サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. カーリー 黄金の尖塔の国とあひると小公女

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

カーリー 黄金の尖塔の国とあひると小公女(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-2661-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

カーリー 黄金の尖塔の国とあひると小公女 (ファミ通文庫)

著者 高殿 円 (著)

ヴィクトリア王朝時代の面影薫る英国領・インド。14歳だったわたしは、祖国イギリスを離れ、“国王の王冠にはめられた最大の宝石”と謳われた東洋の地で、一人の少女と出会う。オニ...

もっと見る

カーリー 黄金の尖塔の国とあひると小公女 (ファミ通文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヴィクトリア王朝時代の面影薫る英国領・インド。14歳だったわたしは、祖国イギリスを離れ、“国王の王冠にはめられた最大の宝石”と謳われた東洋の地で、一人の少女と出会う。オニキスの瞳に神秘的な雰囲気をあわせもつ彼女の名前はカーリー。彼女は、遠い異国の地で出会った、わたしの運命そのものだった—!激動の時代に、イギリスとインドのはざまで揺れる運命の恋を描いた、高殿円のヴィクトリアン・ラブ・ストーリー、遂に開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/08/14 00:18

投稿元:ブクログ

 表紙イラストが椋木夏夜さんで、可愛い女の子のツーショットだし(おー)、ヴィクトリアンだし(おー)、女子寄宿舎だし(おー)、メイドさんだし(カラー口絵参照/笑)、舞台がインドだし(おー)、なんといっても高殿円さんの新刊なので即購入。ちょっと期待していたものとは違っていたけど、なかなかに面白かったです。 てっきり、第二次世界大戦前夜のインドの女子寄宿舎を舞台にした「マリみて」で「エス」なお話になるのかと思って期待していたのに、どうしてどうして。時代の政治的な思惑が絡んできて、そう簡単にはいかないようす。 主人公シャーロットを取り巻くほとんど全ての人間に裏があって、真実を知った時に純真無垢な彼女はどんな反応を示すのか、楽しみのような怖いような。シャーロットがカーリーに対して、何のてらいもなく「好き」を連発するのにちくり心が痛みます。カーリーのシャーロットに対する「好き」がシャーロットの「好き」とは種類は違うことにも。 あとがきで高殿さんご自身が熱く語っているように、ヴィクトリアンラブ、しかもものすごい胸キュンの初恋ラブに雪崩れ込みそうな予感がします。ドラマティックな展開になりそうな次巻が楽しみ〜。 でも本音としたら、前半のまるで「小公女」の世界のような寄宿舎生活のぬくぬくした雰囲気が好みだったので、できればその路線で行って欲しかったんですけどね。(そうそう、いぢわるで高飛車な女の子が必ずいるのよね!しかも縦ロール!/笑) 次巻以降、後半の政治的な問題が前面に出てくるんでしょうが、和気藹々とした女の子同士のちょっとしたエピソードなんかも、読めればいいなあと思います。(読了してさいとうちほ『円舞曲は白いドレスで』『白木蘭円舞曲』が再読したくなっちゃった。うーん。浪漫だわあ)

2006/06/06 23:23

投稿元:ブクログ

 絵が可愛くって気になったので購入。作家が初恋を〜とか言ってるだけあって、結構可愛いお話。好きな人に好きと言う気持ちがとてもまっすぐで…これからゆっくりと恋愛に発展するんだろうけど(と言うか発展して欲しいんですけど)それがとても楽しみなお話でした。頑張れ片想い…な話とも言う(苦笑)

2006/08/29 16:08

投稿元:ブクログ

表紙を見る限り、百合小説だと思っていましたが.......。

中身はなんと、ほのぼの学園話となにやら陰謀めいた話。そしてあの人の正体とは........

作者の高殿円さんは「銃姫」から読んでいますが、こちらのシリーズも期待できそうだ。

2008/01/21 08:22

投稿元:ブクログ

一見百合っぽい表紙で購入するのを迷いましたが…いいお話です! 甘酸っぱい初恋ストーリー。甘いだけでは終わらせないところが素晴らしい。

2012/04/23 21:04

投稿元:ブクログ

百合ラノベかと思ったら違った
ただ女子寮のきゃっきゃうふふな話だけでなくて政治などと絡めてあったのがよかった

2013/09/23 20:19

投稿元:ブクログ

まさかそんな時代設定で、故に、そんなキャラ設定で、こんなカバー絵の話を書くの?みたいなミスマッチ感。でも、本当はミスマッチじゃないんですよね。子供だって子供だけの世界に隔離されているわけじゃないし、むしろ、大人が思うほどに、子供だってガキじゃないというかね。
きわめて危なっかしい、一瞬だけ成立しているギミックの上に成り立っている物語。何となく、行く末を思うと、あまり幸せそうでもないのだけれど、その瞬間が輝いていれば素晴らしいのだと、主人公たちが思うなら、それでいいのかもね。
ヴィクトリアンとかいうからだまされちまったじゃないかというか、そういう時代じゃないわさ。

2010/07/17 12:35

投稿元:ブクログ

カーリー1作目。インドの女学校を舞台に、イギリス人の少女シャーリーと女装したマハラジクマール(インドの王子)の話。

2作目まで出ているけど続きは今のところ出ていない。2作目で色々伏線っぽいものを出しているので、続きを出して欲しい。

2012/09/29 23:25

投稿元:ブクログ

これは良いもの。

英国領インドにある淑女のための寄宿舎学校に入った女の子・シャーロットが主人公。優しくない義母と義弟、リーダー格の少女のいじめ、真夜中のおしゃべり、大切な友達と、女子寮のオーソドックスは取り上げてある。その上で、インド(?)の皇子様という素敵な初恋も用意してある。筆者が描きたかったであろう要素が調理されてならんでいて、楽しい。
女の子達のきゃいきゃいだけでなく、激動の歴史を背景とした冒険もあり。良書。

2012/09/19 09:25

投稿元:ブクログ

発売当日に購入しました。
寄宿舎学校が舞台になっているというだけで、こんなにどきどきするのはなぜなんでしょう。好きな作品の一つです。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む