サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 原書房
  • サイズ:20cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-562-03985-X

紙の本

証拠は眠る (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)

著者 オースティン・フリーマン (著),武藤 崇恵 (訳)

夫の急死で悲しみに暮れる未亡人とその関係者たち。だが、その中の誰かが夫を毒殺したことが明らかにされる。未亡人の幼馴染みであるルパートは、ソーンダイクに真相の解明を依頼する...

もっと見る

証拠は眠る (ヴィンテージ・ミステリ・シリーズ)

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夫の急死で悲しみに暮れる未亡人とその関係者たち。だが、その中の誰かが夫を毒殺したことが明らかにされる。未亡人の幼馴染みであるルパートは、ソーンダイクに真相の解明を依頼するのだが、やがてそれが考えもしなかった結末へと連なっていった。誰が、いかにして夫を毒殺したのか。証拠はどこにあるのか。それも確かな証拠が。ソーンダイク博士シリーズの傑作長編と話題を呼んだ逸品。【「BOOK」データベースの商品解説】

夫の急死で悲しみに暮れる未亡人とその関係者たち。だが、その中の誰かが夫を毒殺したことが明らかにされる。誰が、いかにして夫を毒殺したのか。証拠はどこにあるのか。ソーンダイク博士シリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

オースティン・フリーマン

略歴
〈オースティン・フリーマン〉1862〜1943年。イギリス生まれ。シャーロック・ホームズのライヴァル、ソーンダイク博士の生みの親。著書に「ダーブレイの秘密」「ソーンダイク博士の事件簿」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どう考えたって、ソーンダイクのほうがホームズより論理的でしょう。緻密さでも人間性でも上でしょ。それがこの本でよく分かります

2006/09/12 20:41

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

解説で森英俊が書いていますが、昔、創元推理文庫に『シャーロックホームズのライバルたち』という素適なシリーズがありました。で、高校生だった私は、何故かフリーマンの巻だけを買って、やっぱりホームズよりはいいよな、と感心した記憶があります。フリーマンを選んだのは、多分、乱歩の評論に彼の名前があったからだと思います。
で、それ以来読むこともなくきたフリーマンですが、それは面白くなかったからではなく、何故か彼の本が出版されなかったというそれだけの理由です。そこらへんの事情も、森の解説に出ていますが、こんなにもレベルの高い作品が80年近く訳出されてこなかったということ自体、日本のミステリの偏向ぶりを示すもの、としか言いようがありません。
カバー関連ですが、奥付に、装幀 スタジオ・ギブ(川島進)、とだけあって装画については記載がありません。このいかにも古き良きパリ(ロンドンと言いたいのですが、どうもオペラ座みたいなものが見えるので、テキトーに判断しました)らしい夕闇の都会風景のスケッチ、これも川島の手になるものなのでしょうか。で、折り返しの案内文です。
「夫の急死で悲しみに暮れる未亡人とその関係者たち。だが、その中の誰かが夫を毒殺したことが明らかにされる。未亡人の幼馴染であるルパートは、ソーンダイクに真相の解明を依頼するのだが、やがてそれが考えもしなかった結末へと連なっていった。誰が、いかにして夫を毒殺したのか。証拠はどこにあるのか。それも確かな証拠が。ソーンダイク博士シリーズの傑作長篇と話題を呼んだ逸品!」
となっています。全18章構成で、解説の「史上最高の科学者探偵」は森英俊です。
内容紹介はカバーの文で十分だと思いますから、主な登場人物を紹介しましょう。
主人公、というか語り手は、僕ことルパート・メイフィールド35歳、職業は法廷弁護士。事件で未亡人となったバーバラの友人で、ハロルドの遺言執行者の一人です。で、病気で死んだと最初は思われたハロルド・モンクハウスは57歳、病弱で父親の遺産で生活をしています。妻のバーバラは32歳で、少女の頃からルパートの知り合いです。で、兄ハロルドの体調を心配するのが弟で牧師のエイモスです。
ほかに、家族関係ではバーバラの義理の妹で4年前に病死したステラがいます。135頁に「僕が25歳、バーバラは確か22歳で、ステラは十六歳だった」とあることから計算をすると、彼女は22歳で亡くなっています。ステラは、ルパートの父の旧友の娘で、その母親が彼女を産んでしばらくして亡くなり、彼は2歳だった彼女を妹のように可愛がっていました。そしてステラの父キーン氏が再婚したのが、子供が一人いる未亡人で、その娘と言うのがルパートより三歳年下のバーバラだったのです。
他に、ハロルドの秘書で33歳のトニーことアントニー・ウォリングフォード、ウェストミンスター家政大学で教えている27歳のマデリン・ノリスなどがいます。彼女は学校で料理と厨房の管理を教えていますが、専門は病人食で、ハロルドの食事も作っています。
読んでいて気になったことを一つ。マデリンの位置付けが分かり難いんです。たとえば10頁に突然「マデリンは当然学校で仕事をしています」とありますが、20頁には「二人の女性が長椅子から立ち上がり、バーバラが両手を上げて近づいてきた」と、この文章からは、もう一人の女性は初めて会う人、と読めます。ところが実際には、彼女がマデリンです。
しかも29頁になると再び「バーバラからその隣の女性へと視線を移すと、二人の対照的な様子にうっすらと興味を感じた」とあり、これまたマデリンです。文学的な手法とか、トリックに関係してはいない様子ですから、訳文を工夫するだけで随分すっきりすると思います。作品のレベルが高いだけに、こういうちょっとしたことが気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

久々に感動した

2016/12/10 12:30

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななちゃん大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

これすごいです。プロット・トリック・ミスディレクション・ハウダニット・フーダニットとどれをとっても超絶本格ミステリーだと思います。もちろん時代がかっている事は承知の上です。しばらくしての再読も楽しみ。この著者の今読める作品が非常に少ないのは残念至極。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ソーンダイク博士の長編初読了

2016/12/29 19:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミステリ研究部(k) - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソーンダイク博士譚は以前に創元推理文庫より2冊の短編集が出ており、数珠の掌編だと思いました。さて、この度は初めて長編を読んでみたのですが、書評にあるよりは少し残念でした。これはある意味、僕の期待が大きすぎたのかもしれません。かといって、程ほどには楽しめたと思います。後半部分にちょこっとだけジャーヴィス医師が登場するので、思わずにんまりさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/02 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/31 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/13 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。