サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. イノベーション破壊と共鳴

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イノベーション破壊と共鳴

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:20cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-2174-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

イノベーション破壊と共鳴

著者 山口 栄一 (著)

トランジスタを真空管に対して「破壊的イノベーション」としたクリステンセンの説に異を唱え、「パラダイム破壊型イノベーション」という新概念を提示。その普遍的な性質を分析するこ...

もっと見る

イノベーション破壊と共鳴

2,808(税込)

イノベーション 破壊と共鳴

2,246 (税込)

イノベーション 破壊と共鳴

ポイント :20pt / 紙の本より562おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

トランジスタを真空管に対して「破壊的イノベーション」としたクリステンセンの説に異を唱え、「パラダイム破壊型イノベーション」という新概念を提示。その普遍的な性質を分析することで、21世紀の企業経営の方法論を示す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山口 栄一

略歴
〈山口栄一〉1955年福岡市生まれ。同志社大学大学院教授、同大学ITEC(文部科学省21世紀COEプログラム拠点)副センター長。東京大学大学院修士課程修了。理学博士。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

物理屋のための (?!) イノベーション論

2008/04/24 21:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は農地地価などのデータを入手して,それをみずからコンピュータで分析し,十勝地方に「特異的に,農業が産業として成立」していることをみいだした.そして,その謎をとくために現地にでかけて取材している.こうした努力の末に書かれたのがこの本である.この本の最後では国政における自民党と民主党,有権者の行動なども分析されている.

とはいっても,この本がおもにあつかっているのは半導体材料におけるイノベーションである.みずからもかつてつとめていた大企業でイノベーションのたねが死蔵されている状態からぬけだすカギをもとめて,有名なクリステンセンの理論に異をとなえている.とはいえ,物理屋でも半導体屋でもないソフトウェア屋の私には,ここからイノベーションをおこすカギをみつけるのはむずかしい.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/01/04 00:28

投稿元:ブクログ

DBS山口栄一先生の書籍。授業の教科書として購入、読了。クリステンセンの誤謬を明快に指摘し、その後に先生独自のイノベーション論を展開。イノベーションの類型やその源泉が分かりやすくまとめられている。文系の自分にとっては大変知的刺激に富む内容だった。

2010/06/23 00:38

投稿元:ブクログ

(S)
 イノベーションの分類として「パラダイム破壊型」を提唱。
 クリステンセンが提唱した「持続型イノベーション」「破壊型イノベーション」という対となる概念に対して、「パラダイム破壊型」と「パラダイム持続型」という対を筆者は提案する。
 「パラダイム」とは、製品が基づく科学・技術分野の事で、真空管からトランジスタへの変化を振り返ると分かりやすい。真空管の増幅原理は、古典的な電磁気学によって科学的に明快になっているし、それを製品化する技術もある。それに対してトランジスタは、従来の古典電磁気学では説明することができない現象が起こる。そこには「量子力学」という新たなパラダイムが必要になる。

 パラダイム破壊型という考え方はユニークであるものの、本書に対してふたつの疑問点が残っている
1. クリステンセンのいう破壊型イノベーションを極端に狭く捉えている
2. 科学・技術に偏重しすぎていて、その他の要素がイノベーションにどう関わるのかが分からない

 「イノベーションのジレンマ」の詳細までは忘れてしまったが、クリステンセンは「性能」だけにフォーカスして「破壊」や「持続」を語っていただろうか?性能だけでなく、コストなどの観点も入っていたと記憶するがどうだろう。仮に自分の記憶が正しいとするならば、本書でしている主張を補完するためにクリステンセンを持ち出すのは適当ではない。(クリステンセンを引き合いに出したのは出版社の意図が大きそうな気もしているが)

 また、イノベーションを成り立たせる要素が科学・技術に偏りすぎていて、そんな小難しいことに基づかないイノベーション(例えば iPodやWii)をどう説明づけるのだろうか?そのへんがなんだか良く分からない。
 イノベーションを「技術革新」という字面どおりに捉えれば、科学や技術だけでいいのかもしれないが、自分の「イノベーション」の大きさ感とは少し違うので、違和感が残る。

 内容はまぁまぁだけど、これで2600円は高い。

2010/05/27 10:18

投稿元:ブクログ

山口栄一さんが書いた『イノベーション、破壊と共鳴』を読みました。この本の帯には、『イノベーションのジレンマで見逃したことこそが…』、とある。気になって買った本です。

かの有名な青色発行ダイオードの開発について、各社がどのように対応してきたか、という実例部分はかなり面白い。そして、本の終盤では、いろいろな提言が書かれているが、提言は示唆に富んでいて読み応えがあった。イノベーションが上手く行われるためには、「暗黙知」と紹介される「こうかもしれない」の組み合わせが必要とされ、ただしそれを単に体系化したり表現するのでは駄目で、同じ目的を持つ、異なる個性(や研究分野)の人に”共鳴”させることが大事なのだと。イノベーションのジレンマよりも1つ座標軸を加えたものかな、と僕は思いました。

”共鳴”・・・この言葉だけでは具体的には分かりにくいですが・・・、は今僕が根ざしているもの、目指しているものと同じだと感じた。しかし、「暗黙知」と言われる知恵や考えを出し合う場は、なかなかうまく持つことができない。また、この本で面白かったのは、組織化された優秀な人は「暗黙知」を体系化・形式化してしまうので、そこで思考が止まってしまうとも。自分も含め、如何に組織が、新しい考えに貪欲で、議論に柔軟で、敢えて違う角度から議論をしてみるほどの自由で、あるためには日ごろからどういう場を作ったらよいか、考えることになった。

ある章では、2つの研究都市、つくばとソフィア・アンティポリスが対比されていてこれも面白い。アンティポリスには信号がほとんどないそうです。不規則な道路、自然に接することのでき、芸術家を含め様々な分野の人が住んでいる。一方のつくばは、均質的です。僕は2年住んだことがあります。綺麗ですが、人工的な感じは否めません。どちらがより創造性を喚起しますか?と。

ちなみに、今これを書いているカリフォルニアは自由であって、いろんな文化や専門分野の人とも接することができるという意味では良いのかもしれない。東京も、街としては決して画一化はされていないと思う。ただ、日本人という面では比較的均質化されやすいので注意しないといけないかも。

以上、僕のブログより:http://d.hatena.ne.jp/ninja_hattorikun/20070917/1256431284

2012/05/26 16:46

投稿元:ブクログ

イノベーションを目指す会社は大きくなってはいけない。
それでも大きくなりたいならフラットな組織が前提になるが、会社組織運営は時代の要請でどんどん複雑化し、もはやフラットではいられない。
会社の枠を飛び越えた活動こそ、イノベーションを生み出す。

2014/10/19 23:01

投稿元:ブクログ

クリステンセンの「イノベーションのジレンマ」の対論としての位置づけもあり、その視点で注目されているが、元々の論拠に大変納得ができる点が多い。
実際にこの本を書かれたのは少し前だが、政権交代を迎えた現在の日本の問題点を予測したかのような問題提起もされている。しかも理系的で緻密な視点で。
是非とも日本の現状を踏まえた続編を期待したいところである。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む