サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 犬のしっぽを撫でながら

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

犬のしっぽを撫でながら
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-781341-X
  • 国内送料無料

紙の本

犬のしっぽを撫でながら

著者 小川 洋子 (著)

「博士の愛した数式」を巡る小川洋子の最新エッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】「博士の愛した数式」で注目を集める著者の軌跡を辿るエッセイ。数の不思議について、...

もっと見る

犬のしっぽを撫でながら

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「博士の愛した数式」を巡る小川洋子の最新エッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

「博士の愛した数式」で注目を集める著者の軌跡を辿るエッセイ。数の不思議について、書くことについて、影響を受け続けるアンネ・フランクについて、犬や野球の話、家族と思い出について、等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小川 洋子

略歴
〈小川洋子〉1962年岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞、「妊娠カレンダー」で芥川賞、「博士の愛した数式」で読売文学賞、第1回本屋大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

プルプルの可愛さに、大甘の★五つ。またまた早稲田大学文学部のお通りだ、それにしても女性作家の殆どが早稲田出身じゃないか、っていう錯覚に陥りますね

2006/12/15 20:40

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

集英社らしからぬ、とまでは言いませんが、これが新潮のクレストブックのカバーといわれても納得しそうな素適なカバー装画です。ま、注に、装画 勝本みつるとあるので、画と書きましたが、どう見てもオブジェで、だからこそ勝本の名前に続いて、撮影 松浦文生と書いてあるんだと思うんですね。
こういうところは、きちっとするのが出版社の役目だと思うんですが、どうでしょう。それにしても愛らしいオブジェで、洋画家の小杉小二郎、或は版画家の山中現、或はクレストブックで数多くのスカルプチャーを手がける三谷龍二といってもとおりそうな、心温まる作品です。ついでにデータ的なことを書いておけば
装幀 岩崎誠司
装画 勝本みつる
撮影 松浦文生
編集協力 (有)ぱぺる舎
構成は大きく五つに分かれますが、各々はさらに様々な媒体に掲載された小文からなっています。大項目だけを書き出せば
・数の不思議に魅せられて (10)
・「書く」ということ (16)
・アンネ・フランクへの旅 (5、紙がカラー)
・犬や野球に振り回されて (9)
・家族と思い出 (21)
です。( )内の数字は、その中に納められた小文の数で、全部で61にもなるので、初出は、とても書ききれません。最初の「『博士の愛した数式』をめぐって」が書き下ろしですが、残りは新聞、スポーツ新聞、PR誌、雑誌など様々で、頁数も10頁から1頁までと変化に富みますが、基本的には短いものが多いです。
電車に揺られながら、隣に座ったオバサンたちの姦しい声に苛々しつつ読んだせいか、それとも大嫌いな数学のせいか、「数の不思議に魅せられて」では、小川の数学への理解は私などの及ばない立派なものだ、とか、日本の数学者も捨てたもんじゃあないな、と思ったり、考えは右往左往。
書く、というところでは、作家というのは対談や講演をかなりするものだ、とか、小川の本がフランスで翻訳されて出版されているというのは凄いな、それにしても案外、小川は海外に行っているんだ、でもやっぱりどうしようもないのは犬のラブちゃんだなあ、迷い込んだ子犬、あげなくてもいいのに、などと思った次第。タイガース・ファンと宝塚ファンが似ているという指摘には思わず肯いてしまいます。
残念なことに、名作を読まずに来た私には、未読の『アンネの日記』について語ることはできませんが、中に出てくる日航の飛行機事故で息子を亡くした母親の、自分を責めずにはいられない苦しさと、アンネの友人で、それゆえに世界各国で講演することの多いジャクリーヌさんの
「アンネのことでいろいろな場所へ行き、いろいろな人と会う時、いつもそれを思います。手厚いもてなしを受けるたび、これを本当に受けるべきはアンネなのに・・・・・・と思うのです」
という呟きに、同質の心を見て、こういうことを書けるからこそ、あの静謐な、それでいてどこか心温まる小説が生まれるのだな、と思ったりします。そして思うのです、いつか私も宝塚で大空祐飛の演技を見て、その将来性を確信したいものだと。そして、プルプルのような犬を飼いたいと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/04 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/05 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/18 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/12 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/22 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/14 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/11 04:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/10 09:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/23 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/05 10:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/04 17:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/25 09:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/23 07:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/01 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る