サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 犬のしっぽを撫でながら

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

犬のしっぽを撫でながら
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-781341-X
  • 国内送料無料

紙の本

犬のしっぽを撫でながら

著者 小川 洋子 (著)

「博士の愛した数式」を巡る小川洋子の最新エッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】「博士の愛した数式」で注目を集める著者の軌跡を辿るエッセイ。数の不思議について、...

もっと見る

犬のしっぽを撫でながら

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「博士の愛した数式」を巡る小川洋子の最新エッセイ集。【「BOOK」データベースの商品解説】

「博士の愛した数式」で注目を集める著者の軌跡を辿るエッセイ。数の不思議について、書くことについて、影響を受け続けるアンネ・フランクについて、犬や野球の話、家族と思い出について、等を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小川 洋子

略歴
〈小川洋子〉1962年岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部文芸科卒業。「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞、「妊娠カレンダー」で芥川賞、「博士の愛した数式」で読売文学賞、第1回本屋大賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

プルプルの可愛さに、大甘の★五つ。またまた早稲田大学文学部のお通りだ、それにしても女性作家の殆どが早稲田出身じゃないか、っていう錯覚に陥りますね

2006/12/15 20:40

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

集英社らしからぬ、とまでは言いませんが、これが新潮のクレストブックのカバーといわれても納得しそうな素適なカバー装画です。ま、注に、装画 勝本みつるとあるので、画と書きましたが、どう見てもオブジェで、だからこそ勝本の名前に続いて、撮影 松浦文生と書いてあるんだと思うんですね。
こういうところは、きちっとするのが出版社の役目だと思うんですが、どうでしょう。それにしても愛らしいオブジェで、洋画家の小杉小二郎、或は版画家の山中現、或はクレストブックで数多くのスカルプチャーを手がける三谷龍二といってもとおりそうな、心温まる作品です。ついでにデータ的なことを書いておけば
装幀 岩崎誠司
装画 勝本みつる
撮影 松浦文生
編集協力 (有)ぱぺる舎
構成は大きく五つに分かれますが、各々はさらに様々な媒体に掲載された小文からなっています。大項目だけを書き出せば
・数の不思議に魅せられて (10)
・「書く」ということ (16)
・アンネ・フランクへの旅 (5、紙がカラー)
・犬や野球に振り回されて (9)
・家族と思い出 (21)
です。( )内の数字は、その中に納められた小文の数で、全部で61にもなるので、初出は、とても書ききれません。最初の「『博士の愛した数式』をめぐって」が書き下ろしですが、残りは新聞、スポーツ新聞、PR誌、雑誌など様々で、頁数も10頁から1頁までと変化に富みますが、基本的には短いものが多いです。
電車に揺られながら、隣に座ったオバサンたちの姦しい声に苛々しつつ読んだせいか、それとも大嫌いな数学のせいか、「数の不思議に魅せられて」では、小川の数学への理解は私などの及ばない立派なものだ、とか、日本の数学者も捨てたもんじゃあないな、と思ったり、考えは右往左往。
書く、というところでは、作家というのは対談や講演をかなりするものだ、とか、小川の本がフランスで翻訳されて出版されているというのは凄いな、それにしても案外、小川は海外に行っているんだ、でもやっぱりどうしようもないのは犬のラブちゃんだなあ、迷い込んだ子犬、あげなくてもいいのに、などと思った次第。タイガース・ファンと宝塚ファンが似ているという指摘には思わず肯いてしまいます。
残念なことに、名作を読まずに来た私には、未読の『アンネの日記』について語ることはできませんが、中に出てくる日航の飛行機事故で息子を亡くした母親の、自分を責めずにはいられない苦しさと、アンネの友人で、それゆえに世界各国で講演することの多いジャクリーヌさんの
「アンネのことでいろいろな場所へ行き、いろいろな人と会う時、いつもそれを思います。手厚いもてなしを受けるたび、これを本当に受けるべきはアンネなのに・・・・・・と思うのです」
という呟きに、同質の心を見て、こういうことを書けるからこそ、あの静謐な、それでいてどこか心温まる小説が生まれるのだな、と思ったりします。そして思うのです、いつか私も宝塚で大空祐飛の演技を見て、その将来性を確信したいものだと。そして、プルプルのような犬を飼いたいと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/12/04 17:45

投稿元:ブクログ

2006.12. 小川さんのエッセイを初めて読んだんだけれど、小説と同じような空気が漂っていて好き。小川さんの持つ優しさと、物事への真摯な気持ちと。実はまだ「アンネ〜」を読んでないから、早く読みたくなった。

2006/09/05 10:36

投稿元:ブクログ

*数の不思議に魅せられて*「書く」ということ*アンネフランクへの旅*犬や野球に振り回されて*家族と思い出
小川さんの小説の原点を思い浮かばせてくれるエッセイ集

2007/04/18 00:18

投稿元:ブクログ

 博士だった。素数を愛し、オイラーの公式を愛し、子供と阪神タイガースを愛した博士が、活字の中から、生きた人間に生まれ変わって、私の目の前に現れたのだ。
(P.17)

2008/01/12 01:09

投稿元:ブクログ

小川洋子さんのエッセイ。彼女の小説にまつわるエピソードなどとともに、その生活がうかがえて面白い。景色も心情も淡々と描写するような書き方は、小説でもエッセイでも変わらないんだなぁ。

2006/09/22 19:59

投稿元:ブクログ

エッセイ
人間の悲しみを描こうとするとき、「悲しい」と書いてしまうと、真実の悲しみは表現できません。

2007/03/14 21:45

投稿元:ブクログ

「博士の愛した数式」を以前読んでから好きな作家だったが、数学は実は苦手、などと書かれていて親しみを覚えてしまった。数の不思議・美しさに惹かれる数学者に対しては今回改めて私自身の中にある偏見を捨て去ることができた。「アンネフランクへの旅」のエッセイも感動。

2007/04/11 04:34

投稿元:ブクログ

『博士の愛した数式』で有名な著者の数少ないエッセイの一つ。
数にまつわるエピソードなど『〜数式』にいたるまでの道のりが語られています。

2007/06/10 09:05

投稿元:ブクログ

 エッセイ集。
 数学に関することが最初の部分にある。なかなか面白い。小川流の小説のでき方とか、小説に対する考え方とか、色々わかって参考になるのではないか。

2011/05/23 22:36

投稿元:ブクログ

(2011.05.21読了)(2007.06.23購入)
小川洋子さんのエッセイ集です。話題によって、5つのくくりにまとめられています。
「数の不思議に魅せられて」
「「書く」ということ」
「アンネ・フランクへの旅」
「犬や野球に振り回されて」
「家族と思い出」

2003年8月に「博士の愛した数式」を発表し、ベストセラーになり、映画化もされました。それ以来、「博士の愛した数式」や「数」や「数学」にまつわるエッセイをあれこれと書いています。「作家」ですので、「書く」ことにまつわる話もあるでしょう。
小川さんにとって「アンネの日記」とその著者であるアンネ・フランクは、特別な存在のようです。「アンネ・フランクの記憶」という本も出しています。オランダのアンネの隠れ家やポーランドのアウシュヴィッツも訪れています。
(「アンネの日記」は、手元にあるのですがまだ読んでいません。)
小川さんは、「阪神」ファンで、時々応援に行くようです。小川さんは、犬を飼っています。ラブラドールで、名前を「ラブ」といいます。作家は、何でもエッセイのネタにできていいですね、と言いたいところですが、ちょっとこの「ラブ」にはてこずっているようです。
小川さんは、どのテーマでも、丁寧に書いていて、どこかしらユーモアもあって、息抜きにはもってこいです。

●天才ガウス(9頁)
ただ単に難しい問題を解くのが天才ではない。複雑な問題を単純化してしまうのが天才だ。その結果として難しい問題が解けるだけなのだ
●虚数はない?(23頁)
「虚数」という概念があります。「虚ろな数」と書くだけで、どこか秘密めいて、魅惑的です。二回掛け合わせるとマイナス1になる数のことで、数学では「i」という記号で表します。
二乗してマイナスになる数など存在しません。
(小川さんの理解では、二乗してマイナスになる数など存在しないのでしょうが、数学の世界では、1,2,3という数と同じくらい確実に二乗してマイナスになる数は存在するのです。)
●ストーリー(26頁)
私の場合、書き始める前からはっきりとストーリーが決まっているわけではないのです。私はストーリーが書きたいわけではありません。私が書きたいのは人間であり、その人間が生きている場所であり、人と人の間に通いあう感情なのです。
自分の書きたい人間や場所が、映像のような一場面になって、頭に浮かんできます。その頭の中の映像をじっと観察して、言葉に置き換えて行きます。すると、書き写した人物が、今度はまた新しい場所へ移動していき、新しい人と出会います。
●指輪を買いに(55頁)
神戸の元町に真珠の指輪を買いに行くつもりで家を出たのに、気が付くと骨董屋さんに入って机を買っていた。骨董屋さんの前を通ったとき、感じのいい机が飾られているのを見つけ、そうだ自分は前々から仕事用の机を探していたんじゃないか、と思いだし、真珠の指輪のことなどすぐに忘れてしまった。
●場所が大事(79頁)
長編であれ短編であれ、私にとって小説を書くのに何より重要な問題は、場所の決定である。そこさえパスすれば、話は自然と動き始める。反対に、いくら登場人物たちの姿が明確であっ���も、彼らの動き回る場所があいまいなままでは、一行も書き出せない。
●涙の謎(179頁)
子供の頃、涙がどこで作られているのか不思議でなりませんでした。悲しいというのは心の問題なのに、それがどうしてすぐさま目に伝わり、どんな仕組みで涙となるのか、謎でした。いつか目医者さんの知り合いができたら訪ねてみようと思っていたのですが、未だにその機会には恵まれず、答えは分からないままです。
(目医者に聞いたらわかるのでしょうか?)

☆小川洋子のエッセイ(既読)
「深き心の底より」小川洋子著、PHP文庫、2006.10.18(1999.07.)
「物語の役割」小川洋子著、ちくまプリマー新書、2007.02.10
「妄想気分」小川洋子著、集英社、2011.01.31
(2011年5月23日・記)

2015/09/05 10:49

投稿元:ブクログ

著者同様、高校生になって数学から取り残された一人ではあるが、数に魅力を感じる。だから「博士の愛した数式」にもたどりつき、このエッセイにもたどりついた。日常をだらだらと綴っていない、一本芯の通ったエッセイ。ここから藤原正彦の「天才の栄光と挫折 数学者列伝」、読むことに挫折してしまった村上春樹にいま一度挑んでみようか、そして再読「アンネの日記」へと繋がっていく。

2009/03/04 17:40

投稿元:ブクログ

「博士の愛した数式」にまつわるエピソード他、著者の日常生活を
窺い知ることのできるエッセイ集。
凛とした文章に、読んでいるうちに思わず背筋を伸ばしてしまった。
図書館貸出

2011/07/25 09:31

投稿元:ブクログ

角田光代さんとこのひとのエッセイを連続して読んでいます。
生まれた年代、出身大学(早稲田)、デビュー受賞歴(海燕新人文学賞)、受賞年代(二年違い)、結婚歴やら、ペットの種類(犬と猫)・・・・なんかあらゆるものが似通っていて、それでいてちがう。
エッセイも、角田さんのものが、あるときからびっくりするくらい自分を許している感じで、多種多様になったのに対して、このひとの書く対象はずーっと同じだ。アンネフランク、阪神タイガース・・・・などなど。そして文体が崩れない。端正なまま自分を保ち続けている。
もとより、どちらがいいとか悪いとかいうわけではない。
ただ、ここまで同じで、にもかかわらず対照的だとおもしろい。
連続して読んでいるのに、「あれ、この本は、どちらの著者だったっけ?」と首をかしげることもない、この明確な差異、特異なふたつの才能に敬意を賞するのである。

・・・・と、小川さん風に書いてみるとこんな感じ。

2011/11/23 07:14

投稿元:ブクログ

文系とおもっていた小説家がすっかり数字の魅力に取り付かれていく様子がおもしろい。「博士の愛した数式」をもう一度楽しめた。
 「アンネ・フランクへの旅」のページは緑色の紙が使われており、思い入れの深さがうかがえる。
 洋子さんは内気で繊細だと言っておられるが、そんな言葉の裏にも才能があふれている。著書がフランス語に訳されていたり映画化されていたり外国にも大勢のファンがおられるなんてはじめて知った。
 フランスのプロバンスで開かれた文学フェスティバルでの会話「泉が盗まれた」という不思議な言葉をきっかけに書かれたという「ブラフマンの埋葬」をぜひ読んでみたい。

2012/12/01 10:40

投稿元:ブクログ

執筆のこと、アンネ・フランクのこと、犬のこと、家族のこと……。作者の様々な日常が切り取られたエッセイ集。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む