サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ビッグバン宇宙論 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-539304-9
  • 国内送料無料

紙の本

ビッグバン宇宙論 下

著者 サイモン・シン (著),青木 薫 (訳)

悠久の過去に生まれた宇宙誕生の証拠を探せ−。古代から20世紀に至る天才たちの知的格闘の歴史、壮大なるドラマを描く科学ノンフィクション。下巻では、ビッグバン宇宙vs定常宇宙...

もっと見る

ビッグバン宇宙論 下

1,728(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

悠久の過去に生まれた宇宙誕生の証拠を探せ−。古代から20世紀に至る天才たちの知的格闘の歴史、壮大なるドラマを描く科学ノンフィクション。下巻では、ビッグバン宇宙vs定常宇宙の論争、パラダイム・シフトについて収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

サイモン・シン

略歴
〈サイモン・シン〉1967年イングランド生まれ。ケンブリッジ大学大学院で素粒子物理学の博士号を取得。ジュネーブの研究センター勤務後、テレビ局BBCに転職。著書に「フェルマーの最終定理」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

宇宙の法則はわれわれの存在と矛盾しないものでなければならない

2007/05/29 20:05

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ビックバン説か定常宇宙モデルか。下巻はいよいよビックバン説が宇宙の現象を説明できるものであることを一歩一歩解明していく過程が描かれる。
 いまでは大方に受け入れられているビッグバン説の裏づけにどれほどの時間と論争があったのか。また宗教や政治、イデオロギーなど、実験や観測結果などを飛び越したものがどれだけ左右したのか。そんなことも描かれている。
 この著者は、一貫してビックバンを「宇宙創造」と表現している。ビッグバン以前の宇宙にはいっさいふれてはいない。このことからも「宇宙創造」は「訳」の問題ではなく、著者の姿勢をあらわしているように思われる。
 ところが訳者あとがきでは、このことを「ビックバン以前の宇宙がどうなっていたのかについては、現状、科学的にきちんとした答えはないのだ」ということを印象づけたかったからだろう、と説明。これって本当にそうなのか疑問に思える。
 「創造」という言葉にも、本文の記述にも訳者が理解するような説明はいっさいない。
 ビッグバン説が人々に受け入れられるようになるまでの理論と実践の関係は巧みに描かれているが、この視点が非科学的なようで気になってしかたがなかった。
 最近でも暗黒物質の撮影に成功したりと、宇宙の解明に役立つと思われる観測が続けられている。宇宙や生命、人間を、現実から科学的に説明する努力が続けられている。「創造」などという言葉では、科学的な説明に水をさすことになるだろう。
 読みどころたっぷりの本だったが、この一点だけは同意できず、気になってしかたがなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/03 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/23 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/17 05:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/31 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/08 02:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/26 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/30 16:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/24 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/15 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/23 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 12:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/04 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/27 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

天文読みもの ランキング

天文読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む