サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狂気の偽装 精神科医の臨床報告
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-470102-5
  • 国内送料無料

紙の本

狂気の偽装 精神科医の臨床報告

著者 岩波 明 (著)

現代に増殖を続ける自称「心の病」の患者たち。「うつ病」「アダルトチルドレン」「PTSD」「トラウマ」…。果たしてそれは本当の病なのか? 世に騙られる精神病の、偽りの仮面を...

もっと見る

狂気の偽装 精神科医の臨床報告

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

現代に増殖を続ける自称「心の病」の患者たち。「うつ病」「アダルトチルドレン」「PTSD」「トラウマ」…。果たしてそれは本当の病なのか? 世に騙られる精神病の、偽りの仮面を剝ぐ。現役医師による告発レポート。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岩波 明

略歴
〈岩波明〉1959年横浜市生まれ。東京大学医学部医学科卒業。医学博士。精神保健指定医。東京大学医学部精神医学教室助教授等を経て、埼玉医科大学精神医学教室助教授。著書に「狂気という隣人」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

「精神病」・・・誤解に基づいたり、または取り上げやすい形になったものばかりが紹介される現状を説明すると同時に「ファクト」をわかりやすく紹介

2006/05/24 10:07

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:半可通 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルがセンセーショナルなところがありますが、
決してこの本は「精神病」の一部分を「告発調で」ショーアップ・フレームアップすることを意図したものではありません。
誤解や勉強不足が元になってつけられた「病名」「症状」があきらかにおかしかったり現存しない可能性があるものなどを、問題提起し、きっちり批判しています。
ただ、それだけで終わっている本ではなく、そういったある意味「ウソ」を紹介している人とそれを取り上げているマスコミに警鐘を鳴らすとともに、その影に隠れる形になったいる「本当の病気」をサブタイトルにあるように「精神科医の臨床報告」としてあくまで、自分の診た症例や歴史的な事実などを元に丁寧に記述しています。
例を挙げると
「PTSD」が当てはまる状況は?
「自閉」ってなに?など、
今、巷で取り上げられている病名ひとつとっても、実は本当の意味が伝わっていない、ということがよくわかります。
内容は充実していますが決して難しい本ではありません。
じっくり読み込んでいただいてこの著者の意図するところを少しでも多く汲み取ってもらいたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

精神疾患の正しい姿を冷静に知るのに絶好の書

2006/05/30 23:19

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ふと気が付けば、多くの人が精神病の専門用語を知っている。しかも、自分ももしかしたら特定の病を患っているかもしれないと思う人も沢山いる。およそ、他の分野では考えにくいことだ。

 そのうちの一部の方は実際に精神疾患を患っているかもしれない。しかし、実はそのほとんどはマスコミが事件が起こるたびに面白おかしく精神医学の用語を濫用し、世間に広めてしまっていることに原因がある、と本書は指摘する。

 たとえば、PTSD。この病気は、戦場や災害、事故現場などで悲惨な光景を目の当たりにすることで継続的な精神症状を訴えることだ。ところが、いまやほんの些細な家庭の問題ですらPTSDという言葉で語られてしまったりする。それも、症状が全く異なるような場合にまで応用される。

 似たようなことに、アダルト・チルドレンが挙げられる。これも本来はアルコール依存の親の元で育った子供についてのことだったのに、正しい理解のないまま不必要に範囲が広められ、病本来の姿がゆがめられてしまっている。

 このような現状に対し、臨床医としての立場から冷静に精神疾患がどのようなものなのかということを明らかにしているのが本書である。その過程の中で、世間に誤った形で広められてしまっている上記の説や、誤解されがちな統合失調症、自閉症などの原因について丁寧に追いかけている。

 また、現在進行形で騒がれているゲーム脳についても取り上げられている。

 しかし、マスコミが飛びついていてさも正しいように報道されているとしても誤っていることは多々ある。精神疾患を面白おかしく取り上げ、いいかげんで誤った情報が蔓延する中で、このように冷静な本が出版されたことはとても望ましいことだと思う。センセーショナルな言葉や概念に飛びつく前に、このような本を読んでおくと過ちから逃れやすくなるのではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/27 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/15 03:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/29 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/21 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 18:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/19 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/25 11:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

心理読みもの ランキング

心理読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む