が遅いように感じてしまう。少々厚めの、上下巻の方が良かったように思うのだが。

前作「天使と悪魔」が非常に面白かっただけに、興味津々で突入した本作品だったけど、残念ながら前作ほどの興奮は得られなかった。スピード感もハラハラ感も半減、と言った感じだろうか。タイトルになっている「ダヴィンチ」作品群の取り扱われ方も、本編にそれほど重要に絡んでいないように感じた。ダヴィンチを使うために、無理やり意味を持たせたような感。作中のアナグラムや暗号なども、それ程驚くものでは無い。前作の「イルミナティダイヤモンド」のインパクトに比べると、やはり少々物足りない。
またテーマもちょっと曖昧。この点に置いても、前作では「宗教」と「科学」という、言うなれば相反する物の反発と融合の歴史を取り扱い、とても興味深く読めたのだが。本作に置いてはキリスト教会と、宗教組織?の確執と言った、どちらも宗教よりである為、登場人物の線引きがしずらかった。その結果、どうも今ひとつキャラクタとストーリに入り込めない。
「聖杯」と「レオナルドダヴィンチ」という全世界的に有名な物がまずありき、で。読み手の興味を誘ったは良いけれど。そこから無理やり話しを紡ぎ出している感があり、どうも何か設定に無理を感じる。こうなると悪循環と言うか、どんでん的な悪玉の登場も??になってしまったし、布石や伏線も、何だかなぁ・・・的な感覚を覚えてしまった。
前作と色々比較して評して来たので、この際究めつけの違いを書いておくと。前作が最終的に「イルミナティダイヤモンド」が燦然と輝き、度肝を抜かれたのに対して。本作品では・・・「それで・・・聖杯は?」と、モヤっとした気分にさせられてしまう。この点に置いて決定的に、前作との差異を感じてしまった。世界的に感銘を受け売れに売れた本だけに期待したが、残念ながら満足出来るものでは無かったと言わざるを得ない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。