サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

淑女の休日(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/495p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-720312-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

淑女の休日 (文春文庫)

著者 柴田 よしき (著)

幽霊が出る。女性に人気のシティリゾートホテルで、そんな噂が囁かれ始めた。鮎村美生が調査を開始した直後、幽霊の目撃者である美津子が何者かに殺される。残された美津子の白無垢姿...

もっと見る

淑女の休日 (文春文庫)

720(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

淑女の休日

720 (税込)

淑女の休日

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幽霊が出る。女性に人気のシティリゾートホテルで、そんな噂が囁かれ始めた。鮎村美生が調査を開始した直後、幽霊の目撃者である美津子が何者かに殺される。残された美津子の白無垢姿の写真の謎。美津子はずっと独身だった—。一時の錯覚でもいい。夢が見たい。女性の哀しさを切なく描いた上質のミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (3件)
  • 星 1 (0件)

2006/08/19 20:58

投稿元:ブクログ

どれだけ皮肉っぽい事を書いてあっても、根底にはシティホテルへの愛が見えます。たまにはレディースプランで泊まって、非日常を味わいたいわ。

2006/10/18 12:04

投稿元:ブクログ

厚さの割には軽く読めました。あっさりめな人物描写と展開に、物足りないと言えなくもないけれど、この登場人物でまた読みたいと思わせるのは流石。
いつもながら読後感は良いです。

2006/05/22 14:58

投稿元:ブクログ

出張先で何を読もうかと思って文庫本の棚を見ていたら柴田よききさんを見つけました。
「Miss You」はおもしろかったなーと思い出し、読むことにしました。
女の子的なタッチですね。
読んでも何も残りません。。。
言葉は悪いけど、暇つぶしにはよいです。

2011/02/05 19:51

投稿元:ブクログ

再読。
森林浴ならず「ホテル浴」、休日をホテルで過ごすことで非日常を満喫するOLたち、数万円で買う贅沢、という物語の設定が好き。
ミステリーとして色々絡み合ってやや難解。
スパー、エステ、プール、豪華な朝食、アフタヌーンティー等々、ホテルに泊まりたくなります。

2007/08/02 00:54

投稿元:ブクログ

欧米の翻訳ミステリに出てくるやたらタフな女性探偵ものは苦手ですが、これは新本格系の著作もある著者のこと、あまり気にならず読めます。ホテルのレディースプランをはじめとするリゾートホテルの魅力にとらわれた人々を描きつつ、そこで起こる幽霊騒ぎにまつわる事件を調べていく女性探偵もの。しかし再登場する名前を見て「これ誰だっけ」という気持ちに襲われたこともしばしば……私がぼんやりなだけでしょうか。

2009/01/04 09:40

投稿元:ブクログ

幽霊が出る。女性に人気のシティリゾートホテルで、そんな噂が囁かれ始めた。鮎村美生が調査を開始した直後、幽霊の目撃者である美津子が何者かに殺される。残された美津子の白無垢姿の写真の謎。美津子はずっと独身だった―。一時の錯覚でもいい。夢が見たい。女性の哀しさを切なく描いた上質のミステリー。

2008/09/12 22:15

投稿元:ブクログ

幽霊が出る。女性に人気のシティリゾートホテルで、そんな噂が囁かれ始めた。鮎村美生が調査を開始した直後、幽霊の目撃者である美津子が何者かに殺される。残された美津子の白無垢姿の写真の謎。美津子はずっと独身だった―。一時の錯覚でもいい。夢が見たい。女性の哀しさを切なく描いた上質のミステリー。 (「BOOK」データベースより)
余計なトリックにいちいち振り回されないのがいいな、と。大事な部分は残しておくけど細かいことは綺麗に解かれていく。女性の特別でありたい、と願望をついた話。男がお金を払っても風俗で自分の欲望を満たすように、女も満たす。それは恋愛よりも買い物よりも切実な欲望だ。

2008/12/03 18:11

投稿元:ブクログ

ホテルの幽霊騒動を探っていたら殺人事件に遭遇してしまった話。
最後のほう、流して読んだので、人間関係がよく分からなくなりました。

2007/05/17 23:19

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
幽霊が出る。女性に人気のシティリゾートホテルで、そんな噂が囁かれ始めた。
鮎村美生が調査を開始した直後、幽霊の目撃者である美津子が何者かに殺される。
残された美津子の白無垢姿の写真の謎。美津子はずっと独身だった―。一時の錯覚でもいい。
夢が見たい。女性の哀しさを切なく描いた上質のミステリー。

2013/08/21 18:39

投稿元:ブクログ

どんな所でも、場というのは自ずと閉鎖性を持つ。その場にふさわしいものだけがそこに残り、ふさわしくないものは消えていくのが自然な流れだ。もしのその流れに逆らおうとすれば、大変なエネルギーが必要になる。

2011/05/25 11:16

投稿元:ブクログ

厚さの割りにサクサクと読めた。おもしろい。
上質のミステリー、という表現は確かにピッタリかも。たくさんの人のいろんな気持ちが交錯しているけれど、ありがちな毒々しさというか不快な雰囲気がないから良かった。
哀しい話だけど、読後感は決して悪くない一冊でした。
[2011.05.25]

2012/06/05 00:04

投稿元:ブクログ

暑さの割りにはさくさくよめた。主人公がなかなかすき。
3つの幽霊騒動と、それに付随してきた殺人事件の顛末は、うーん。ちょっともやもや。

2006/10/23 16:10

投稿元:ブクログ

はじめて読んだ柴田よしき作品。海外ミステリをネットで検索していて、たまたま柴田さんのHPにいきあたり、日記を読みだしたらなんだかおもしろくてやめられなくなり、で、小説も読んでみようと思って。そんないきさつはともかく。いわゆるレディースプランで女性たちが贅沢な休日をすごすホテルが舞台で、ユーモアがあって軽く読めるし、ホテルライフを楽しむ女性たちの心理についても描かれているのがよかったかな、と。もともとわたしは謎解きが苦手なので、最後に謎のタネあかしみたいなのがはじまると少々退屈してしまったし、主人公の女性探偵についてでも、ホテルに泊まる女性たちについてでも、もうちょっと深い突っ込みみたいなものがあってもよかったのかなあと、なんとなくものたりないような気もするけれど。でも、日本のコージーミステリも楽しいかも、と思えました。

2012/01/16 21:25

投稿元:ブクログ

あるホテルにバトラーのおばけが出るとのことで、その解明を依頼された探偵の話。
非日常を求め、また、誰かに大切に扱われることを求めて、ホテルにやってくる女性達。
探偵とキャリア候補の警察官のやり取りが良かった。

2013/08/11 13:19

投稿元:ブクログ

前半は美生が幽霊の目撃証言を聞き出す件は、一体この先どうなっていくのか予測不能の展開で期待が膨らみましたが、肝心のロジックは予定調和でした。
全体的にテンポが良くて読み易かったものの、女性の造形が物語に上手く定着していない感じで、テーマの「淑女」が活かされていない気がしました。