サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto9周年 ポータルページ ~6/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/266p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011563-0
文庫

紙の本

宇宙嵐のかなた 新装版 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 A.E.ヴァン・ヴォクト (著),浅倉 久志 (訳)

未踏の大星雲での星図作成の任務を果した地球帝国宇宙戦艦スター・クラスター号は、その帰途、謎の亜人類の痕跡を発見した。もしその存在が事実なら、一大発見になる。美貌の女艦長グ...

もっと見る

宇宙嵐のかなた 新装版 (ハヤカワ文庫 SF)

税込 770 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

未踏の大星雲での星図作成の任務を果した地球帝国宇宙戦艦スター・クラスター号は、その帰途、謎の亜人類の痕跡を発見した。もしその存在が事実なら、一大発見になる。美貌の女艦長グロリアは、あらゆる手段をつくして亜人類の惑星の位置をつきとめようと決意した。だが、人類との接触をかたくなに拒否する亜人類の星系連合“五十の太陽”は、艦を破壊すべく二重思考能力者モルトビーを送りこむが…傑作大宇宙ロマン。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

アメリカSF第1期黄金時代の超能力と宇宙冒険のSF

2006/07/22 19:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:萬寿生 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 再販である。確かに学生時代に同じ文庫で読んだ記憶がある。宇宙嵐に遭遇して、巨大宇宙船が小さな自立ユニットに分解し、難を逃れてから再度結合して宇宙船を再構築する。その際主人公とヒロインの乗ったユニットがとある惑星に不時着する。という状況を読んで思い出した。この作者の作品は、科学技術や異星生物についてのアイデアに富み、主人公のおかれた環境設定も複雑で、物語の展開も面白い。アメリカSFの第1期黄金時代の作家の一人という。この時代の作家のSFは今でも面白いと思う。科学技術や想像外の宇宙人の設定はもちろん、主人公の性格や環境、物語の展開も、読み易く面白い。最近のサイバーパンクやニューウェーブ以後のSFには、ついていけない感じがする。この作者の作品のようなものが、本来のSFのような気もする。若い読者には標準的すぎて平凡だと思う人もいるかもしれないが。
 異常な能力を持っておりながら多数派社会から虐げられた立場にある主人公が、その世界の外部からやってきた危機に際して、その仲間と多数派の対立と世界の危機とを調和的に解決する、宇宙冒険物語である。たしかに標準的で平凡な設定である。しかし、それをいかに興味深く面白く読ませられるか、それが作家の力量であろう。これまで読んだこの作者の作品は、長中短編ともにすべて面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お嬢様と銀河帝国

2006/12/30 16:37

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

銀河系を統べる地球帝国は、その版図の中で独立した政権を認めない。各文明間の平和を確保するためには、紛争の種を存在させるわけにはいかないからだ。しかし未踏の大マゼラン星雲において、美貌の女艦長レディ・グロリアの率いる巨大宇宙戦艦スタークラスター号は未知の人類の痕跡を発見する。それは1万5千年前に帝国による弾圧から逃れた人々の末裔だった!
何万年の銀河帝国の歴史を背負い、文明の衝突の口火を切る役割りを、強大な権限をもって爆走する(たぶん)美貌の女艦長、高貴なロール家の令嬢の強烈なキャラクターが物語を支配する。その侵略に対抗してマゼラン星雲の星系連合を守るために、二重の精神を持つ新人類である男が挑む。しかし彼とグロリアには思わぬ運命が待ち構えていた。1940年代の、美女と怪物と宇宙ロケットが乱舞するパルプ雑誌の残香をとどめつつ、地球・人類中心の価値観をヒックリ返し、さらに二重、三重のドンデン返しで、物語は思わぬ方向に向かっていく。
そしてどうやら大団円らしき、ハリウッド映画だったら主人公がウィンクして終わるようなラストシーンとなるのだが、よくよく考えてみるとハッピーエンドなのか、破滅への序曲に過ぎないのか、なんとも言えない気がする。人類の興亡をも危うくする問題は解決されたのだろうか。登場人物達の感情は満足することができたのだろうか。その感情さえも実は発達した心理学により自在にコントロールされうるこの世界では、人にとって何かの依りどころになるのか。そう考えると、何が物語の本当の姿だったのかも分からなくなる。このデタラメさ加減、計算した上なのかもしれないが、混乱を読者の頭に積み上げて残したまま、しかしレディ・グロリアの可愛らしさ(ツンデレ?)に騙されて納得したような、しないような。
宇宙空間での戦闘、宇宙嵐との遭遇、超能力と科学力の対決、ローラーコースター的展開は、ガジェットとしてはややチープな味わいになってしまうかもしれないが、裏の裏が読み切れない複雑さ、核の在り処の揺らいだ曖昧さは、現代においても最速の興奮をもたらすだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/03/17 12:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/23 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/26 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/01 20:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。