サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. Flesh & blood 9

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Flesh & blood 9

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/225p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900372-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Flesh & blood 9 (キャラ文庫)

著者 松岡 なつき (著)

ビセンテに拉致され、スペインに向かう途中、サンタ・クルズ侯に面会した海斗。侯爵に、死神と畏怖され殺されかけた海斗は、ビセンテに窮地を救われる。「何があっても私が守ってやる...

もっと見る

Flesh & blood 9 (キャラ文庫)

555(税込)

FLESH & BLOOD9

555 (税込)

FLESH & BLOOD9

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「Flesh & blood 9」が含まれるセット商品

Flesh & blood (キャラ文庫) 24巻セット

Flesh & blood (キャラ文庫) 24巻セット

商品説明

ビセンテに拉致され、スペインに向かう途中、サンタ・クルズ侯に面会した海斗。侯爵に、死神と畏怖され殺されかけた海斗は、ビセンテに窮地を救われる。「何があっても私が守ってやる」。その言葉を少しずつ信じ始める海斗…。そしてついに王宮に到着した海斗は、王国フェリペ2世に謁見することに!!孤立無援の中、頼れるのはビセンテただ一人—。間諜入り乱れる、スペイン宮廷編。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ビセンテかっこよすぎる

2016/03/01 11:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ビセンテに拉致され、スペインに向かう途中、サンタ・クルズ侯に面会した海斗。海斗にとって、スペイン宮廷で信用出来るのはビセンテ唯一人。「何があっても私が守ってやる」ってかっいいなビセンテ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/28 13:43

投稿元:ブクログ

スペインへ移送編です。ああーもどかしいぜ〜ってなりながらも展開ははらはらするし、いつだって海斗はピンチだなー(笑)早く助けに来て!!と心待ちにしてりおります。

2006/03/06 17:58

投稿元:ブクログ

ビセンテに拉致され、スペインに向かう途中、サンタ・クルズ侯に面会した海斗。侯爵に、死神と畏怖され殺されかけた海斗は、ビセンテに窮地を救われる。「何があっても私が守ってやる」。その言葉を少しずつ信じ始める海斗…。そしてついに王宮に到着した海斗は、国王フェリペ2世に謁見することに!!孤立無援の中、頼れるのはビセンテただ一人――。間諜入り乱れる、スペイン宮廷編!!

2006/03/22 22:29

投稿元:ブクログ

海賊好き〜wって、ジェフリーを出してください!ナイジェルも出してください!・・・・・・もう良いよ、ビセンテも合わせた3人で海斗に構いまくり、守りまくりすれば良いと思う。

2006/07/13 14:08

投稿元:ブクログ

ビセンテに拉致され、スペインに向かう途中、サンタ・クルズ侯に面会した海斗。侯爵に、死神と畏怖され殺されかけた海斗は、ビセンテに窮地を救われる。「何があっても私が守ってやる」。その言葉を少しずつ信じ始める海斗…。そしてついに王宮に到着した海斗は、国王フェリペ2世に謁見することに!!孤立無援の中、頼れるのはビセンテただ一人――。間諜入り乱れる、スペイン宮廷編!!

2006/09/15 22:24

投稿元:ブクログ

やっぱり海斗が危機に直面した時の切り抜け方が一番盛り上がって面白い。この巻はその序章って感じで、これから盛り上がりそうなので期待。ビセンテは不器用でかわいいなあ。ジェフリーたちに権利を奪われたのは、首絞めた自分のせいだよー。

2009/11/17 19:02

投稿元:ブクログ

9巻はスペインの王宮編に入りました~
今巻は派手な脱出劇も海戦もなく、印象としては薄い…んだけど“さわりだけ”と読み始めて気づけばまるまる1冊読んでしまった程面白かったです
エル・エスコリアル宮殿の図書室の描写がステキフレスコ画は今も残っているのかなだとしたら見てみたいな
同国人でも誰が味方なのか謎なのにスパイが入り乱れてこの先どうなるの
次巻は海斗の異端審問とジェフリー&ナイジェル英国組の海斗奪還作戦始動ですね早く再会できると良いな~

20060310

2009/12/05 21:19

投稿元:ブクログ

どうなるのでしょう???
ついにスペイン王宮にてフェリペ二世と謁見。
不安の中頼れるのは敵であるビセンテだけ。
自分の弱さを痛感する海斗。

ジェフリーたちも海斗奪還のために計画は練っているものの大きな動きはなく・・・
今回かなり出番少な目。

2016/10/19 23:40

投稿元:ブクログ

スペインに渡っても相変わらずカイトの周りはピンチだらけで、ビセンテがカイトを守ろうと奮闘するわけだけど、もうビセンテに関しては、どれだけ本人の性格を良く描かれようが、黒髪の美青年という設定を盛られようが、自分勝手な理由でカイトを誘拐しといてコイツ何言ってんだ、っていう思いが払拭されないので、ほだされ始めてるカイトにもイライラするし、スペイン側の話が長くなりすぎてかなりフラストレーション溜まってる。早くジェフリーに救出されてくれーー。勝手なことばっかり言ってるスペインはもういいんだよー。

2010/05/27 12:09

投稿元:ブクログ

味方はビセンテ一人という心細さ。受け答え一つ間違えば命がないという緊迫感。暴走してしまうこともある海斗なのですごく不安です。海斗の表情に一喜一憂するビセンテがなんだか可愛い。イングランド・チームではジェフリーとナイジェルのわだかまりが残ったままですが、それでもお互いを思いやる心があるから大丈夫ですよね。

2011/06/25 18:10

投稿元:ブクログ

やばいです。これは。
何がやばいって、表紙がやばいです。
ジェフリー&ナイジェルとか…!!
素敵すぎてずっと眺めていたいぐらい。

本文の方は、スペイン宮廷編!
フェリペ二世の登場です。
ジェフリーとナイジェルの活躍がなかなか見られないのが残念ですが、不器用ビセンテも大好き!
ここからの展開が楽しみです。

2011/03/06 13:34

投稿元:ブクログ

第9巻

海斗、スペイン上陸の巻
スペイン側ではラウル、ジェフリー率いる海斗救助隊にはアロンソが登場

海斗はスペインでも王様に気に入られちゃうのです
が、、、っ、またもや受難
今度は異端審問ですよ…

あぁ、海斗はまたもや窮地に立たされてしまうのか
次巻へ続くっ!

2012/07/02 01:06

投稿元:ブクログ

※この巻に挿絵はありません。

スペイン宮廷編。
新キャラも入り交じり、この先どんな風に展開していくのかワクワクします。
そしてそして、ビセンテに徐々に絆されつつあるカイト。
根が素直なのか、人を憎んだりということが苦手なのは彼の美徳ですね。
そういったところが、天然魔性系に繋がってるような気がします。

水面下で静かに何かが動いていくような巻ですが、巻末で急転直下。
またカイトに災難が降りかかります。
リアルタイムでずっと追ってるシリーズですが、毎回次巻が待ち遠しくて
身もだえしてる気がします。

2014/06/29 16:59

投稿元:ブクログ

あら?何でイラスト無いの?ショボン。スペインに渡りフェリペ2世とご対面。ふ~ん、フェリペ2世ってば意外と切れる男前なのねー。ヴィセンテは海斗の言動一つ一つに一喜一憂の恋する乙女風で、まるで厨房のようだわww。つつがなく海斗の身の上も一応安泰かと思われた矢先、この終わり方、不穏だ~っ。