サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

脳髄工場(角川ホラー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 41件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ホラー文庫
  • サイズ:15cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-347007-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

脳髄工場 (角川ホラー文庫)

著者 小林 泰三 (著)

犯罪抑止のために開発された「人工脳髄」。健全な脳内環境を整えられることが証明され、いつしかそれは一般市民にも普及していった。両親、友達、周囲が「人工脳髄」を装着していく中...

もっと見る

脳髄工場 (角川ホラー文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

脳髄工場

626 (税込)

脳髄工場

ポイント :5pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

犯罪抑止のために開発された「人工脳髄」。健全な脳内環境を整えられることが証明され、いつしかそれは一般市民にも普及していった。両親、友達、周囲が「人工脳髄」を装着していく中で自由意志にこだわり、装着を拒んできた少年に待ち受ける運命とは?人間に潜む深層を鋭く抉った表題作他、日常から宇宙までを舞台に、ホラー短編の名手が紡ぐ怪異と論理の競演。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

脳髄工場 7-91
友達 93-131
停留所まで 133-140

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー41件

みんなの評価3.6

評価内訳

2007/06/17 02:10

投稿元:ブクログ

短編集がいっぱいでお得感があります。
11作品も入って590円は安い!!

これもまた難しくなくて良い。
全体的に「世にも○妙な物語」的な空気です。

「世にも…」で映像化して欲しいな。

2010/05/13 22:54

投稿元:ブクログ

ホラー?かな?そんな怖くないけども
近未来、人工脳髄が当たり前の世界。主人公はその人工脳髄の秘密を知ってしまう

2006/07/26 16:01

投稿元:ブクログ

結構グロい短編集です。
う〜ん、小林泰三って昔は好きだったんだけど・・・・なぁ・・・・。
これもなんかSFっぽくて、好みじゃなかった。

2006/05/08 16:36

投稿元:ブクログ

11の物語の短編集
5ページで終わるほど短いものもあり、とても読みやすい本でした。
小林泰三にしては設定が普通な感じもありましたが、「さすが!」と思わせる場面もあり、十分に楽しめました。

『脳髄工場』
周りのほとんどの人々が脳髄に機械をとりつけ、極端な感情を抑制されている世界で、自由意思を尊重し、機械の取り付けを拒んでいた少年の見た事実は少年を落胆させ、少年の人生を大きく変えてしまう。

『友達』
ひ弱な僕が想像した強い僕。彼に名前をつけ自分と彼との区別をし始めた頃から彼と僕の関係はおかしくなり始める。

『停留所まで』
幽霊の出るバスに間違って乗り込んでしまったわたし、、

『同窓会』
同窓会に現れたその場に居るはずのない人物の招待は、、、

『影の国』
カウンセラーを営んでいる主人公が、ビデオテープの整理中に見つけた奇妙な男の記録。彼は何者なのか、どうして彼のことを思い出せないのか。

『声』
偶然拾った携帯電話。かかってきた電話に出るとそれは自分からの電話だった。言われる通りに行動することでどんどんお金持ちになるわたし。ある国の王子と結婚する機会を逃してしまったわたしは過去の自分に電話をかける。

『C市』
世界中から集められた科学者が住むC市。そこではCと呼ばれる未知のものに対する対策が日々研究されていた、、、

『アルデバランからきた男』
科学技術が発達し、人工増加に耐え切らなくなった惑星から逃れてきた男。人間のバックアップをとりその人物を殺すことで人工問題を解決しようとするその惑星から男は逃れることが出来るのか。

『綺麗な子』
ペットや子供のロボットを買えるようになった時代。人々は本物の犬や出産を拒むようになる。そんな時代の行き着く先は、、、

『写真』
心霊写真を鑑定する男の下に送られてきた一枚の写真。その写真を見た者は24時間以内に死ぬと告げる少女。写真に隠された謎は何なのか、、、

『タルトはいかが』
姉宛ての手紙の内容はだんだんと過激になっていく。同棲する女性が人の血で作ったお菓子を作り。それを食べなければ生きていけないというのだ。どんどん酷くなる内容に対して姉のとった行動は、、、

2006/06/11 20:41

投稿元:ブクログ

 相変わらずいやーな感じの作品が並んでいるところが素晴らしいですね。
 ですが、特筆すべきは、そうした「いやーな感じ」はあんまりない『C市』という作品。
 これまでの作品でもクトルゥフ神話に対する傾倒を見せていた作者が、真っ正面からクトルゥフ神話に挑んだ作品で、ホントイイ!大好きです。本作は中編ですが、小林氏にはいつか長編のクトルゥフ物をやって欲しいなあと思います。

2006/12/11 00:30

投稿元:ブクログ

ホラー小説の名手が3年の沈黙を破って放つ狂気
近未来。犯罪抑制のために開発された「人工脳髄」。天然脳を持つ
少年、少女に待ち受ける悲劇とは? 世界の崩壊と狂気を暗示した
表題作ほか、過去から未来、そして宇宙までを舞台にした珠玉の
ホラー短編集!

2007/01/20 19:58

投稿元:ブクログ

小林作品の短編集にしては珍しくキレがないほうだった、作品内容が在り来たりで、今更だがオチがワンパターン。それでもラストの一言で背筋を凍らせてくれるのが彼の作品のいいところだと思うのだが、今回どの作品もその辺が弱かった。
「脳髄工場」「綺麗な子」「影の国」が割とよかった。
4冊目。

2008/08/03 22:04

投稿元:ブクログ

うーん・・・。角川「ホラー」文庫だからカテゴリは「怖い」だけど、別に恐くも気持ち悪くもないし。「声」「アルデバラン・・・」「綺麗な子」は結構好き

2009/04/04 17:01

投稿元:ブクログ

3月31日読了。ダークSFファンタジー短編集。クトゥルフネタや藤子不二雄的皮肉SFもあり、お約束のグロ描写もありでバラエティに富んでいて楽しめる。この人は長編もおもろいが、短編を書かせるとネタが豊富で実力の高さがうかがえる。表題作のイヤな感じや、シンプルなびっくりSFにすればいいものの無駄に生理的嫌悪をあおる「アルデバランから来た男」などが好み。

2007/03/15 12:16

投稿元:ブクログ

衝撃的。

本当に世界が誰かによって操作されてたらどうしようって考えた。

どうしようもないけど・・・。

2008/06/08 17:16

投稿元:ブクログ

短篇集なので、コンパクトにまとまりすぎて少し物足りない。
もっとガーッと好きな方向に走り抜けてもいいのに。どこまでも付いていきます。

でもベタな「停留所まで」も実はけっこうお気に入り。

2007/05/09 14:25

投稿元:ブクログ

近未来。犯罪抑制のために開発された「人工脳髄」。天然脳を持つ少年、少女に待ち受ける悲劇とは? 世界の崩壊と狂気を暗示した表題作ほか、過去から未来、そして宇宙までを舞台にした珠玉のホラー短編集!

2007/10/15 01:09

投稿元:ブクログ

表題作を含むSF・ホラー11作品を収録。
SFとホラーってもの凄く良く似合うよなぁ、と「綺麗な子」を読んで思った。
「停留所まで」「アルデバランから来た男」の様なテンポの良い短くトリッキーな話を私は好む。
「影の国」「声」「タルトはいかが?」は終わらせ方が良いな、と思った。特に「タルトはいかが?」のラスト一文はこれ以外に有り得ないだろう、といった感じ。

2008/03/24 23:21

投稿元:ブクログ

短編集。それぞれの話によって面白さがかなり違うかもしれない。脳髄工場、停留所まで、綺麗な子が好きです

2014/11/23 12:00

投稿元:ブクログ

“「何を言ってるんだ?」ドッペルが真顔になった。「他人てのは俺のことか?俺はおまえじゃないか。自分で自分の記憶を思い出す切っ掛けを作ってるだけなんだから、おかしくもなんともない。それとも、まさか、おまえ俺を自分から切り離して考えてるんじゃないだろうな」
「そんなことはないよ」僕は慌てて首を振った。
「それで安心した」ドッペルに笑顔が戻った。「俺はまた、おまえが俺に名前でもつけたんじゃないかと冷や冷やしたぜ」
僕の全身にゆっくりと鳥肌が広がる。”[P.114_友達]

「脳髄工場」
「友達」
「停留所まで」
「同窓会」
「影の国」
「声」
「C市」
「アルデバランから来た男」
「綺麗な子」
「写真」
「タルトはいかが?」

“「ムッシュムラムラ!」先生が呪文を唱えた。
まるでビデオを巻き戻すかのように、すべての針はそれが発射されたのと全く同じ軌跡を後戻りして、六型の体内に戻っていった。どんなに頑丈な鎧に守られていようが、針の発射口は無防備だ。六型は動きを止めたかと思うと、不気味な軋む音を発し、粉々に砕け散ってしまった。
「先ほどのお言葉を返すようですけど」先生は退屈そうに言った。「やっぱり核兵器の方が厄介だと思いますよ。以前、食らった時には、爆風と放射能を無効化するのに苦労しましたもの」
わたしは左目から飛び出す舌の先を握り締めると、七型をぐいと引っ張った。七型は床の上で滑ってひっくり返った。
「先生、こいつどうしましょう?」
「吸収しちゃえば?あなた最近鉄分不足のようだから、ちょうどいいわ」”[P.251_アルデバランから来た男]

角川ホラー文庫 ランキング

角川ホラー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む