サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あほらし屋の鐘が鳴る

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あほらし屋の鐘が鳴る(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/372p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-765653-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あほらし屋の鐘が鳴る (文春文庫)

著者 斎藤 美奈子 (著)

失楽園、もののけ姫、バイアグラ、ゴーマニズム宣言など、平成のおじさんたちの“勘違い”を、斎藤美奈子が「なにをゴチャゴチャゆうとんねん、あほらし屋の鐘が鳴るわ」とカーン。「...

もっと見る

あほらし屋の鐘が鳴る (文春文庫)

679(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失楽園、もののけ姫、バイアグラ、ゴーマニズム宣言など、平成のおじさんたちの“勘違い”を、斎藤美奈子が「なにをゴチャゴチャゆうとんねん、あほらし屋の鐘が鳴るわ」とカーン。「女性誌探検隊」では、「an・an」から「暮しの手帖」まであまたある女性誌を俎上に、これまた的確なる情勢分析をほどこします。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

きっと男が読むと辟易するエッセーだろうな

2016/11/03 17:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

斉藤美奈子の時事ネタ大好きです。ナンシー関も好きだったな―。
本書はもうhontoでは手に入らないらしいが。
すでになき「pink]という雑誌のエッセーをまとめたもの。98年ごろか。
しかし、考察が古くないんだな。
「わた鬼」これももうないな。わた鬼に出てくる人間がすべて実家も、嫁先も名字で呼ぶ。このことと橋田ファミリーとよばれるマインドを「日本の家の権力構造」と喝破。
一世を風靡した「失楽園」のカップルの年齢差にみる男女に対する偏見構造は「定年の問題」につづく。男は50まで女は30までが旬問題。
きっと男が読むと辟易するエッセーだろうな。
でも、おんなは「そうそう」と胸がすく思いがするのだ。
こんな感じで、国家と個人問題も掘り下げてくれる。うわべだけじゃないんだよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/22 01:08

投稿元:ブクログ

性に合わないんだけど、なぜだか読んでしまう。後半の女性誌評論はさっぱりわけがわかりませんでした(笑)

2006/03/20 13:34

投稿元:ブクログ

斎藤美奈子さんの雑誌時評。大胆な切り口と小気味よい批評、好きだなぁ。今は亡き『PINK』と『uno!』に連載されたもの単行本。基本は90年代後半あたりの雑誌メディア事情なんですが、今回、文庫化にあたり2006年の状況が追記されている。読み応えありです。

2006/11/02 23:10

投稿元:ブクログ

友人と、斉藤美奈子に叱ってもらえ〜って思うときあるよねと盛り上がった。ATMの性別とか細かくていい!!男の中の男、おじさん、体育系男子、およびながぶちつよしは読まない方がいいでしょう。

2008/09/26 21:03

投稿元:ブクログ

斉藤美奈子はやはりすごいですね。もう脱帽っていう。失楽園の要約とか、噴飯ものです。電車で読まないことをお薦めします。最高裁判所裁判官の国民審査の項目では、私はまだ成人して日が浅いので選挙にいく機会がまだなかったんですけども、これからしっかり、そのへんもフォローせんばいかんなあって反省しました。視点、切り口が斬新で、どうしたらそんなふうにひねくれた見方をできるんだろうって感心するばかりです。私はまだまだ修行が足りません。

2015/02/09 11:54

投稿元:ブクログ

図書館で。面白かったです。
面白かったんですが私あまり雑誌を読まないので後半はあまりピンと来なかったので。今度読書日記を借りてこようかなあと思います。

なんていうのかいちいち頷きながら読んでしまいました。確かにクリントン・橋本首相・青木都知事は次のブッシュ息子・小泉首相・石原都知事という顔ぶれを見ると平和だったんだな、という感じがします。へえ、そうなんだ~と思う事と確かに私もそう思うかも、という主張が多くて面白かったです。でも私はテロリストのパラソルは結構好きだな。反対にハーレクインロマンスとかアリエナイ~と話が頭に入っていかない感じです。
ある意味女性も男性も求める世界は同じなんだろうな。ベクトルが違うから分かり合えないだけで…

2009/07/19 21:46

投稿元:ブクログ

最高。


文庫化されたのが2006年、取り上げられていたのが1999年からだったので
ちょっとだけ古かったけれど、それでも★5つ。すごく面白かった。
最高の切口をもっと読みたい。


古くなる本は普遍的でないわけではなく、
その時代をまさに映しているからなのだとナットクできる一冊。ぶらぼー!

2006/04/14 05:57

投稿元:ブクログ

あいかわらず辛口の斎藤さんであります。

出版物に触れては「おいおいおい、こりゃ??」と感じる人には必読。

後半の女性週刊誌にはなじみがないので面白さが読めなかったが、サカナにされた各誌を知る人には相当面白かったであろう。

2010/01/20 21:24

投稿元:ブクログ

 斉藤美奈子の雑誌に掲載されていた、オジサンの勘違いを切った(?)エッセイ。
 さすがにこういう時事ネタは、文庫落ちで読むとしんどい部分もあるが、それでも「オジサンって成長ないよなぁ」と苦笑いしながら読めるのであった。
 女性誌探検隊で、女性誌をばさばさと切ってるのはかなり笑えた。
 
 そーいや昔雑誌で、少女マンガ何を読んできたかで○○タイプみたいなヤツがあったんだが、急にそれを思い出したよ。

2010/07/10 22:41

投稿元:ブクログ

「すて奥」(雑誌「すてきな奥さん」)考に苦笑。わ、わかる。すごくわかる。奥さんの気持ちも斎藤さんの気持ちもわかるのよー。

今回の一番の収穫は「セミと女王バチ フェミニズムを嫌うあなた自身は大丈夫?」。 クインビー・シンドローム。女王蜂症候群。
いるよ、いるよ。そういう人。男性でも女性でも。ちゃんとネーミングがあったのね。

2013/08/04 01:05

投稿元:ブクログ

雑誌『pink』(マガジンハウス)に連載されたコラム「オトナのやり方」と、雑誌『uno!』(文芸春秋)に連載されたコラム「女性誌探検隊」を収録しています。

「オトナのやり方」の方は、フェミニズムに親和的な観点から、「大人の男性」を揶揄したもの。

一方「女性誌探検隊」は、雑誌の性格の違いを、斎藤氏らしい毒舌を交えながらおもしろく語ったもの。名前だけは知っている雑誌がどういうもので、どういう読者に支えられているのかが少し分かって、「へぇ~」と感心することしきり。

2012/06/24 16:50

投稿元:ブクログ

マガジンハウスの「pink」という雑誌に196~1999に渡って連載したものをまとめたもの。「妊娠小説」「紅一点論」で女性の目からみた小説、TVアニメなどの男女像を小気味よく俎上に上げたが、これは雑誌連載ということで、「おじさんマインドの研究」と題した時事評論である。政治、スポーツ、エンタメ、等やはりそこは斎藤流価値観に照らして、カーンと鐘ヒトツ鳴らす、という具合。。「妊娠小説」「紅一点論」はややもすると男性すべてを敵に回すかもしれない価値観だけど、こちらは年齢がいったせいか、世の中を渡ったせいか、鐘ひとつの基準も男女どちらにも受け入れられるかも。

また数ある女性誌の分析もおもしろい。

2012/10/29 01:04

投稿元:ブクログ

内容的には5~10年前の雑誌連載が基本になってるので、
ちょっと古いかなとも思うけど、世の中(日本)のオヤジ度はそれほど変化がないに違いない。

かなり笑った。がはは~、てな具合で笑える。
「失楽園」とか、うちのお父さんは「セックスするだけだから面白くない」とか言ってたけど、ほんとにそうだね。美味しいもの食べて、セックスして、っていうのが定番。おじさん向け読み物。うちのお父さん、こういうので妙に感激するような親じゃなくてよかったと思った。
郷ひろみの「ダディ」要約もすごかったなあ。全体通して読むとまぁまぁ・
・・ですむところが、抜粋することによって特殊性が浮かび上がる。ほんと笑えた。

そのほか、当時の話題の本に関して「なんかちょっと・・・」と思うところをうまく言語化してくれるのは、さすがです。
本文中に出てくるさまざまなネーミングもいい。
「教科書に載らない歴史」運動をとって、「慰撫史観」とか。でも、これを改め、「自慰史観」にしよう!とか(笑)。日本語って最高!いいセンスしてる。あの運動はたしかにマスターベーションだ(笑)。なんか恥ずかしいわ。

雑誌に関するコメントもいいねえ。でも、今は雑誌業界、10年前の比じゃないくらい種類が多いから、コメントのつけようがないかもしれない。

テレビはナンシー関(ああ、亡くなったのは本当に惜しい)、書き物は斉藤美奈子が解説すべし、というのが私の中での掟です。

2014/08/07 00:30

投稿元:ブクログ

相変わらず、古い時評を面白がって読んでいますが、時代は変わっても日本の本質って変わらないなぁと思う。
日本の社会の権力を握ってはなさいないおじさんたちを、情け容赦なくぶった切る。
きっとバッシングもすごいのではないかと思うけど、実際「斎藤美奈子なんて、ピンとの薄らボケたことをしたり顔で語りやがって。」みたいに言う人も見たことあるけど、デビューの頃からその姿勢がぶれないのがすごい。

この本についても“片方がおじさまやっつけ系のエッセイで、もう片方は巷の女性誌評だから、二つ足すと男性も女性も揶揄の対象にしちゃっていることになる”と、ちょっと弱気になったのかと思わせておいて“なんだ、たいして過激なことはいってないじゃん”と、軽く言ってのける。

女性作家について語らせると、揃いも揃って紫式部の昔にまで遡りたがる文壇の重鎮たち。
アイドルが出来ちゃった結婚すると、こぞって少子化に歯止めがかかるとはしゃぐマスコミ。

メディアに対する違和感、世の中の流れに対する軽い嫌悪。
そういうものをすくい取って言語化するのがとにかくうまい。

本当は自分で勉強して自分の言葉で語るべきなんだけど、時々彼女の鋭い舌鋒を支えにして、世の中の大きな流れに流されまいぞと思うのだ。