サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 新しい日常を探して ポイント5倍キャンペーン  ~3/24

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2006/04/21
  • 出版社: 小学館プロダクション
  • サイズ:26cm/303p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7968-7029-0
コミック

紙の本

Vフォー・ヴェンデッタ (SHOPRO WORLD COMICS)

著者 アラン・ムーア (原作),デヴィッド・ロイド (作画),秋友 克也 (訳)

1997年、イギリスは独裁政権の支配する全体主義国家と化していた。その影で、謎の男「V」は政府の転覆を狙っていた…! 真の自由を求め葛藤する魂を描く、英コミックの名作。ウ...

もっと見る

Vフォー・ヴェンデッタ (SHOPRO WORLD COMICS)

税込 2,640 24pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1997年、イギリスは独裁政権の支配する全体主義国家と化していた。その影で、謎の男「V」は政府の転覆を狙っていた…! 真の自由を求め葛藤する魂を描く、英コミックの名作。ウォシャウスキー兄弟製作・脚本映画原作。【「TRC MARC」の商品解説】

アメコミ界でカリスマ的人気を誇るアラン・ムーアの記念碑的作品にして、マトリックスのスタッフが手掛ける同名映画の原作グラフィック・ノベル! 西暦199X年、ロンドン――ヨーロッパ大陸における局地的な核戦争の結果、イギリス民主主義は崩壊し、独裁政権の支配する全体主義国家と化していた。生活苦のため売春をしようとした、若く純粋な少女イヴィーは、秘密警察から暴行を受け、危ないところを仮面をつけた謎の男に救われる。自らを”V”と名乗るその男は、優れた戦略と類まれなカリスマ性を武器に、ファシスト政権の転覆を狙っていた!【商品解説】

著者紹介

アラン・ムーア

略歴
●アラン・ムーア……イングランド出身。コミックライターとして数々の賞を受賞している稀代の名ライター。その複雑で思慮に富んだストーリーによって1980年以降のコミックスシーンにおいて最も重要なクリエイターの一人に数えられており、その後の全てのコミック作家に影響を与えたといわれている。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

Vi Veri Veniversum Vivus Vici

2007/12/01 11:37

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:峰形 五介 - この投稿者のレビュー一覧を見る

名作は色褪せない――それは幻想だ。時が経てば、どんな名作も色褪せる。時代性を反映した作品なら尚更だ。
この『Vフォー・ヴェンデッタ』も例外ではない。『1984年』めいた世界観は手垢が付きまくっているし、絵柄も古臭くて地味だ。
しかし、読む価値はある。表層は少しばかり色褪せているが、その内にあるものは決して錆びついていない。幸か不幸か、この物語が完全な絵空事になるほど、人類は成熟していないのだから。

念のために言っておくと、本書は「全体主義国家に反旗を翻したヒーローの痛快な活躍を描いた物語」といったものではない。主人公のVは強固な意志と常人離れした行動力と類まれなる知性を有しているが、テロリストであり、アナーキストであり、狂人である(作者のアラン・ムーアもVを全面的に肯定しているわけではない)。決してヒーローではない。また、復讐に燃えるアンチヒーローでもない。タイトルに「VENDETTA(復讐)」という言葉があるが、Vの復讐は第一部で終わり、第二部以降の彼はアジテーターとして行動するのだ。
ヒーローだけでなく、明確な悪役も出てこない。強いて言うなら、システムが悪である。本書はそのシステムに囚われている人々の群像劇として見ることもできる。感情をまったく表に出さないVよりも、彼に翻弄される者たちのほうに読者は(好感とまではいかないが)幾ばくかの共感を抱くことだろう。

ところで、「『Vフォー・ヴェンデッタ』の映画を見たけど、つまんなかった。だから、原作は読まなくてもいいや」と思っている人もいるかもしれないが、そういう人こそ本書を読むべきだ。映画と原作はぜんぜん違う。基本的なストーリーは(いろいろと端折られているとはいえ)同じだが、映画版には重大なものが欠けている。それは作り手の「怒り」や「怨念」や「憤り」とでも呼ぶべきものだ。
本書にはアラン・ムーアの「怒り」や「怨念」や「憤り」が詰まっている。コマから溢れ出すほどに……って、あれ? ここまで書いて気付いたけど、ぜんぜん色褪せてないじゃん!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/09 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/15 05:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/28 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/17 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/21 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。