サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

省察(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/306p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08965-9
文庫

紙の本

省察 (ちくま学芸文庫)

著者 ルネ・デカルト (著),山田 弘明 (訳)

省察 (ちくま学芸文庫)

税込 1,080 10pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

デカルトが『方法序説』の後に刊行した興味深い書です!

2019/01/25 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、近代哲学の父とも言われるルネ・デカルトが名著『方法序説』を刊行した後に出した興味深い一冊です。同書は、形而上学の関する思索をより精緻に描いたもので、6日間の省察という形をとって、徹底してすべてを疑いながら、その中から確実な事実のみを探り、神の存在と心身を区別しようとした画期的な内容となっています。ぜひ、デカルトを理解したい方々には読んでいただきたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

訳者山田弘明さんには五つ星進呈

2007/02/26 16:45

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:仙道秀雄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 スタンダールが言っているそうだ。第二省察までは面白いが、第三省察からは坊主論議だと。この説になかば賛成する。なかばというのは言い切る自信がないからだが、一生懸命読んだが分らんことは間違いなく、いくら世間で良い書物だと言っていても、自分が分らなければやはりそれは自分には無縁だと判断せざるをえない。
 メルロ・ポンティは第6省察を心身合一の立場から評価するそうなので、第6省察は再読するべきかもしれない。
 第二省察からインスピレーションというと大層だが、「オモロイ」と思えた箇所があったので(英文ではあったが)牛王5号でのエッセイのタネにさせてもらった。
 付録の「幾何学的仕方で配列された神の存在と精神と身体との区別を論証する諸根拠」はスピノザのエチカを思わせる。実体・共通概念という概念もある。
 注解が解説ともども良くできていて、分りやすく大変参考になる。とくに自分らのような素人には。227頁から235頁には本文のパラグラフに対応した要約がついている。この要約をガイドにして本文にあたれる。本当に親切な本である。こういう仕事をした山田弘明さんには五つ星を進呈したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

解説がいい感じがする

2017/05/18 00:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

省察を読むのはこれが初めてだから他と比較してるわけじゃないけど、解説とかが初心者に優しい感じがある。
僕は省察自体に興味があったわけじゃなくて、他の読みたい本があるからそれの準備みたいなことで読んだ。だから論理が込み入ってるところは適当にわかったことにしてとにかく早く終わらした。こういうスタンスでも解説でおさらいしとけばなんかいいんじゃないかって思わしてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/26 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/07 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/05 00:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/19 11:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/04 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/06 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/23 22:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/06 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/13 23:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。