サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

e-hon連携キャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 経済・ビジネスの通販
  4. 経営・ビジネスの通販
  5. 光文社の通販
  6. 技術空洞 VAIO開発現場で見たソニーの凋落の通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 光文社
  • サイズ:19cm/289p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-93379-3

紙の本

技術空洞 VAIO開発現場で見たソニーの凋落 (Kobunsha Paperbacks)

著者 宮崎 琢磨 (著)

数字至上主義、歪んだ成果主義、社内の派閥争いが、ソニーから企業存立の根幹である技術を奪い去ってしまった! ソニーでVAIOの開発に携わった著者が、自身の経験と関係者への取...

もっと見る

技術空洞 VAIO開発現場で見たソニーの凋落 (Kobunsha Paperbacks)

税込 1,047 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

数字至上主義、歪んだ成果主義、社内の派閥争いが、ソニーから企業存立の根幹である技術を奪い去ってしまった! ソニーでVAIOの開発に携わった著者が、自身の経験と関係者への取材から、ソニー凋落の根源を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

宮崎 琢磨

略歴
〈宮崎琢磨〉1972年福岡県生まれ。東京大学教育学部卒業後、ソニーに入社。ITカンパニー等でVAIOの開発に携わる。2005年に退社し、インターネットを使ったソフトウェア事業を手がける。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.0

評価内訳

紙の本

モノづくりの精神と技術が消えた「SONY」を暴く

2006/05/15 14:02

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みち秋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

超優良企業であったソニーが、巨大化した組織の硬直化と経営戦略の失敗(ITビジネスの不成功、次世代TVの出遅れなど)で、世界的巨大企業の凋落してゆく様を鋭く抉る元社員の内部告発書。
モノづくりの中枢である開発設計部門からの告発は、他山の石として多くの教訓と忠告を示唆、ソニーが抱える問題は、同じモノづくりに携わるものとして共感、自戒させられる。
書かれている内容は、第三者から見れば憤まん、怨言など偏見や感情的な面も見受けられるが、世界のソニーがどのような経過を辿り、モノづくりの精神と技術を失って行ったか、経営・開発戦略、組織など広範囲に亘り克明に暴いている。その中には重要な証言も見えてくる。
中でも高い技術と先進性イメージの開発設計部門がハイモデルVAIO(パソコン)で市場制圧すると廉価PCにシフト、売上至上主義に陥り、次世代PCの開発を中止してしまった話、次々と凍結される研究開発の話は驚きである。
これが本当ならば、危機感、チャレンジ精神と技術力を失くしたエレクトロニクスのモノづくり企業としての復活はありえないであろう。
ソニー不振の原因は環境の変化に対応できずにビジネスチャンスを逸したという単純なものではなく、優れた技術力を持ちながら、経営陣がモノづくりのイロハを理解していない事が、経営理念・戦略においてスタッフとの間に深刻な対立が生じ、会社への求心力が失墜していったようだ。しかし本質はもっと深層部にありそうで、自らの職場と照し合わせながらじっくり読んでみたい。
ソニーの現状を見れば、確かに著者の指摘する経営・開発戦略の失敗、社員の士気の低下、自己保身など組織のゆるみが、衰退の主要因のようであるが内部に向けた批判ばかりでなく、家電業界を取巻く国内外の経営環境についても切り込んで欲しかった。
別視点で見ると更に高いハードルが見えてくると思う。
情報・家電製品は開発、設計、生産のノウハウの蓄積なしで商品化できる製品であり熾烈なコスト競争が繰り広げられている。製品の開発は革新的な開発よりも、目の前の開発競争に全力集中して勝ち抜いてゆくことであり、ソニーの企業体質である「自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場」では熾烈な開発競争には勝てない時代になっている。果たしてソニーの企業体質でコスト競争に勝つ商品が生産できるかどうか見直しが必要であろう。
今まであまりにも自由闊達な企業風土により、個人の自由と組織の秩序とのバランスが崩れており、自らの個性を殺してまで会社に忠誠を尽くす社風がなくなっていることに企業経営者も著者も気付いていないようだ。そこに大きな矛盾が生じているように思う。
本書の信頼度50%と仮定してもソニーの大企業病はかなり深刻化しており、復活するには技術依存体質の企業文化を変える程の大変革が必要であろう。
企業風土は創業理念に固執することなく、時代に合わせて変革してゆくことが重要であると思う。ソニーユーザーとして一刻も早い復活を願っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/04 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/25 16:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/18 15:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/05 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/20 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/03 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/20 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。