サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス(光文社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 42件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/259p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-03343-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス (光文社新書)

著者 好井 裕明 (著)

社会学における社会調査、特に質的なフィールドワークをめぐり、著者自身の経験や、多くの優れた調査結果を語る作品を読んだ印象や思いを中心に、「世の中を質的に調べる」うえで、基...

もっと見る

「あたりまえ」を疑う社会学 質的調査のセンス (光文社新書)

799(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

社会学における社会調査、特に質的なフィールドワークをめぐり、著者自身の経験や、多くの優れた調査結果を語る作品を読んだ印象や思いを中心に、「世の中を質的に調べる」うえで、基本かつ大切なセンスについて語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

好井 裕明

略歴
〈好井裕明〉1956年大阪市生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。筑波大学大学院人文社会科学研究科教授。京都大学博士(文学)。著書に「繫がりと排除の社会学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー42件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

「普通」は普通ではない

2012/04/08 21:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Tucker - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は社会学での調査において質的に調べるために基本であり大切だと著者が考えた事を述べたもの。

「質的に」というのは、数字だけでは説明できない現実を調べるために生きた答えを得ること。

「住みやすいですか」という質問に対して、5段階評価でAさんは4点とし、Bさんは2点とした場合、2人のデータを単純に比較することはできない。
なぜなら「住みやすさ」の基準がAさんとBさんで同じかどうか分からないから。

このようなケースの場合、インタビューなどの人との対話が必要になるのだが、その際、著者が大切にしていることを述べている。

社会学そのものに興味を持っていたわけではないが、
「あたりまえを疑う」
「”普通であること”に居直らない」
といった点が気になったので、この本を手に取った。

「普通」という言葉は、ついつい使ってしまうものではあるが、よくよく考えてみると、この「普通」には特に定義があるわけでない。

厳密に言うなら「その他いろいろ」でしかない。
少人数の集団が、世間一般からは「A」というカテゴリーで呼ばれていた、とすると「普通」というのは「A以外」の人々、という事でしかない。
「A」は明確に定義されるが、「A以外」は「A」と線引きをしているだけで、特に定義されているわけではない。
しかも「A」というカテゴリーが適切かどうか、という問題もあったりする。

カテゴリー分けは便利で、強力だが一歩間違えると「先入観」「決め付け」となってしまう。
なんでもかんでも疑うと疲れてしまうが、自分にとって大切な事に関しては、基本的なところから疑ってかかった方がいいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

フィールドワークのこころがまえやかんがえかた

2008/05/07 22:26

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会学ではフィールドワークが欠かせないが,社会学や社会調査などの本は調査の技術にかたよりがちである.著者がこの本でつたえたいのは技術でなく,フィールドワークのこころがまえやかんがえかたである.社会学者でなくてもフィールドワークやアンケートなどの調査が必要になる機会があるだろう.そういうとき,この本が参考になるのではないだろうか.また,これは「おもてなし」のこころにも通じているようにおもう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/24 20:10

投稿元:ブクログ

社会調査における、「質的調査」を論じた本書。アカデミズムとしてある程度構築された社会調査の世界からは決して論じ切れない、真に「人間と人間がぶつかり合う部分」が書かれている点で、社会学の書としてはかなり新鮮な書であると思います。

何より、日常的に人と接して仕事をしている人々にとって、励ましの書となる内容になっていることがとても素敵です。
やはり、人間と人間がぶつかり合う場面には、理論や技術では論じ切れない・言葉にできない部分があるんだということを、「そのままでいい」と思えることは、何よりの励ましです。

どんな学問をしている人にも、どんな仕事をしている人にも、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

2006/05/31 01:08

投稿元:ブクログ

サクッと読みたい人は1〜5章はすっ飛ばして6・7章だけ読んでも参考になります。1〜5は難しいと思う人もいるかも。でも6・7章を読めばかなり参考にしたい部分が出てくると思いますよ

2011/07/27 21:00

投稿元:ブクログ

社会学における質的な研究の意義について事例を出しつつ熱く語る本。
「質的研究」という言葉について聞いたことはあるけどもう一つ良さがわからない、という人は手にとってみる価値はあると思います。内容は特に専門的な話はないので、「読み物」と捉えたら良いと思われます。社会学や心理学に携わる人は読んでおいて良いかと。

2007/04/18 23:56

投稿元:ブクログ

いつも目をそむけたくなるフィールドワークの大切さがひしひしと伝わってくる。この先生の授業が集中講義で受けれるとのことで、楽しみ!

2007/10/13 22:46

投稿元:ブクログ

単純に社会学の調査って面白いな!って思える本です。社会学を知らない人でも読んでみて欲しいです。理論や分析も大切ですけれど、こういう現場が伝わってくることも大切かな…と思えます。

2007/05/23 12:04

投稿元:ブクログ

2007.05 読み物としても完成度が高いと感じた。思わず入り込んでしまった。社会学におけるフィールドワークへの基本姿勢や注意点が理解できた。

2006/12/31 20:39

投稿元:ブクログ

前半はフィールドワークの際に行う取材を行うときの姿勢や考え方が書かれていて、取材をする際の参考になった。後半で「カテゴリー化」を行うときに注意すべき事が書かれていた。ニュースなどで、例えば犯人などの特性をカテゴリー化して説明しているとき、そのカテゴリーは適切なのか一度疑って見る方がよいという指摘。この辺は「情報」をどう疑って見ればよいのか具体的に示されていて分かりやすかった。

2014/02/04 18:02

投稿元:ブクログ

見えていて、やっているけど、意識されないこと。日常の様々な場面に存在するし、大衆演劇の役者内にあったり、LGBTの人々の中にあったり。
それを明らかにする方法として、質的な社会学、エスノメソドロジーがある。
既に行われた優秀なエスノメソドロジーの実践を紹介しながら、心構えや考え方について語る。入門書であり、一般書。

2007/10/30 00:02

投稿元:ブクログ

このようなことが「社会学」なのか!という発見の一冊。本題ではないかもしれないですが、なんだか生きずらいなぁと思ったりする方なんかが読んだりしたら良いんではないかと思います。考え方のコツが沢山出てきますし難しい本ではないので気楽に読むと良いと思います。

2014/02/12 14:54

投稿元:ブクログ

素晴らしい本でした。構成も、文章も明快で読みやすく理解しやすい。おそらく著者が専門家として大事にしていることと通じるからだろうが、必ず「自分がこう思った感じた」ことと、客観的な事実とを、きっぱり分けて書いてある。勝手な押し付けが皆無。これほどクリアなのに、思わず引き込まれて泣いてしまう部分が、いくつもあった。紹介されていた本はどれも読んでみたくなった。とにかく素晴らしかった。ありがとうございました。

2008/02/20 02:33

投稿元:ブクログ

大学院の時、ある後輩が「エスノメソドロジーに最近取り組んでるんです」と言ったことがある。エスニシティ(民族)と関係あるのかとたずねると、「いやいやそうではない」という。じゃあ何かときくと、インタビューを記録して分析するのだという。さらには、「語りが大切なんですよ」とか「話し手と聞き手の関係構築なんですよ」とか、全貌がまったく理解できない説明をされた思い出がある。その「エスノメソドロジー」の中心となる方法論をベースに、様々な研究成果を紹介したのが本書。広く行われている社会調査のような通り一遍のアンケート調査(量的調査)などでは決して浮かび上がってこない出来事(特にマージナル(周辺的)な分野)に着目し、じっくりと相手の語りに耳を傾け、さらには相手の生活領域に自らが入り込んで生活をともにするといった極端な方法をも取りながら、様々な社会に生きている人々の有り様を理解しようとする学問が世の中にはあるのだということが分かる。ノンフィクションや文学に近いと思ったが、これは別にこの分野をけなしているのではなく、評価して言っているつもり。

ただ、この本で取り上げられている被差別部落とか旅芸人とかホモセクシャルとかのマイノリティの声をすくい上げることが、エスノメソドロジーだと考えると、誤解を招く。そういう事例に対する寄り添い方、向き合い方が肝心なのだ。本書のタイトルの「あたりまえを疑う」という姿勢こそにエスノメソドロジーの本質があるのだろう。もちろん、条件反射的にすべて「あたり前を疑う」ようになってしまえば、エスノメソドロジーからはもっとも遠く離れた教条主義的な考え方になることは言うまでもない。

エスノメソドロジーを僕は専門的に勉強したわけではないし、ほぼ無関係の分野を勉強してきたといってもよい。しかし、この本は読む箇所がいちいち腑に落ちた。その理由は、自分の個人的な経験と結びつく。5年前に今の地方の大学に就職して、すぐさま僕が持っていた地方私大学生のイメージはことごとく崩されたという経験がある。学生に質問すればするほど、予想もしない答えが学生から返ってくる。想像以上に学生は自分の世界を持っている。それ以降、教員の仕事の一つは、学生のそういう部分に刺激を与え、伸ばすことにあると思ったのだ。そこで、大学では、狭い学問分野の一過性でしかない知識を与えることよりも、学生に語らせる機会を持つこと、学生の語りに耳を傾けることを大切にしてきた。だから、この本を読んだ時に、エスノメソドロジーとは、自分がこれまで学生に対してやってきたことなんだなと思ったのである。

さらに、この本を読んで、エスノメソドロジーとは、自分がやるだけでなく、その方法を学生に教える意味があると感じた。相手の語りに耳を傾け、そこから何かを発見する。相手と信頼関係を構築し、語りを引き出していくうちに、自分が気づいていなかったことに気づく。結局は自分の認識が変わったことに気づく。「本当に知ること」とはこういうことでしょう。社会の中できちんと人間関係をつくっていく時の基本姿勢ってこういうことでしょう。じゃあ、教育現場で、学生にこういう��とを考えさせるプログラムを作りましょう、ということで、今度やる予定の講義では、この本に書かれていることをかなり参考にするつもり。タイミング的に凄く役に立った一冊でした。学生も必読。

2008/04/27 15:58

投稿元:ブクログ

著者は、研究対象の人や世界をただ「対象化」して、研究者自らは「透明化」しようとするのでは、社会の実態や問題点を具体的に捉えてその認識や変革を目指す社会学のあり方として、おかしいのではないかと考える。その人の世界に研究者が「はいりこみ」、適切に「ききとる」ことがいかに大切なことであるかが、単なる理論や机上の空論ではなく、好井さんのフィールドワークの体験に基づいた熱意と説得力のある言葉をもって語られ、また、他の社会学の本を紹介しながら、その内容を好井さん自身がしっかりと読み解いた上で読者に伝えようという情熱をもって書かれていた。客観的・理論的な社会学ではなく、主体的な社会学、行為としての社会学の実際を伝えようとする好井さんの熱意は、その紡ぎだす言葉の美しさとともに心に響いた。客観的に社会を俯瞰する姿勢で社会学を学ぼうとしていた私の意識に波紋を投じた貴重な一冊である。自分がこれから社会にどのような姿勢で向かい合っていくかを考えるきっかけとなった。

2008/06/02 14:15

投稿元:ブクログ

社会学における、フィールドワークについての本。
あんま知らない分野だったからすごく新鮮だった。

フィールドワークとはいかなるものかっていう概説書じゃなくて、
筆者なりに考えるフィールドワークとはなにか、とか
おもろいと思ったフィールドワークの実践等を紹介してる。
量的調査に縛られがちな現代人は読むべし。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む