サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. OS自作入門 30日でできる! operating system

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

OS自作入門 30日でできる! operating system
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 毎日コミュニケーションズ
  • サイズ:24cm/705p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8399-1984-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

OS自作入門 30日でできる! operating system

著者 川合 秀実 (著)

C言語やアセンブラを勉強しながら、30日後にはすてきなOSができあがるように指導するテキスト。「簡単なプログラムなら書いたことがあるよ」くらいのセンスがあれば、それで十分...

もっと見る

OS自作入門 30日でできる! operating system

4,104(税込)

30日でできる! OS自作入門

3,456 (税込)

30日でできる! OS自作入門

ポイント :32pt / 紙の本より648おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

C言語やアセンブラを勉強しながら、30日後にはすてきなOSができあがるように指導するテキスト。「簡単なプログラムなら書いたことがあるよ」くらいのセンスがあれば、それで十分!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

川合 秀実

略歴
〈川合秀実〉1975年生まれ。プログラマ。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

お勉強

2015/11/09 08:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earthbound - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔、本当に昔ですがLinuxの前にminixって勉強用のUNIX互換OSがインターネットで公開されました。
その頃、インターネット接続環境は無かったのですが、某企業に勤務している人からソースを貰ってPC98への移植をしました。TCP/IPすら実装されていないでしたので、チープな環境でしたが、フロッピーをコピーしながらget ttyで別のPCと接続して感動した記憶があります。
まあ、私の技術的バックボーンはそこにあるのですが、今やこんな本が出回るなんて、朝ドラではないですが『びっくりポン』です。
コンピューターの勉強をするにはOSを理解することが大切なので、若い技術者の方、特にアプリケーションのモジュールばっかり作っている人には読んで貰いたい書籍です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/07 21:56

投稿元:ブクログ

図書館にある事を確認したので、いつか借りてじっくり読みたいっ。自分のOSなんて、かっこいいじゃないっすか。

2006/06/17 10:23

投稿元:ブクログ

やれ、Web2.0だ、サービス重視だという時代にあって
「OSを自作する」
というところに至っている時点で五つ★な感じです。

今日は2日目までよみました。
30日後に、「やーまんOS」の完成を発表できるかとおもうと
楽しみでなりません。

コアな基礎をつみたい方にはオススメと推薦いたします♪

2007/07/14 16:06

投稿元:ブクログ

OSを作るってどんなだろうという、興味に負けて買ってしまった本です。
2ヶ月くらいだったかは、その興味に勝てたのですが、負けました。

まだ途中です。

2007/11/13 23:59

投稿元:ブクログ

最後までやりこめばOSを本当に作れます.
この分野では一番の本だと思います.
作者開発(改良)のアセンブラにもシビレます.

2010/11/28 19:02

投稿元:ブクログ

技術書という印象を受けさせないフレンドリな文体がとても読みやすく、分厚い本を見てげんなりしてしまいすぐ飽きてしまう自分でも最後までめげずに読めそうな気にさせてくれる。

2008/11/16 01:39

投稿元:ブクログ

購入するまで凄く悩んだ本。(高額なので)FDブートが必要なためFDドライブまで購入した。
OSの基礎が少しでもわかればと思った。(あわよくばアセンブラ、C言語狙い)
しかし途中で挫折。収穫ゼロでした。
もったいない買い物だ、、、。

2009/01/20 02:36

投稿元:ブクログ

なんとOSを自分でつくることができる。ちゃんと自分のパソコンで動かすことができる。終始わかりやすい説明がされているが、なかなかに長い・・・。ときどき作者のライブラリ等を使ってしまうものの、かなりOSについての知識がつくのでは?実用的OSには程遠いが勉強になるのは確実。

2011/03/08 22:43

投稿元:ブクログ

登録するの忘れてた。
購入したのも、読了したのもだいぶ前。
この本はすっごいおもしろい。
自分でマウス動かせるようになったときの感動は。。。
現時点で再読したい本ナンバー1。

2009/02/12 01:40

投稿元:ブクログ

会社で勉強会を開いて勉強中。ほんとにゼロからOSを作っていくが途中いろいろな本を参考にしながら進めて行くこと必須。特にCPUの仕様に関してははじめての486を参考にすることで理解がすすむ。

2009/07/20 16:01

投稿元:ブクログ

OSの仕組みを作って理解しようという本。

もちろん、Linux カーネルのソースを、分厚い本に首をつっこみながら解読しても
よいのだが、まずこれを読むと、OSというものの全体像がつかめると思う。
解説も分かりやすいが、ある程度のCの知識は必要。
アセンブラも一応解説は本文中にあるが、事前にCのインラインアセンブラなどで遊んだ経験が
あったほうがよいと思う。

2010/04/07 01:23

投稿元:ブクログ

最初の方は少し敷居が高く難しいが、割り込みハンドラやコンテキストスイッチの仕組みを自分で書いていくのは非常に楽しくためになる。

2012/03/01 03:38

投稿元:ブクログ

ヒマなときにOS作って遊んでみる、なんていうのも面白いかなと思って買ってみたけど、今んとこそんなヒマが見つからず。

どこまでいっても、そんなヒマ見つかりそうもない予感。

2010/08/13 20:56

投稿元:ブクログ

自分がOSを勉強するきっかけとなった本。自作OSにはファイルシステムが無かったので、拡張して実装した。詳細は次のURLにて。

http://www.arukou.sakura.ne.jp/yasulab/os/

2011/03/26 21:10

投稿元:ブクログ

プログラミングを始めて間もない人(または初めての人)でも読むことが出来るとあるが、正直厳しいのではないかと思う。
少なくとも、プログラミングで簡単なアプリケーションを作った経験がある人でないと読み通すことは難しいかもしれない。
多少のアセンブラやC言語の知識、コンピュータアーキテクチャにある程度なじんでいる人ならば問題なく読み通すことが出来るだろう。

本の内容は、アセンブラやC言語の基本文法の解説を交えたブートローダから始まり、割り込みやメモリ管理、マルチタスクなど基本的なOSの解説を行っている。
OSの本質的な部分よりも、どちらかというと、GUI関連の処理の説明が多いという感じがした。(これは著者があとがきでこのことに触れている。)
最後のほうは、それまでに作ってきたOSの機能を使って、簡単なアプリを使って作り、遊ぼうという内容。
OSを初めて勉強する人、プログラミングを勉強し始めて、なにか作りたいと思っている人にお勧め。

700ページを超える本であるが、本文は詰めた内容ではなく、スイスイ読めるため、読破はそこまで大変ではないだろう。
残念だったのは、著者のツールを使った開発でなんか、きちんとした理解が不可能だったこと、ファイルシステム等の重要なOSの説明がなかったことがある。
だが、それを差し引いても良い本であることに変わりはない。

プログラミング言語 ランキング

プログラミング言語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む