サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

憲法の基本原理から考える
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 日本評論社
  • サイズ:21cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-535-51514-X

紙の本

憲法の基本原理から考える

著者 只野 雅人 (著)

「国民主権」などの基本原理を近代憲法の根源から考え、現代への展開と今日の憲法状況を対置してみることで憲法への理解を深める一冊。『法学セミナー』連載に加筆修正して単行本化。...

もっと見る

憲法の基本原理から考える

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「国民主権」などの基本原理を近代憲法の根源から考え、現代への展開と今日の憲法状況を対置してみることで憲法への理解を深める一冊。『法学セミナー』連載に加筆修正して単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

歯がゆさの理由(わけ)

2009/06/01 18:52

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「基本原理から考える」とのことなので、一般論的、抽象的な話が各講のベースになっている。しかし、原理論のみに終始しているわけではなくて、「憲法改正問題」など具体性のあるアクチュアルな問題にもかなり接合させて考えようとしている。

読んでいて、歯がゆく感じるところがかなりあった。それは、結論部やその他での著者の主張(イイタイコト)が「あいまい」になっていたり、反対するのがむずかしい、無難そうな一般論に逃げこんでしまっているところだ。以下に例をあげる。(引用符は「・」マークを使う)

・ ○○との結論を導くことは不可能ではない。
・ ○○は、なお検討の余地があるように思われる。
・ ○○の意味を、今日の日本で考えてみる意義は大きいように思われる。
・ ひとつの合理的解釈として許容される余地があるように思われる。
・ 裁判員制度をめぐっては、批判・懸念もあるだけに、それが「少数者の権利の擁護」につながるのかどうか、注視する必要がある。
・ 「人権擁護」にあたるべき公務員の高い人権意識が、まずもって求められねばならない。
・ 「秩序」に強く傾斜した「公正」ではなく、実質的な自由を確保し本来の意味での「主権者の意志の忠実な表明」を可能にする「公正」のあり方が追求されねばならない。

あらためて読みかえしてみて、文体的には「思われる」といった受け身表現を多用すること。さらにはそれに、しばしば「余地があるように」をくっつけて使うことに歯がゆさの一因があるように「思われる」。
「べき論」を述べているところも、なにをすべきでなにが必要なのかというと、「確認・注視・検討」などが目立つので、「それはそれは、御説ごもっともですね」というおざなりの感想になってしまい議論が心に残らないのである。

基本的には、学者が慎重な姿勢をとるのは悪いことではないと思っている。威勢がいいだけの高言よりはいいと思う。しかし、本書は教科書然としたものではなく、「自由に考えてみた」と宣言している。であるなら、データ分析から事実的判断を引きだす際に仮定形を使うならともかく、価値判断や行為規範的な判断をするばあいには、もっと明確な自己主張をしてもよかったんじゃないかと思うのだ。
問題意識は鋭いものがある。だが、きびしいようだが、結果として権力の「民主化」というテーマにしても着地点が見えずに終わってしまっていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。