サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暴力
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 岩波書店
  • サイズ:19cm/139p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-027009-5
  • 国内送料無料

紙の本

暴力 (思考のフロンティア)

著者 上野 成利 (著)

暴力の世紀としての20世紀の経験は、私たちに何をもたらしたのか。文明に潜在する暴力は、近代世界システムを変容させながら世界を席捲している。理性に刻み込まれた、近代の逆説と...

もっと見る

暴力 (思考のフロンティア)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

暴力の世紀としての20世紀の経験は、私たちに何をもたらしたのか。文明に潜在する暴力は、近代世界システムを変容させながら世界を席捲している。理性に刻み込まれた、近代の逆説としての暴力を根源的に問いなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

上野 成利

略歴
〈上野成利〉1963年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。神戸大学国際文化学部助教授。政治思想・社会思想史専攻。共著に「変異するダーウィニズム」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/05/19 20:42

投稿元:ブクログ

暴力を、政治の範疇の外に置いて考えるのではなく、政治の根底に据えてそれと真摯に向かい合おうという姿勢には学ぶ所が大きい。理性と暴力を対置させるのではなく、しかしその中で対立や葛藤との調停を考えていくこと、これは様々な場面で考えられるべき事柄である。

2010/06/06 20:29

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
暴力の世紀としての20世紀の経験は、私たちに何をもたらしたのか。
その歴史に浮かび上がるのは、近代そのものに内在する暴力の姿である。
私たちの文明に潜在する暴力は、グローバル化が進行するなかで、近代世界システムを変容させながら世界を席捲している。
理性に刻み込まれた、近代の逆説としての暴力を根源的に問いなおす。

[ 目次 ]
1 暴力の政治学―戦争と政治をめぐる思考(生の政治と死の政治―近代国民国家と暴力;限定戦争と絶対戦争―主権国家体系と暴力;脱領域化と再領域化―グローバル化と暴力)
2 暴力の弁証法―暴力の臨界をめぐる思考(法の支配と法の暴力―秩序と暴力の弁証法;自己保存と自己融解―理性と暴力の弁証法;敵対関係と闘技関係―友愛と敵対の弁証法)
3 基本文献案内

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2014/05/05 03:49

投稿元:ブクログ

暴力の思考枠組をアーレント、シュミット、フランクフルト学派から整理していく。暴力の問題について考えるのに最適な入門書である。本シリーズ巻末についている文献表もありがたい。

2016/11/19 13:26

投稿元:ブクログ

■体裁=B6判・並製・150頁
■品切
■2006年3月23日
■ISBN 4-00-027009-5 C0310
暴力の世紀としての20世紀の経験は,私たちになにをもたらしたのか.その歴史に浮かび上がるのは,近代的理性に内在する暴力の姿である.私たち文明に潜在する暴力は,グローバル化が進行するなかで,近代世界システムを変容させながら世界を席捲している.理性に刻み込まれた,近代の逆説としての暴力を根源的に問い直す.
<https://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/5/0270090.html>

【目次】
はじめに――ヤヌスとしての暴力 [iii-viii]
目次 [ix-x]

I 暴力の政治学――戦争と政治をめぐる思考001
第1章 生の政治と死の政治――近代国民国家と暴力 001
  1 ホロコーストと死の政治 001
  2 全体主義と近代国民国家 07
  3 近代国民国家と生の政治 012
第2章 限定戦争と絶対戦争――主権国家体系と暴力 019
  1 主権国家体系と限定戦争 019
  2 帝国主義と領域性の変容 025
  3 限定戦争から絶対戦争へ 031
第3章 脱領域化と再領域化――グローバル化と暴力 038
  1 植民地主義と異種混淆 038
  2 グローバル化と脱領域化 044
  3 再領域化と暴力の遍在化 050

II 暴力の弁証法――暴力の臨界をめぐる思考059
第1章 法の支配と法の暴力――秩序と暴力の弁証法 059
  1 政治と暴力との絡みあい 059
  2 秩序の起源としての暴力 065
  3 回帰する暴力のアポリア 071
第2章 自己保存と自己融解――理性と暴力の弁証法 078
  1 理性と暴力との絡みあい 078
  2 ミメーシスと暴力の根源 084
  3 ミメーシスと排除の暴力 090
第3章 敵対関係と闘技関係――友愛と敵対の弁証法 097
  1 自己と他者との絡みあい 097
  2 敵対関係に内在した政治 102
  3 課題としての暴力批判論 110

III 基本文献案内 119

あとがき(2006年2月 上野成利) [137-139]

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む