サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

文庫 ポイント5倍キャンペーン  ~11/19

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. SF・ミステリー・ホラーの通販
  5. 扶桑社の通販
  6. 扶桑社ミステリーの通販
  7. ゴーストなんかこわくない マックス・カーニイの事件簿の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-05119-7
文庫

紙の本

ゴーストなんかこわくない マックス・カーニイの事件簿 (扶桑社ミステリー)

著者 ロン・グーラート (著),浅倉 久志 (訳)

広告代理店で働くマックス・カーニイには、もうひとつ、別の顔があった。オカルトが趣味で、幽霊退治人をやっているのだ。西海岸の華やかなマスコミの世界には、なぜか霊やら魔術やら...

もっと見る

ゴーストなんかこわくない マックス・カーニイの事件簿 (扶桑社ミステリー)

税込 827 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

広告代理店で働くマックス・カーニイには、もうひとつ、別の顔があった。オカルトが趣味で、幽霊退治人をやっているのだ。西海岸の華やかなマスコミの世界には、なぜか霊やら魔術やらが横行し、ときには本業そっちのけで振りまわされてしまう。象に変身してしまう男だの、人魚と浮気する夫だの、テレビに死人が映るだのといった、常識はずれの怪現象・難事件・大騒動に挑むマックスの手腕やいかに—愛すべき職人作家グーラートが贈る、奇々怪々にして抱腹絶倒のユーモア・ゴースト・ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

待機ねがいます 9-58
アーリー叔父さん 59-82
撮影所は大騒ぎ 83-108

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

怖くない幽霊話です

2006/10/08 20:59

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 原題は、”Ghost Breaker”です。
副業のアルバイトで、オカルト探偵をやっているマックス・カー二イが、色んな不思議な事件を次々と解決していきます。
(本当に解決したのか、どうか、よくわからないのもあるけど)
 途中からは、フィアンセでその後結婚した、マックスの奥さんジーニーが、マックスもアマチュアとしてこの探偵業をやっているのですが
さらに、その新参見習いのゴーストブレイカーとして参戦してきます。
 なんか、このジーニーが参戦することによって、予想通り、余計に話がこんがらがる
ときもありますが、、。
 幽霊話って、現世というか生前の人間の感情のプラスマイナスの
差し引きをゼロにするため、幽霊が登場し、
その感情や怨念の差し引きがゼロになって、無事成仏し一件落着として
話が終わる場合が、日本や一部海外の幽霊話でもよくありますが、
本書は、全くそういうところがありません(一部そういうところもありますが)
 殆ど怖くない、幽霊話で
こういう変わったことがあり、そして、そこにアマチュアのゴーストブレイカーが、
 登場して対決があって、終わりという感じです。
著者のロン・グーラートが影響を受けたと、書いていましたが、
アメリカの大衆娯楽それも初期のハリウッドや、アメコミなんかの
雰囲気が、全体的にします。
 その辺が、軽さと楽しさを生み出すキーとなっていますね。
 読者の皆さん、こんな変わったお話しがあって
楽しく読んでもらえれば、それでOKですよって、感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/01/12 20:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。