サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 趣味・ホビーの通販
  4. コレクションの通販
  5. 枻出版社の通販
  6. 万年筆の達人 最高の万年筆を求めて…の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

万年筆の達人 最高の万年筆を求めて…
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 枻出版社
  • サイズ:22cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7779-0508-X
  • 国内送料無料

紙の本

万年筆の達人 最高の万年筆を求めて…

著者 古山 浩一 (著)

万年筆の復権を願い、万年筆という文化を支え、万年筆とともに人生を歩んできたひとたちの現在の記録を集大成。万年筆画家である著者が、彼ら「万年筆の達人」たちの声に丹念に耳を傾...

もっと見る

万年筆の達人 最高の万年筆を求めて…

税込 3,456 32pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

万年筆の復権を願い、万年筆という文化を支え、万年筆とともに人生を歩んできたひとたちの現在の記録を集大成。万年筆画家である著者が、彼ら「万年筆の達人」たちの声に丹念に耳を傾け、万年筆という道具の魅力を熱く伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

万年筆専門店フルハルター、そして森山スペシャルとの出会い 30-45
鳥取で作り出される魅惑のオーダーメード万年筆 46-61
万年筆、激動の60年を見続けてきた東京・神田の金ペン堂 62-71

著者紹介

古山 浩一

略歴
〈古山浩一〉1955年東京生まれ。筑波大学大学院芸術専攻修了。画家。万年筆を使って独特の世界観を描き続ける。著書に「天才ピカソのひみつ」「鞄が欲しい」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

万年筆文化の貴重な記録

2006/04/02 15:14

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yostos - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、近い将来日本の万年筆の文化を記録した歴史的な資料になるだろう。
古山氏の万年筆にかかわる本は、97年末に自費出版された『4本のヘミングウェイ』が最初で、その後単行本として『4本のヘミングウェイ』が2000年に出版されたが現在絶版になっており探し回っているマニアも多い。そんな中、『4本のヘミングウェイ』の内容をさらに充実させ、イラストを追加したいわば完全版が本書である。
工業技術などというものは線形に進化しているのだから工業製品に関しては過去の製品よりも新しいもののほうが優れていて当たり前だと思っていた。しかし、こと万年筆に限っては、万年筆の黄金期である50年代や60年代のものが現代で復刻することが難しい。それは需要と供給ののバランスに起因するコストの問題であったり原料の入手の問題ももちろんあるけれど、それ以上に万年筆職人と呼ばれる人たちが当時自らの経験と腕により実現していた技術が失われ現代の技術でもってしても再現できないことが大きい。この本は数少ない現代に残る万年筆職人たちの貴重なインタビューで、華やかな当時の事情といかにそういった人に支えられた技術が素晴らしいかを教えてくれる。
そうして現代ではボールペンやシャープペンなど硬筆が主流となっているが、かつて「筆」という軟筆文化を持っていた我々日本人には万年筆がいかに豊かな文筆生活を送らせてくれるかを改めて感じさせてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/21 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/29 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/22 17:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/07 15:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/19 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/13 01:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/16 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

コレクション ランキング

コレクションのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。