サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

最後の晩餐(光文社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/03/01
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/406p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-74041-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

最後の晩餐 (光文社文庫)

著者 開高 健 (著)

最後の晩餐 (光文社文庫)

756(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

古今の名著や、幅広い歴史に学ぶ

2009/06/12 20:39

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mikimaru - この投稿者のレビュー一覧を見る

アンソロジーや雑誌などで読んだいくつかのエッセイは別として、まとまった一冊の本として氏の作品に触れたのは、初めてかもしれない。

食通として知られた氏である。膨大な著書のなかでもさてどれにしようかと迷ったが、この本を手にとって正解だった。冒頭の「どん底での食欲」三章では戦地や牢獄など極限の状況における食を描き、連載の最後には人肉嗜食について書くと宣言、つづく「女帝を食うか、女帝に食われるか」では江青やマリー・アントワネットなどの逸話を紹介する。

中盤以降は、日本の作家たちの食欲や芭蕉の食べたもの、有名料理人の辻静雄氏が自宅で主催した食の饗宴(午前から深夜まで料理を食べまくる)についてなど、いわゆる食の本らしい話題がつづき、最後は予定通りにアンデス山中で1970年代に起こった極限状態における人肉食の話でしめくくる。

この一冊で、かなり学ぶべきことが多い。自力ではなかなか気づくことがむずかしい、新しい視野が開けた気がする。

食の本は、グルメガイドやレシピ本ばかりではない。文化や歴史のみならず、人間の生命維持や生きるということと切り離せない、本来とても重いテーマと密接に結びついているはずだが、うわべだけの「美食」や流行の移り変わりばかりが耳目を引く。著者のように、ユーモアをまじえながらも深い場所から掘り起こすように食を書いていた人は、現在までの出版界を見ても、あまり多くは存在しない。

P.28以降のナイジェリアの内戦や、P.33末尾からはじまるアウシュヴィッツの記述が、頭から離れない。そろそろ人生の半分くらいは生きてきたかと思うが、自分はものを知らなすぎると実感した。

読みながら同時進行で、文中に紹介や引用がなされている本を調べて何冊か購入した。そのうちの一冊がすでに書評を書いた「ロッパの非食記」であるし、読了していないが「随園食単」もまた、まるで知らない世界だ。

これからもときどき読み返したいと思える本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/02 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/23 23:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/27 06:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/17 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/05 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/30 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/26 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/30 23:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/13 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む