サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/03/01
  • 出版社: みすず書房
  • サイズ:20cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-622-07198-3

紙の本

へんな子じゃないもん

著者 ノーマ・フィールド (著),大島 かおり (訳)

「へんな子じゃないもん、自慢の子だよ」。病床の祖母は、私にそう言ってくれた…。東京に里帰りし、看病の折々に思い出す子供時代と日本の戦後史のメモワール。ばらばらな歴史の一片...

もっと見る

へんな子じゃないもん

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「へんな子じゃないもん、自慢の子だよ」。病床の祖母は、私にそう言ってくれた…。東京に里帰りし、看病の折々に思い出す子供時代と日本の戦後史のメモワール。ばらばらな歴史の一片一片を繋ぐ試み。【「BOOK」データベースの商品解説】

幼い日の想い出、寝たきりの祖母と過ごしたかけがえのない日々、地下鉄で拾った会話まで、愛情に満ちた視点で過去の日々を綴る。ばらばらな歴史の一片一片を繫いだ、子供時代と日本の戦後史のメモワール。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ノーマ・フィールド

略歴
〈ノーマ・フィールド〉1947年東京生まれ。プリンストン大学にて博士号取得。シカゴ大学人文学部東アジア言語文化学科長。著書に「天皇の逝く国で」など。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歴史の1コマ1コマを連鎖させながら未来へ繋ぐ豊かな想像力

2006/04/10 05:15

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 こんな構成の本は読んだことがない。日記のようで日記でない。回想録のようで回想録でもない。それでも1コマ1コマが著者の祖母の生と、著者が体験し日々考えた断片が歴史として繋がっている。
 「へんな子じゃないもん」というタイトルも奇抜だが、そこには祖母の著者への愛、著者の祖母への愛がこもっている。著者は歴史の断片を振り返りながら、過去から現在、そして未来を見ようとする。そこには自己の信念を確かめ、未来に繋がる人々への愛と未来を再確認しようとする心が詰まっている。
 人の生とは何か、死とは何か、そんな問いだけでなく、人間と社会とのかかわりをしっかりと意識した著者の言葉は、現実の社会に対し少々寂しそうでもある。
 民族とは何か、民族が強調されたときの愛国心とは何か。そこには、自民族の優劣感や排他的な考えは含まれていないか。著者が違和感を感じる視点は、過去・現在・未来への想像力として繋がっていく。
 「世界で唯一の被爆国」日本が、フランスの核実験にどのような反応を示したのか。また、アメリカの核実験には何も言わず、他国の核開発を問題視する日本。
 阪神・淡路大震災の時、「家ともども制服を失ってしまった生徒がいるからには、全員に制服の着用を要求するわけにはいかない、ならばだれにも要求すべきじゃない」と言っていたのに、いつの間にか復活した制服。国旗・国歌の強制と制服の強制との想像力には、強制のもつ意味をひしひしと読み取ることができる。
 「抗菌殺菌」のラベルのついた商品が増えているが、「放射能の危険にたいして人びとが鈍感なのは」なぜか。「体臭のない、脂肪のない、垢のない身体が、汚れていない環境を夢見る」のに「空気汚染、水汚染、大地汚染と仲良く共生する」という揶揄には、身が縮む思いさえする。
 戦争に対する責任問題の曖昧さ。沖縄のレイプ事件への「花火」的行動。人々の怒り、エネルギーが「花火」的でしかないことに対する悲しみが伝わってくる。
 それでも、「意味をもとめる渇望が、日常の無関心の表皮の下にとぐろ巻いている」という著者の未来への渇望は確実に伝わってくる。
 著者は、あとがきで「個々人の生涯を織りなす愛情とそれが生み出す葛藤と、社会と歴史の大きな流れとの関係を追ってみたかった」と語っている。そこには未来を諦めない希望と渇望がある。
 その未来をつくるのは、愛とそこに根ざした想像力をもつことのできる、私たち個々人であり、民衆である。けっして「民族」や「愛国心」ではない。「強制」される「愛」ではいけないことを本書は教えてくれる。豊かな想像力に育まれた愛が未来をつくるのだと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/25 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/21 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/10/02 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。