サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

レンタルお姉さん
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • サイズ:20cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-492-22270-7
  • 国内送料無料

紙の本

レンタルお姉さん

著者 荒川 龍 (著)

ニートを動かす強さと優しさ。学校にも会社にも行かない若者たちと、手紙・電話・訪問を通して交流し、新たな行動を起こさせようと奮闘する女性たちを描く渾身のルポ。【「BOOK」...

もっと見る

レンタルお姉さん

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ニートを動かす強さと優しさ。学校にも会社にも行かない若者たちと、手紙・電話・訪問を通して交流し、新たな行動を起こさせようと奮闘する女性たちを描く渾身のルポ。【「BOOK」データベースの商品解説】

「言葉ではない何か」を伝え、ニートを動かす強さと優しさ…。学校にも会社にも行かない若者たちと、手紙・電話・訪問を通して交流し、新たな行動を起こさせようと奮闘する「レンタルお姉さん」と呼ばれる女性たちを描くルポ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荒川 龍

略歴
〈荒川龍〉1963年大阪府生まれ。信州大学人文学部在学中に、韓国・延世大学韓国語学堂に1年間留学。週刊誌記者などを経てフリーに。人物ルポを中心に取材・執筆活動を続ける。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.4

評価内訳

元気をもらえた一冊

2006/05/02 19:40

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:永作ファン - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイドル時代からの永作ファンなので、彼女の推薦文を見て手に取りました。仕事とは言え、ニ—トに無視されたり、ときには殴られても、彼らと交流して引き出そうとするレンタルお姉さんたち。すっげぇ情熱とパワーです。●「NO」の中にある「YES」を信じる、なんていう彼女たちの考え方もなるほどなぁと思います。自分もふくめて、人間の気持ちなんて、強気と弱気の間でけっこう揺らいでいるものですし。最後まで読んでみて、永作の推薦文の意味がよくわかりました。●それぞれ試行錯誤しながら、やりがいのある仕事に巡り会えた、レンタルお姉さんたちもカッコイイし、少し羨ましい。元気をもらえた一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/04 21:16

投稿元:ブクログ

分類=社会・引きこもり・ニート。06年5月。(参考)NPO法人ニュースタート事務局→http://www.new-start-jp.org/

2006/08/09 22:29

投稿元:ブクログ

学校に買ってもらった、すすめられて読んだよ。面白かった。こんな取り組みがあるんだなぁ、と。あぁ、でも、私には出来ないなぁ。問題山積みの日本かもしれない。

2007/08/07 13:39

投稿元:ブクログ

ちょっとエッチなタイトルだが、中身は全然エッチじゃない。ひきこもりを社会復帰させるNPOの話。人の話を聞くという自分に足りないものの大切さをおもいしらされました。人の話を上手に聞ける人ってすごいですね。

2008/01/02 21:55

投稿元:ブクログ

「レンタルお姉さん」とは、ニートや引きこもりの人を家から引き出し、社会活動に復活させる仕事をしている人たちを指す。彼女たちの働きには、すごいな、と単純に思わされる。こんな人たちがいて、そんな仕事をしているんだ、ということの理解には役に立つ。そこに出てくる彼女たちは一人一人が魅力的で見習いたいな、と思う。しかし、筆者の書き方だけは最後まであんまり好きになれなかった。レンタルお姉さんとの同行でも何度も指摘されていたけれど、断定口調が多すぎる。そこを除けば、あとは良い作品だと思う。

2008/06/19 23:27

投稿元:ブクログ

ニートやひきこもりの若者を新しい場へとつなげる、レンタルお姉さん(お兄さん)を取材したもの。
ニートやひきこもりの実態を彼女たちの仕事現場から見る。

こんな職業・働き方もあるのだなぁと思いながら読んだ。
印象に残ったのは「NOの中のYES」、「完全なYESもNOもない」、「液体めいたもの」という言葉たち。
確かに人間って気持ちが揺れているときがあって、そういうときは今日は「好き」でも明日は「嫌い」になって、昨日は「NO」でも今日は「YES」になったりする。
そういう、いつも揺れている気持ちたちと向き合っているレンタルお姉さんたちは、揺れるたびに変わる態度や、自分を侵されないための攻撃的な言葉たちに、傷ついたりしないのだろうかと思った。

2010/03/26 09:38

投稿元:ブクログ

この本読むまで、「レンタルお姉さん」という職業は、ニートの家にいきなり訪れて話しをするだけだと思っていた。しかし、レンタルお姉さんは、直接会う前に手紙を何通も送りそのあと電話をしてある程度の交流を行った上で訪問するようだ。訪問してからも、話すだけではなく漫画を貸し借りして話題を探ったり、親に一時的に家から出てもらって強制的に一人暮らしをさせて自立を図るなどの、さまざまな工夫をするのだ。恫喝されたり殴られたりしながら相手のために一生懸命になるレンタルお姉さんは、普通の会社で働いている間には養えない人間力を高めている。

2010/07/04 18:29

投稿元:ブクログ

引きこもりから新しい生活へと引っ張り出す仕事。出てこないなら、こちらから会いに行く。共感と興味と勇気と行動と信じる心・誇り。相手にとっては大きなお節介と思われても、反感を恐れず喜怒哀楽をつむぎだし、社会との接点をつくっていく。人と直接関わることの影響力を教えてくれる。

2010/11/02 14:49

投稿元:ブクログ

面会を拒絶する彼が暴力を振るった負い目で彼は私と話をするだろう、と踏む感覚など、かけひきや会話の描写がおもしろかった

2015/06/12 23:02

投稿元:ブクログ

http://tacbook.hatenablog.com/entry/2015/04/23/194719

児童・青少年 ランキング

児童・青少年のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む