サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

8/1~ 本のご購入で全員もらえる! 夏のポイントキャンペーン(~8/31)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

家庭の医学(朝日文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 朝日新聞社
  • レーベル: 朝日文庫
  • サイズ:15cm/169p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-02-264360-9
文庫

紙の本

家庭の医学 (朝日文庫)

著者 レベッカ・ブラウン (著),柴田 元幸 (訳)

レベッカ・ブラウンが癌に冒された母親の入院、手術、治療、そして看取るまでを描く。「母のどこかほかの部分は、何か別のものによって助けられていたと思いたい。何か優しいものによ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

レベッカ・ブラウンが癌に冒された母親の入院、手術、治療、そして看取るまでを描く。「母のどこかほかの部分は、何か別のものによって助けられていたと思いたい。何か優しいものによって母が助けられていたと私は信じたい」—。介護という現代の問題をテーマにした「介護文学の先駆的な一冊」。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

医学書ではないかたちで死というものを教えてくれる

2007/11/14 23:12

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

家族や近しい人の最期を看取るというのは
いまや稀なことであり、
それが出来るということは
かなり幸せなことだともいえる。
現在、病院で息を引き取るというのが当たり前の世の中である。

そんな時代に、
私は続けて二人の家族を看取った。
病院ではなく、家で。
息を引き取る瞬間を看取った。
極めて稀なことなのだと思う。

家族を看取ることができるというのは、
幸せなことではあるだろうけれど、
死に行く人の姿を見つめていなければならないという
辛さと寂しさがある。
大事なひとだからこそ
この世を去っていくことを思い
身を引き裂かれそうな気持ちにもなるだろう。
けれども、そうしてその人に寄り添うという行動が
死に行く者と残される者、
どちらともが死を受け入れる準備をしていくのだと思う。
寄り添うことしか出来ないことを歯がゆくも思い、
けれども、寄り添うことしか出来ないということを自覚したとき、
別れのときは静かにやってくる。

昔はほとんどが家で亡くなったのだろうから
人が死んでいく姿、死に向かっていく過程を知っていたのだと思う。
看取る側も代々引き継がれて
人の終焉の姿をリアルに体感していたのだろう。

しかし、
人の死を体感できにくくなっている今、
医学書ではなく、
もっと別の形で私たちにそれを教えてくれるものが必要な気がする。

それが、この本にはあった。

身近な人の死ということについて、
心の問題として捉えること。
でも、冷静で客観的であること。

淡々と語られる文章に
人の体験から学ぶことが数多くあるのだということを
実感する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/16 17:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/12 15:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/31 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/18 13:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/23 16:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/13 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/20 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/05 12:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/01 06:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/12 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/11 12:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/24 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/30 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

朝日文庫 ランキング

朝日文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。