サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. デスマーチ ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか 第2版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

デスマーチ ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか 第2版
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:21cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-8271-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

デスマーチ ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか 第2版

著者 エドワード・ヨードン (著),松原 友夫 (訳),山浦 恒央 (訳)

デスマーチ・プロジェクトとは、多くの犠牲と損失、または高い確率で失敗が予測されるプロジェクトを言う。その実態と対処方法を、ソフトウエア開発に焦点を絞って述べる。〔初版:ト...

もっと見る

デスマーチ ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか 第2版

2,376(税込)

デスマーチ 第2版

2,376 (税込)

デスマーチ 第2版

ポイント :22pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

デスマーチ・プロジェクトとは、多くの犠牲と損失、または高い確率で失敗が予測されるプロジェクトを言う。その実態と対処方法を、ソフトウエア開発に焦点を絞って述べる。〔初版:トッパン 1998年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エドワード・ヨードン

略歴
〈エドワード・ヨードン〉ニューヨークを拠点にするコンピュータ関連コンサルティング会社NODRUOY IncのCEO。構造化分析/設計方法論、オブジェクト指向分析/設計方法論を提唱したことで知られる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

あるあるネタ集という感じ

2017/01/20 09:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルイージ - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の人のレビューにもあるけど、失敗プロジェクトにデスマーチという名称を付けて広めた功績はあるとしても、いろんなあるあるネタ集になっていて、その対策や解決策については後世に委ねているので、これを読んで溜飲を下げても現実はなんにも変わらない。勉強になる類の本ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

デスマーチ・プロジェクトを乗り切るために

2010/01/07 01:42

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:御於紗馬 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は「デスマーチ・プロジェクトとは『プロジェクトのパラメータ』が正常値を50%以上超過したもの」と定義しています。要は時間や人間、資金などの資源が完成させるための半分以下しかないのに「やれ」と言われている状態です。

こんな無茶ぶりが発生するのは何故か、どんな人物たちが登場しているのか、著者は検討します。そしてどこが折中ポイントか(完全な完成は不可能ですから)つぶさに解析し、勝機を見出していくのです。

IT業界向けの本になっていますが、他業界でも通じるものがあると思います(特に、日本の企業は内部的にはデスマーチ・プロジェクトではないでしょうか?)。

ただ目の前の仕事を淡々とこなすだけではデスマーチ・プロジェクトは乗り切れません。好む好まざるに関わらず政治は巻き込まれますし、最悪、退職を迫られる事もあるかもしれません。

確かに日本独自の問題もありますが、指針として非常に優れています。特に技術書というわけでもなく、IT業界の人じゃないと解らないという事もないので、ビジネス書として普通に読めると思います。

今を生き抜くために役立つ一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/12 03:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/25 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/30 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 22:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/26 12:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/24 00:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/29 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/29 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/20 06:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/17 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/27 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/29 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 18:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む