サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アシュリー
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 60件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: フジテレビ出版
  • サイズ:20cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-05114-6
  • 国内送料無料

紙の本

アシュリー

著者 アシュリー・ヘギ (著)

神様がわたしをこうお創りになったのには、きっと理由があるはず−。治療法のない難病により、14歳の若さで死と直面するアシュリー。それでも「わたしはハッピー」と笑顔を見せる彼...

もっと見る

アシュリー

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

神様がわたしをこうお創りになったのには、きっと理由があるはず−。治療法のない難病により、14歳の若さで死と直面するアシュリー。それでも「わたしはハッピー」と笑顔を見せる彼女が語る、懸命なメッセージ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アシュリー・ヘギ

略歴
〈アシュリー・ヘギ〉1991年カナダ生まれ。遺伝子の突然変異によって人の10倍の速さで年をとってしまう病、早期老化症(プロジェリア)に侵されている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー60件

みんなの評価4.5

評価内訳

なかなか素敵な本です。

2009/01/27 23:37

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:悠々楽園 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 もちろんTVで彼女を取材した番組を見て、私は彼女のことを知っていたからこの本を手にとったのだった。
 アシュリーは前向きだ。彼女の言葉からは14歳らしい可愛らしさを十分に感じ取れるけれども、その人生観は到底14歳のものではない。
 体内時計が10倍も速く進んでしまうプロジェリアという病気だけれど、病気によってもたらされた過酷な運命は、彼女の身体だけでなく精神をも10倍速く成長させるのではないかと思う。あらためて、人の一生は長さに関係なく等しく平等なのかもしれないという思いを強くする。つらくとも楽しくとも悲しくともうれしくとも。
 であるならアシュリーのように前向きに、自分にもたらされた生命の奇跡をそのまま受け入れ、なおポジティブに過ごした方が得に決まっている。しかしながら、このことほど言うに易く行うに難いことはないということもまた、我が身を振り返ればすぐわかる。
 というわけで、それを実践しているアシュリーの笑顔や言葉は私たちに勇気を与えてくれる。イラストもアシュリーのものだが、それも含めてこの本全体から、日常を強く生きようという意志と生きていることへの感謝や希望がはっきり感じられ、その健気さを祝福したい気持ちになる。
 生きることに健気になれない自分を見つけてネガティブになったとき、この本を開いてアシュリーの言葉に耳を傾けたら、傲慢で欲張りな自分に気づいて、少しは健気な自分を取り戻し、明日を迎えることができると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

前向きな姿に見習うべき点が多すぎますね

2017/02/07 21:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

自身の境遇を嘆くのではなく、それを前向きに捉えてポジティブに生きていく姿は、人々に感動を与えると思います。また自身をからかう者たちについて、彼らは理解していないからだと憎しみではなく許容の態度は、平和の精神に繋がります。その姿勢に見習うべき点が多いでしょう。
英文と日本語訳が1ページ内にありますが、英文もそれほど難しいものではなく、英語に慣れるという点でも効用があると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/12 03:11

投稿元:ブクログ

普通の人の10倍もの早さで歳をとってしまう病気、プロジェリアをもつアシュリー。
もし、この世に天使がいるとすれば、それは彼女なのではないでしょうか。
読めば、きっとハッピーになれる一冊です。

2006/03/14 13:00

投稿元:ブクログ

私なんかよりも遥かに若いのに、足元にも及ばないくらいステキなものをたくさん見つけているアシュリーちゃんに、脱帽しました。うちも頑張らなくちゃ・・・。

2006/11/16 00:10

投稿元:ブクログ

テレビのドキュメンタリー番組で始めて彼女を知った。彼女の笑顔や笑い声、そして何よりくりくりした瞳がとても印象的な可愛い女の子で、難病を抱えている。この本には、それでも前向きなアシュリーの言葉が綴られている。アシュリー自身の書いた素敵なイラストがちりばめられていて、どれもとてもカラフルだ。アシュリーの写真もどれも笑顔で、この笑顔を一日でも長く振りまいてくれることを願わずにはいられない。

2007/03/02 20:13

投稿元:ブクログ

私と同じ血液が流れているアシュリー。
私と年が変わらないアシュリー。
唯一違うところは、アシュリーは一日一日を大事に生きているということ。

2006/04/11 17:34

投稿元:ブクログ

世界に40人程の早期老化症(プロジェリア)患者、他の人よりも10倍の早さで老化する14歳のアシュリーのお話。アシュリーのことはテレビで初めて特集が組まれた時に知りました。平均寿命は13歳、アシュリーは今14歳。限られた短い時の中で幸せに過してもらいたいです、本当に。
テレビでは病気と闘い、投薬を受け呼吸器を付けて寝ているアシュリーを多く見ましたが、この本ではアシュリーはずっと笑っているのです。ハムスターの世話をしたり、学校へ行ったり。本当に普通の生活です。アシュリーは特別な自分よりも、普通の生活をして、幸せに暮らしている自分を見せたかったのかと思いました。
14歳とは思えない考え方を持っているアシュリーの本です。

2006/03/13 00:29

投稿元:ブクログ

私の尊敬する人、アシュリーの書いた本です。考え方がすごく大人で、死を見つめていてすごいと思いました。

2006/03/19 01:33

投稿元:ブクログ

テレビでも紹介されていた早期老化症(プロジェリア)のアシュリー
の本(原文と日本語訳)。写真や本人のイラストも満載。内容は絵本みたいに分かりやすい。逆にテレビでは伺えたアシュリーの深い人生観や考え方に触れたいって人にはかなり物足りない内容かもしれない。でも、ありきたりな感想でアレですが、とても元気づけられる一冊であることに間違いはないです。

2006/03/10 16:46

投稿元:ブクログ

この本はアシュリー本人が書いた本。今まで悩んでたのがアホらしくなった笑
アシュリー、本当に尊敬します。

2007/03/28 03:38

投稿元:ブクログ

シンプルですけど、とても感動します。前向きで明るいアシュリーちゃん。あなたが生きていたことを忘れません、ありがとう♪

2006/05/14 16:21

投稿元:ブクログ

天使というものが存在するのであればこういう人なのかもしれないと思います。
読むと自分のおごりとか、汚い気持ちを消し去ってくれます。

2006/06/11 21:16

投稿元:ブクログ

プロジェリアという難病をかかえた女の子アシュリーのエッセイ。日本語と英語が並べて書かれてた。原文を読むほうがいい。全部印象に残る言葉だけどその中でも特に印象に残ったもの


"I like that I can always be happy. Even If someone calls me names or gets upset with me, I dan't get mad at them. I'm glad I can be that way"

"I'd like to live happily. I'd like to encourage others. God gives us a chance to live. I'd like to live a healthy life until my time comes."

"Please be happy, and keep smiling!"

いつもアシュリーに励まされる。

2010/04/27 23:20

投稿元:ブクログ

2010.04.27
14歳とは思えない。心もしっかり大人になっていた。
周りの人に優しく、笑顔で。

2009/02/20 00:52

投稿元:ブクログ

先天性の病に時間が減っていく中で、アシュリーは強く生きていました。TV特番でアシュリーの存在を知って、本を読んで涙しました。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む