サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 平凡社
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-582-83319-5

紙の本

「きょうの料理」のヒミツ

著者 後藤 繁榮 (著)

半世紀続くNHKの長寿番組「きょうの料理」。司会を担当する料理初心者にして「ダジャレ王」の異名をとる後藤アナウンサーが、番組の裏側、出演者の素顔を語りつつ、食とコミュニケ...

もっと見る

「きょうの料理」のヒミツ

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

半世紀続くNHKの長寿番組「きょうの料理」。司会を担当する料理初心者にして「ダジャレ王」の異名をとる後藤アナウンサーが、番組の裏側、出演者の素顔を語りつつ、食とコミュニケーションの問題に鋭く斬り込む。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

後藤 繁榮

略歴
〈後藤繁榮〉1951年岐阜県生まれ。日本大学芸術学部卒業。75年NHK入局。教育テレビ「きょうの料理」、ラジオ「地球ラジオ」などを担当する。エグゼクティブ・アナウンサー。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

料理の戦後史をみた!

2006/04/02 03:49

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エミ山田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

NHKの「きょうの料理」を見始めたのは、我が家のテレビがまだ白黒の時代だった。小学生だった私からすれば、画面に映る料理は夢のようだったことを覚えている。給食のほうが家庭料理よりも魅力のあった時代。番組を見ながら「いつかこんな料理をつくってみたい」と思ったものだ。
本書は、半世紀の「きょうの料理」の歴史を様々な角度から、まるでテレビで語るように軽やかに記述している。読みながら、忘れていた50年の我が家の食卓が鮮やかによみがえってきた。家族との会話すら懐かしく思い出した。
著者の後藤繁榮氏は、番組中ダジャレをとばしながらも漂々と料理研究家の魅力を引き出す曲者である。NHKには稀な人間味を感じて画面に引き込まれる。その源泉が、大家族の食卓に発していると知った時に、忘れていたニッポンの良き時代へのたち難い郷愁を覚えた。
本書は、愉快に笑える部分も多いが、読み終えてみると日本人としてのペーソスも感じて、しばらく余韻にひたった。次の著作にも期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/14 12:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/26 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/18 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/03 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/05 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/14 19:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/29 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/12 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/22 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/18 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/08 08:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。