サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ライトノベル「超」入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ライトノベル「超」入門(SB新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: SB新書
  • サイズ:18cm/293p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7973-3338-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ライトノベル「超」入門 (SB新書)

著者 新城 カズマ (著)

中高生をメイン・ターゲットに勢いを増している「ライトノベル」。人気作家がライトノベルのルーツ、楽しみ方、今後の展望などを徹底解説。代表的ライトノベル内容紹介、人気キャラク...

もっと見る

ライトノベル「超」入門 (SB新書)

810(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中高生をメイン・ターゲットに勢いを増している「ライトノベル」。人気作家がライトノベルのルーツ、楽しみ方、今後の展望などを徹底解説。代表的ライトノベル内容紹介、人気キャラクター紹介など幅広く網羅。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.4

評価内訳

紙の本

実作者による「ライトノベル」論

2008/05/14 22:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんいち - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ライトノベル」なるものが、読書界の話題となり、書店でもコーナーができるなど、いよいよその存在感を増していることは、誰の目にも明らかである。にもかかわらず、その内実や特徴は、よく知られていない。いや、正確に言えば、「ライトノベル」に関するムックなどは実に多く出版されているのだけれど、それは「ライトノベル」を自明のものとする人たちが楽しむことには役立つかもしれないが、これから「ライトノベル」にふれようとする時にはほとんど参考にならない。そんな時、驚くほど役に立つのが本書である。

本書は、ジャンルでもなく、いわゆる「定義」などしようもない「ライトノベル」の実像を、曖昧模糊とした様態そのものとして、平明に描き出していく。そもそも、現在進行中の文化現象について、回顧的・確定的な視線から、厳密に書くことなどできないし、無理にそうしようとすれば、多くの「例外」や「スルー」を余儀なくされてしまうだろう。そこで、本書がとる戦略は、実作者として「ライトノベル」の渦中にあって、その内部からみえてくる「ライトノベル」のさまざまな面を、時には大まかな「つかみ」として、時にはピンポイントでの「急所」指摘として、一義的には説明できないものとして描き出していく。だから、いわゆる「定義」は本書にはないのだが、その代わりに、実に多くの作品やその具体例が紹介されていく。

こうした本書の戦略は、東浩紀をはじめとして、すでに高い評価を得ているが、「ライトノベル」が日本文化で大きな位置を占めて行くであろう今後、ますます貴重な参照点となることは間違いない、そんな現代文化の歴史的道標なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/03 01:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/20 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/23 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/18 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/31 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/16 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/05 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/25 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/29 01:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/30 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/26 17:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 13:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/04 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/20 04:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む