サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

織田信長破壊と創造(日経ビジネス人文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

織田信長破壊と創造 (日経ビジネス人文庫)

著者 童門 冬二 (著)

破壊者・信長は稀代のビジョナリスト(構想者)だった。物理的・制度的・意識的な壁を破壊し、新しい国を創造した信長。その思想と革新的所業をビジネス的視点から描き出した話題の小...

もっと見る

織田信長破壊と創造 (日経ビジネス人文庫)

905(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

本の通販ストア
日本経済新聞出版社
全品ポイント5倍キャンペーン
こちらは「本の通販ストア 日本経済新聞出版社 全品ポイント5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間

2018年6月11日(月)~2018年6月30日(土)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

破壊者・信長は稀代のビジョナリスト(構想者)だった。物理的・制度的・意識的な壁を破壊し、新しい国を創造した信長。その思想と革新的所業をビジネス的視点から描き出した話題の小説を文庫化。死を賭して日本の改革に挑んだ苛烈なるリーダーの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「信長」(日経BP社 2003年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

信長の事業のほとんどはプロジェクトチーム制で成し遂げられた

2007/08/06 22:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌「日経ビジネス」で連載された小説をまとめた本の文庫版である。ビジネス誌での連載ということもあり、舞台は戦国時代ではあるが、信長が現代ビジネスにも通じる考え方を持っていたことや、当時の政治・経済状況にも踏み込んだ内容になっている。形式は小説ではあるが組織論など、ビジネスを意識して書かれている。信長の一生を描いた歴史小説であると同時に、彼の経済政策やリーダーシップを現代感覚で分析している。
 光秀が本能寺の変を起こす原因となった何らかの感情はわずかな期間に芽生え、爆発的に膨らんだ。信長は彼を短期間に追い詰めた、と著者は考える。信長が「王道から外れた暴君」であるとし、それを武力で誅することは反逆ではない、と光秀は考えた。王道政治を実現したかったのだと。天下統一を目前にして、権力が織田一族へ世襲されることが明らかとなり、光秀はそれが不満だったし、落胆もした。信長も人並みの人物であったと。信長の後継者を自負していたかどうかは不明だが(光秀のほうが年上だが)、使い捨てにされるという危機感もあっただろう。では光秀自身は「信長後」をどうイメージしていたのだろうか?
 本書でも書かれているように、信長の人生を見ると、何度も「もはやこれまで」と覚悟するような危機的な場面があった。それでも信玄、謙信の死といった幸運もあり、包囲網を各個撃破して、少しずつ版図を広げていった。彼はどんなときも決して諦めなかった、落ち込まなかった。そこが他の誰とも違う覇者の精神力ともいうべきものだろう。企業の創業者にも通じる。
 著者に言わせれば天正5年(1577年)から翌年にかけての信長の精神状態は「疑心暗鬼」だったようだ。噂話や風聞が聞こえてくると、「灰色でも黒と思い込む精神状態に追い込まれていた」と。それが荒木村重の謀反を引き起こした。年毎の信長の精神状態を追ってみるのも心理学の研究として面白いかも知れない。
 また、領土が広がっていくに従って、組織も肥大化。天下統一も完成していないのに、部下同士の足の引っ張り合いも始まった。秀吉の出世ぶりを妬む重臣たちもいた。信長に追放される重臣すらいた。そういう状況で本能寺の変は起きた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/09 19:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/09 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日経文庫 ランキング

日経文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む