サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~9/30)

[6/20~] BOOK FUN LETTER ~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ストロベリーナイト
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 128件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:20cm/402p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-92486-7

紙の本

ストロベリーナイト (姫川玲子シリーズ)

著者 誉田 哲也 (著)

姫川玲子、二十七歳、警部補。警視庁捜査一課殺人犯捜査係所属。彼女の直感は、謎めいた死体が暗示する底知れない悪意に、追ることができるのか。【「BOOK」データベースの商品解...

もっと見る

ストロベリーナイト (姫川玲子シリーズ)

税込 1,728 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

姫川玲子、二十七歳、警部補。警視庁捜査一課殺人犯捜査係所属。彼女の直感は、謎めいた死体が暗示する底知れない悪意に、追ることができるのか。【「BOOK」データベースの商品解説】

青いシートにくるまれ、放置されていた惨殺死体。警視庁捜査一課の主任警部補・姫川玲子は、直感と行動力を武器に事件の真相に迫る…。熱気と緊張感を孕んだ描写と、魅力的なキャラクター。渾身の長編エンターテインメント。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

誉田 哲也

略歴
〈誉田哲也〉1969年東京都生まれ。学習院大学卒業。「ダークサイド・エンジェル紅鈴」で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞、「アクセス」で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー128件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

まだまだ英国の警察小説群の面白さには及びませんし、横山秀夫の緊張感もありません。でも、読ませます。その理由は主人公が女刑事であることかもしれません。何はともあれ、このまま育ってくれたら、と思わせる作家の一人です。

2010/05/13 20:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は妙なこだわりから、この本の一年後に出た『ソウルケイジ』から先に読みましたが、今回はシリーズ作品を一年遡って読むことになります。勿論、『ソウル』を読んだ結果を受けての選択です。以前も書きましたが、BS11のブック情報番組ベストセラーBOOK TV で斎藤広達が『ソウル』と並んで絶賛していた第一作『ストロベリーナイト』ですから、期待は大きかった。

ちなみに、泉沢光雄の装幀、今回の写真提供は MASAKI TOYOURA/A.collection/amana 、版面設計は宗利淳一です。上2/3程度を写真、下を白地で空けて、帯がきてもいいようにしておく、これは早川書房のディック・フランシスの本などで辰巳四郎が多用したデザインで、斬新ではありませんが写真さえよければ安定した効果を与えます。今回はなんだか青春映画のポスターを見るような爽やかさで、個人的には『ソウル』よりいいのではないかと思います。

全体は五章構成なのですが、その様子が面白いので詳述しておきましょう。まず第一章と本文が書かれた頁があって、その前に、多分その章のタイトルであろう

目をえぐられた女 切り裂かれるその喉元 噴き出す鮮血
       ―――あなたは これを 生で 見たい ですか

という文字が書かれた頁があります。普通であれば、その扉の後に第一章とありますから、このタイトルのもとに二章も三章もあると思うのですが、これが違って、(一)~(六)となり、また

赤黒く 焼け爛れた肌 その喉元を切り裂く 天染める 血飛沫
       ―――あなたは これを 生で 見たい ですか

という頁があって、第二章となります。そして本文が始り、(一)~(七)というように分かれます。そして

顔の皮を剥がれ 泣き叫ぶその者の
        喉元を切り裂く 舞い上がる血煙
       ―――あなたは これを 生で 見たい ですか

という頁があって、第三章となります。そして(一)~(八)。そして今度は、タイトルらしい頁なしの第四章が始ります。これは(一)~(四)で、同じように終章となります。三章まできてスタイルが決まったかと思ったら、それを破棄してシンプルに四章、そして終章ですよ。いや、考えますよ。これは誰のアイデアなんだろうって。著者? 編集者? それとも装丁者? もしかして版面設計者の提案? なんて。

で、お話です。私が手にしたのは文庫版ではなく単行本のほうなので、まずは出版社のHPからそちらの案内文。
             *
青いシートにくるまれ、放置されていた物体。それは、執拗に切り刻まれた惨殺死体だった。警視庁捜査一課の主任警部補・姫川玲子は、直感と行動力を武器に事件の真相に迫ろうとする。しかし、事件の全貌は、想像を超えて凄絶なものだった・・・。
熱気と緊張感を孕んだ描写と、魅力的なキャラクター。
新鋭、渾身の長編エンターテインメント!
             *
ついでに、文庫化が始まったのでその案内文も引用しておきましょう。
             *
溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された! 警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは? クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。人気シリーズ、待望の文庫化始動!
             *
どうしても比較したくなる相手は同じくシリーズ化した警察小説で、同時期に出ているものとなれば堂場瞬一『警視庁失踪課・高城賢吾』となるわけですが、この2シリーズには大きな違いが二つあります。一つは主人公の性別です。もう一つが所属する組織。『ストロベリー』の姫川は29歳の女性で、警視庁刑事部捜査一課所属。それに対し『邂逅』などの高城は43歳の男性で、所属するのは警視庁失踪課という掃き溜めのような組織です。

姫川は周囲の嫉視を撥ね退け、高城は蔑視に耐えながらの捜査ですから、抱える敵の質も異なります。ただし、共通点があります。ともに心に傷を負っているところがそれです。姫川はレイプされたことがありますし、高城は捜査で家庭を顧みない間に娘が失踪し、いまだに行方が知れません。姫川は事件を梃子に警察官への道を選び、高城は酒の世界に逃げました。姫川には、その事件をネタに彼女を苛める男たちがいて、高城には彼の過去を気遣う人間がいる。

二シリーズだけでこうですから、これに英国の警察小説を加えればもっと面白い比較が出来そうです。それについては今後、機会をみて考えていこうと思いますが、王道を歩いているのは誉田かな、でも彼我の差はまだまだ大きいな、とは言えそうです。その最大の違いは主人公たちが寄せる担当地域によせる思いの深さであり、それに伴う情景描写ではないか、と今は思っています。

ミステリ部分は当然ですが、紹介文にもあるように多彩な登場人物が小説を面白くしていることは事実なので、内容紹介はグループ別にした人物紹介で兼ねさせてもらうことにします。羅列になってしまいましたが、誰がどのような働きをするのか、不足の情報は小説のほうをあたってみてください。報われること確実です。唯一、マイナスは途中で犯人の見当がついてしまうことくらいでしょうか。

(警視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査第十係姫川班)
姫川玲子:27歳で警部補に昇進し、その後まもなく警視庁本庁に取り立てられ、捜査一課殺人犯捜査係主任を拝命。現在29歳。捜査における勘を大切にする。そのため、捜査スタイルが対照的な日下を毛嫌いする。17歳の高校二年生のとき、帰宅途上にレイプされそれが今でもトラウマとなっている。また、その事件がきっかけで警察官への道を歩み始めたともいえる。

菊田和男:巡査部長32歳。玲子の年上の部下で、姫川のことを好きなのにそれを当人に告げることができない優男。一応、玲子に好かれているような気配があるところが救いか。
 
石倉保:巡査部長。47歳。就職先がみつからない大学生の娘と不登校気味の中学生の息子の父。

湯田康平:巡査。26歳。

大塚真二:巡査、27歳。高卒で入庁、手柄をあげた経験が殆どなく、支援活動をすることが多い。

(警視庁刑事部捜査一課殺人犯第五係)
勝俣健作:通称『ガンテツ』、警視庁刑事部捜査一課殺人犯第五係主任。離婚している警部補。公安に八年いたことが性格を変えた、とも言われる。

(視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査第十係日下班)
日下:警視庁刑事部捜査一課殺人犯捜査第十係の40過ぎの警部補。主任。妻帯者で、中学生の息子がいる。その捜査法はまさに緻密、精密。あらゆるものを調べつくし、予断で動くことはない。

(その他警察関係)
井岡博満:蒲田署の巡査部長。東京生まれながら関西弁で姫川に言い寄っては、肘鉄を喰っているセクハラ刑事。年齢は玲子より一つか二つ上らしいが、文章的には40代後半のほうがピッタリする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/17 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/19 14:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/27 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/09 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/24 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/24 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/15 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/14 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/16 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/10 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/06 19:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/16 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/12 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/21 08:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。