サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

花と龍 下(岩波現代文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/377p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-602101-1
文庫

紙の本

花と龍 下 (岩波現代文庫 文芸)

著者 火野 葦平 (著)

時代は昭和へと移る。金五郎は若松市会議員となり、すでに押しも押されもしない貫禄の親分である。しかし波止場の近代化の陰に、吉田親分との因縁の対立は徐々に深まる。マンと彫青師...

もっと見る

花と龍 下 (岩波現代文庫 文芸)

税込 1,276 11pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

時代は昭和へと移る。金五郎は若松市会議員となり、すでに押しも押されもしない貫禄の親分である。しかし波止場の近代化の陰に、吉田親分との因縁の対立は徐々に深まる。マンと彫青師お京、金五郎をめぐる女たちもしのぎを削る。明治から昭和戦前に至る北九州若松を舞台に展開するロマンティシズム溢れる波乱万丈の物語。完結。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

力と力が激突した若松港での港湾ストライキ

2008/05/17 10:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 火野葦平も実際に陣頭指揮をとったという若松港での沖仲仕のストライキがクライマックスに登場するが、火野自身、相当な数の左翼系の思想本を読み上げていたといわれる。陸軍に幹部候補生として入営しても、営舎内でレーニンの本を隠し読みしているところを発見され、下士官へと降格されて除隊しているほどである。
 その実録小説といわれる本書において、火野は前面に出てこずに父の玉井金五郎を英雄に仕立て上げている。火野にとって、父である玉井金五郎への感謝と鎮魂の意味をこめて書いた作品といわれる由縁である。

 実録小説といいながら、読み物としては日本人の大好きな勧善懲悪のストーリーなので、おもしろいようにページが進む。
 さらに、男と女の機微が盛り込まれ、特に金五郎とお京のプラトニックな関係がマンの疑念へとつながり、これはこれで義理と人情だけではない面白さを展開する。

 あとがきにおいて、火野自身が吉田磯吉一派の分の悪さを謝罪しているが、明治という日本が世界に飛び出ていくにあたっての勃興気、俗に言う若気の至りと思えば互いに水に流せるのだろう。
 ましてや、その世界を相手に戦争をし、かつての若松港を舞台にした敵が同志とならなければ敗戦後の混乱期を乗り切れなかったからだろう。

 火野自身は文学者戦争犯罪人として追放を受けていたが、海外からは逆にヒューマニストとして、反戦作家として絶賛されているのは皮肉なものである。 いずれにしても、火野自身が庶民や社会の最下層で蠢く者の味方であったということに終始変わりはなかったということである。
 玉井金五郎、マンという両親のもとで、火野自身が極めて正義感に溢れた人間らしい人間であったことを偲ぶことができる小説ではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/21 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/09 09:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/26 06:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/01/07 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波現代文庫 ランキング

岩波現代文庫のランキングをご紹介します岩波現代文庫 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。