サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ワイルド・ソウル 上(幻冬舎文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 118件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-40766-0
文庫

紙の本

ワイルド・ソウル 上 (幻冬舎文庫)

著者 垣根 涼介 (著)

一九六一年、衛藤一家は希望を胸にアマゾンへ渡った。しかし、彼らがその大地に降り立った時、夢にまで見た楽園はどこにもなかった。戦後最大級の愚政“棄民政策”。その四十数年後、...

もっと見る

ワイルド・ソウル 上 (幻冬舎文庫)

税込 755 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

一九六一年、衛藤一家は希望を胸にアマゾンへ渡った。しかし、彼らがその大地に降り立った時、夢にまで見た楽園はどこにもなかった。戦後最大級の愚政“棄民政策”。その四十数年後、三人の男が東京にいた。衛藤の息子ケイ、松尾、山本—彼らの周到な計画は、テレビ局記者の貴子をも巻き込み、歴史の闇に葬られた過去の扉をこじ開けようとする。【「BOOK」データベースの商品解説】

【大藪春彦賞(第6回)】【吉川英治文学新人賞(第25回)】【日本推理作家協会賞(第57回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー118件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

極上の復讐劇

2006/05/09 23:55

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sagaga - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦後まもなく、豊かな耕作地と住環境が手に入るという宣伝文句を信じ、胸に希望を抱いてブラジルへと旅立った幾万の日本人たちがいた。しかし当時の外務省によって行われたこの移民政策は、実際は「口減らし」政策であり、彼らは現地人たちでさえ住み着かない未開のジャングルへと放り込まれた“アマゾン牢人”であった。家族を失い、どん底の生活から数少ない成功者へとのし上がった衛藤は、同じくアマゾンで辛酸をなめた養子のケイ、松尾、山本と共に外務省への復讐を企てる。
復讐劇というと陰鬱なストーリーを思い描きがちだが、この本はうまい具合に物語全体にラテンのスパイスが効いていて、暗い題材の中にもどこかあっけらかんとした明るさがある。登場人物もこれがまた良い。過去にそれぞれ人には語れぬ経験を持つ共犯者たちも、年とともに情熱を失いつつあるテレビ局社員貴子とその周囲の人々も、みな一様にひと癖もふた癖もある人間ばかりだ。特に日本に来てから中心的人物となるケイは、そのバカがつくほどの明るさでぐいぐい読者を惹きつけ、最後の最後まで期待を裏切らない理想的な主人公と言える。スピード感溢れるスリリングな展開、どこか憎めない犯人たち、そして極めつけはこれ以上ないというくらいの最高のラスト。読書が極上の娯楽であると改めて感じさせてくれる傑作エンターテイメント小説だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

快作!重い話を爽快に

2011/12/24 12:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ががんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

快作である。昭和60年ごろの移民化政策で悲惨な人生を歩んだ、あるいは悲惨な死を迎えた多くの移民の恨みを背負った2次世代が、外務省及び政府に対して復讐をするという話。
 この作家の才能を感じさせる一冊。デビュー作『午前三時のルースター』で物足りなかった点は、ここではものの見事に解消されている。感動あり、笑いあり、サスペンスあり、アクションあり、エロスあり、社会批判あり、のぜいたくな本になった。プロットもしっかりしており、細部の構築も緻密である。終わりはちゃんと持ち味の一つの、しゃれてはいるが嫌味のないキザ、で締める。大藪賞ともう一つ何かをダブル受賞しているはずだが、頷ける。政府のブラジル移民策の悲惨という深刻なテーマを扱っているにもかかわらず、基本的に明るく、気質として娯楽小説向きだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/19 01:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/09 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/02 21:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/28 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/08 02:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/19 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/04 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/19 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/01 03:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/20 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/18 17:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/15 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/12 13:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。