サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

君こそ僕の絶対(幻冬舎ルチル文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

君こそ僕の絶対 (幻冬舎ルチル文庫)

著者 いおか いつき (著)

白バイ隊から刑事になった諏訪内真二は、ある事件をきっかけに担当エリート検事・高城幹弥と恋人同士に。忙しいながら、相変わらず高城に夢中な真二だったが、ある日、刑事課を尋ねて...

もっと見る

君こそ僕の絶対 (幻冬舎ルチル文庫)

555(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

君こそ僕の絶対

555 (税込)

君こそ僕の絶対

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白バイ隊から刑事になった諏訪内真二は、ある事件をきっかけに担当エリート検事・高城幹弥と恋人同士に。忙しいながら、相変わらず高城に夢中な真二だったが、ある日、刑事課を尋ねてきた弁護士に敵意に満ちた態度を取られ面食らう。その新米弁護士は、高城の双子の弟・優弥で、兄の恋人を見ようとやってきたのだ。何かと高城にも敵意を向ける優弥に、真二は…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

絶対シリーズその2

2012/04/15 00:01

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

絶対シリーズ第二弾です。
白バイ隊から刑事になった諏訪内。
ある事件をきっかけに担当検事・高城と恋人同士になります。
忙しいながら、相変わらず高城に夢中な真二だったのですがある日、
刑事課を尋ねてきた弁護士に敵意に満ちた態度を取られ面食らってしまいます。
その新米弁護士は、高城の双子の弟・優弥でだったのですが・・・と続きます。
高城が諏訪内と接していくうちに少しずつ人間味が出てきていて
ますます高感度が上がってます。
諏訪内もあいかわらず高城一筋で読んでいてほのぼのでした。
甘いお話は読んでいて幸せな気分になれるところが良いですね。
「愛こそ明日の絶対」に続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズ2作目

2015/08/24 14:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まぎぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は、カップルとなってあまあまの二人に、高城の双子の弟が邪魔者として登場。弁護士の卵という職業で、二人のお仕事にも絡んできます。

今回の事件はサスペンスとしてはかなり薄く、主に邪魔者との絡みだけで展開していきます。その辺がちょっと肩すかしでした。
ただ、二人のあまあま度はあがっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/24 16:29

投稿元:ブクログ

シリーズ二作目。「好きこそ〜」を読んだ後だったら絶対買ってなかったのですが、アマゾンにて一括注文した為…読みましたよ。ラブラブな二人にBL界ではお約束の身内の邪魔が入ります。別にそれは良いのですが、その身内が弟…それも「双子の」という枕詞が付いた時点で閉口致しました。双子ッテ、そんなにいますか?…いや、確かに月子の身内にも近所にもいるけどさ…。今回の見所は高城兄弟のケンカシーンでしょうか?すみません、それ以外内容覚えてません(あった?)この弟が主役の話が出たそうですね。買いませんが。相変わらず奈良さんの口絵は最高。

2006/12/12 01:39

投稿元:ブクログ

前作とセットで買ったのですが、うーん。やっぱりあわないのかも。自分がまだ学生だったらおもしろく読んだのかも。

2007/09/01 16:12

投稿元:ブクログ

白バイ隊から刑事になった諏訪内真二は、ある事件をきっかけに担当エリート検事・高城幹弥と恋人同士に。忙しいながら、相変わらず高城に夢中な真二だったが、ある日、刑事課を尋ねてきた弁護士に敵意に満ちた態度を取られ面食らう。その新米弁護士は、高城の双子の弟・優弥で兄の恋人を見ようとやってきたのだ。何かと高城にも敵意を抜ける優弥に、真二は・・・・・・!?

2008/12/02 19:07

投稿元:ブクログ

白バイ隊から刑事になった諏訪内真二は、ある事件をきっかけに担当エリート検事・高城幹弥と恋人同士に。
忙しいながら、相変わらず高城に夢中な真二だったが、ある日、刑事課を尋ねてきた弁護士に敵意に満ちた態度を取られ面食らう。
その新米弁護士は、高城の双子の弟・優弥で、兄の恋人を見ようとやってきたのだ。
何かと高城にも敵意を向ける優弥に、真二は…。

======================

ワン仔♪
裏表がなくていいですねヽ(^o^)丿
弟も好きだ\(^o^)/

2008/05/14 12:57

投稿元:ブクログ

あらすじ:白バイ隊から刑事になった諏訪内真二は、ある事件をきっかけに担当エリート検事・高城幹弥と恋人同士に。忙しいながら、相変わらず高城に夢中な真二だったが、ある日、刑事課を尋ねてきた弁護士に敵意に満ちた態度を取られ面食らう。その新米弁護士は、高城の双子の弟・優弥で、兄の恋人を見ようとやってきたのだ。何かと高城にも敵意を向ける優弥に、真二は…。

2010/02/04 15:10

投稿元:ブクログ

[CD]
聞いて思ったのは原作読まなきゃよかった(笑)。
そしたらこの物足りなさはなかっただろうに(笑)。
何が足りないってことごとくカットされてることだよ!!
ここがジレンマでトークもいっぱい聞きたいけど内容もカットしないで欲しいっていう…!!
1番残念だったのがベッド。
終わってからベッドをポンポンって叩いて横に寝ろっていうのが完全カット。
というかベッドに行くという過程からすべてぶっちぎられてるから仕方ないんだけどさ。
いいところもたくさん。
羽多野くんの関西弁がたくさん聞けて幸せだった(笑)。
ハマケンの関西弁はなんかぎこちなかったけど(笑)。
兄弟喧嘩のシーンはたまりませんな!!
あの殴りかかった時の羽多野くんが1番萌え(笑)。
平川くんの台詞かぶってるけど気にしない。
やっぱ羽多野くんはギャンギャンしてるシーンがあるとときめくね~。
トークはネオロマ声優が…っていうか羽多野くん以外みんなネオロマ声優じゃないのさ(笑)。
冒頭から賢雄さんが台本落としたりとか自由(笑)。
方言の話になったり、喘ぎの話になったり神奈くんが回してくれて楽しかったわ。
平川くんの方言でどのあたり出身か考えようとしたけど無難な回答で無理でした(笑)。
[原作]
続編もCDにすべきだと思いました(笑)。
もういっぱい羽多野くんの関西弁を聞きたいんです!
いや…ツンデレの羽多野くんが聞きたいだけなんです。

2009/11/15 02:06

投稿元:ブクログ

平川x羽多野 シリーズ2作目。高城さんの双子の弟登場。今回ちょっと、オイオイ;ってとこが多かったなあ…。二人のラブラブっぷりに当てられるCD。フリト「実際にヤっ…」wwwww

2010/04/27 18:59

投稿元:ブクログ

絶対シリーズ2
刑事・諏訪内×検事・高城
恋人になった二人はラブラブ。
高城の双子弟登場。こちらは弁護士。
どうやら、簡単には許してもらえそうにもない様子。

2010/09/27 17:20

投稿元:ブクログ

『好きこそ恋の絶対』
⇒『君こそ僕の絶対』
『愛こそ明日の絶対』
『恋する絶対の法則』 ※スピンオフ

2011/07/14 01:36

投稿元:ブクログ

シリーズ第2弾。

新米刑事×敏腕検事の交際3ヶ月目。

真二は可愛さに情熱と逞しさが加わってきて男らしく。
高城さんは強気の中に可愛げが色濃く浮かびだしてきゅんきゅんです。意外とメロメロ!(笑)

相変わらず忙しいうえに、新キャラ優弥や高城さんの家族の反応など2人を悩ませる問題も起こり…だけどラブラブな2人の姿には読んでる側も幸せな気分になります。

2013/11/16 11:48

投稿元:ブクログ

 白バイ隊から刑事になった諏訪内真二は、ある事件をきっかけに担当エリート検事・高城幹弥と恋人同士になった。
 お互い忙しい身でありがながらも、なんとか時間をやりくりして会う時間を作り、順調に交際を続ける二人。
 真二は相変わらず高城に夢中で、高城も直接言葉にはなかなか出してはくれないもののそれに答えてくれていた。
 そんなある日、刑事課を尋ねてきた弁護士に敵意に満ちた態度を取られる真二。真二はお人好しが幸いして、今まで誰からもそんな扱いを受けた事がなく、とても驚く。
 実はその新米弁護士は、高城の双子の弟・優弥だったことがわかり、驚く真二と刑事課の面々。
 優弥は優弥で実は、正月に「男の恋人がいるから見合いはできない」と実家で爆弾発言をかましていた高城の恋人を一目見ようとやってきたのだった。

 そんな中、優弥の上司である里見弁護士が弁護を担当する事になった重要参考人が弁護士の接見後、だんまりを決め込むようになり、捜査が一向に進まない。

 真二たちは高城の指示に従って、物証を上げることになって……

 という話でした。
 バカ正直な男が二人、ゆるーくぬるーく事件を解決しながらラブラブしている話。
 恋愛面に重点が置かれ過ぎてもなく、事件解決の描写も「あっと驚く様な」とはいかないものの地道な捜査なのでリアリティがあるような……。

 しっかりと幸せへと向かって歩いてくれるのはとってもいいことなので、このまま幸せになってくれればいいなあ……と思います。

2012/04/28 17:47

投稿元:ブクログ

「好きこそ恋の絶対」
      ⇓
「君こそ僕の絶対」←ココ
      ⇓
「愛こそ明日の絶対」