サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/426p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-40314-X
文庫

紙の本

りら荘事件 (創元推理文庫)

著者 鮎川 哲也 (著)

残り少ない暑中休暇を過ごすべく、秩父の『りら荘』に集まった日本芸術大学の学生たち。一癖も二癖もある個性派揃いである上に各様の愛憎が渦巻き、どことなく波瀾含みの空気が流れて...

もっと見る

りら荘事件 (創元推理文庫)

税込 990 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

残り少ない暑中休暇を過ごすべく、秩父の『りら荘』に集まった日本芸術大学の学生たち。一癖も二癖もある個性派揃いである上に各様の愛憎が渦巻き、どことなく波瀾含みの空気が流れていた。一夜明けて、りら荘を訪れた刑事がある男の死を告げる。屍体の傍らにはスペードのA。対岸の火事と思えたのも束の間、火の粉はりら荘の滞在客に飛んで燃えさかり、カードの数字が大きくなるにつれ犠牲者は増えていく。進退窮まった当局の要請に応じた星影龍三の幕引きや如何?贅を尽くしたトリックと絶妙な叙述に彩られた、純然たるフーダニットの興趣。本格ミステリの巨匠鮎川哲也渾身の逸品。【「BOOK」データベースの商品解説】

スペードのAと共に発見された男の屍体。芸術家の卵たちが夏季休暇を過ごす〈りら荘〉に由木刑事がもたらした変事の報は、続発する殺人事件の先触れだった――。捜査当局が袋小路に迷い込んだ後、颯爽と現れるや美事な幕切れを演出する星影龍三の推理とは。再読三読によって妙味が増す端麗巧緻なギミック、限定状況における犯人捜しの悦楽。超絶技巧の筆さばきをとくとご覧あれ。
鬼貫警部登場の『黒いトランク』と双璧を成す、巨匠鮎川哲也の代表作。解説=佳多山大地【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店岡山店

古き良き名作。別荘り...

ジュンク堂書店岡山店さん

古き良き名作。別荘りら荘で起きる殺人事件。集まった学生たち。
犯人当ても登場人物が少ないからこそいろいろ想像が楽しめます。

今の探偵小説の基盤を丁寧に取り上げた模範的別荘殺人事件。
鮎川先生代表作として「黒いトランク」に続くおすすめ作品です。

文庫担当N

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

閉ざされていない山荘

2013/09/07 09:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:atsu - この投稿者のレビュー一覧を見る

山奥の山荘に集った数名の若者。そのメンバーが次々を殺されていく。その傍らにはトランプのカードが…… 典型的な山荘ものだが、この建物が違うのは、閉じられていないところ、途中メンバーが東京に帰ったり、新しい人物が現れたり。しかし、それが登場人物のアリバイに関わってきて、事件はさらに混迷を増す。
「殺しすぎでしょ?」と引いてしまうほど殺人が起きるが、全て犯人の必要に迫られて起きた理由ある殺人なのだから仕方がない。
 名探偵好きとしては、「いつまでたっても星影龍三が出てこない!」と不満を漏らしたくなるが、その分最後に登場する星影の頼もしさったらない。
 鮎川哲也氏は、江戸川乱歩、横溝正史ら日本ミステリ創始者たちや、島田荘司、有栖川有栖ら、新本格の旗手たちに比べいまひとつ知名度に劣るのだが、今作のような良作ミステリを多数上梓し、創始者らと新本格を繋ぐミッシングリンク的役割を果たした重要な作家である。もっと多くの人に読まれるようになってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怒涛の連即殺人

2018/09/30 18:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

りら荘に宿泊した大学生たちが次々に殺害されていく。クローズドサークルではないのですが、警察の目があろうとなかろうと、次から次へと殺人がおきます。犯人が死体のそばにトランプを置いていく理由や一向に見えてこない犯人の動機が最後に明かされるときは、なるほどと唸らされました。また、読者のミスリードを誘うような表現があり、作中のトリックも相まって見事に騙されました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今では使えないトリックも

2017/01/08 19:15

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

延髄のトリックは、今では使えないね
それと後書きにもありますが、アレがそんなとこに入ってるのも不自然

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/07/15 13:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/29 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/07 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/10 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/04 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/20 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/26 00:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/27 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/24 02:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/06 19:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/14 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。