サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 利己的な遺伝子 増補新装版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

利己的な遺伝子 増補新装版
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 87件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 紀伊國屋書店
  • サイズ:20cm/558p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-314-01003-0
  • 国内送料無料

紙の本

利己的な遺伝子 増補新装版

著者 リチャード・ドーキンス (著),日高 敏隆 (ほか訳)

動物や人間社会でみられる親子の対立と保護、雌雄の争い、攻撃やなわばり行動などが、なぜ進化したかを解き明かす。生物観を根底から揺るがす衝撃の書。初刷30年目を記念し、著者自...

もっと見る

利己的な遺伝子 増補新装版

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動物や人間社会でみられる親子の対立と保護、雌雄の争い、攻撃やなわばり行動などが、なぜ進化したかを解き明かす。生物観を根底から揺るがす衝撃の書。初刷30年目を記念し、著者自身による序文などを追加した版の全訳。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

リチャード・ドーキンス

略歴
〈リチャード・ドーキンス〉1941年ナイロビ生まれ。オックスフォード大学卒業。同大学科学啓蒙のためのチャールズ・シソニー講座教授。著書に「延長された表現型」など。2005年シェイクスピア賞受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー87件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

今読んでも古さを全く感じさせない素晴らしい一冊

2006/08/13 23:15

15人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『利己的な遺伝子』がもたらした衝撃はとても一言では語りつくせないのではなかろうか。というのは、本書ほど徹底して生物の戦略が自分自身の遺伝子を広めようとすることに帰結するという視点に基づいた本がなかったことによる。
 そんなことは無い、と反論があるかもしれない。しかし、その反論は当たらない。たとえば、コンラート・ローレンツの古典的名著『攻撃 悪の自然誌』では一見すると生物の戦略が自分自身の遺伝子を広めようとすることを説明しているように見える。だが、ローレンツが想定しているのは、あくまで”種として最適な遺伝子を残す”ための行動である。
 などと言われると、その差が分かりにくくなってしまうかもしれない。簡単に言ってしまうと、ドーキンスの指摘する遺伝子の利己的な振る舞いとは、種全体のことなど全く考慮に入れず、それどころか、種全体がどうなろうとも構わずに自分自身の持つ遺伝子だけを後世に伝えるために冷徹なまでに合理的なあり方を言うのである。
 本書が出版当初から注目されたのは、そんな意外な視点を提供しているからだけではない。利己的な振る舞いの背後にある数理的な有利さを、数式を全く使わずに分かりやすく説明しているところにこそ、その真価があると思う。その価値は現在に至ってもいささかも損なわれていないだろう。
 もう一点、無視し得ないのは、数理的な説明と生物界で実際に見られる豊富な実例との絶妙なバランスである。
 数理的な説明では、なぜこの世が助け合いだけでは成り立っておらず、お人よし(常に恩恵を施す)と一定数のワガママ者(恩恵を受けても返さない)、そして常識人(こちらからは不義理をしないが、相手から恩恵を返されなければ報復する)が入り混じるのかを解き明かしている。単純な算術的前提とは思えないほど、現実を上手く説明しているのに驚かされる。
 豊富な実例では、たとえば生物の化学進化やチスイコウモリの助け合い、アリやハチのような社会的昆虫の生態、カッコウのような托卵する鳥類の生態など、読むだけでも面白い事実が目白押しに現れる。利己的な遺伝子云々を置いておくとしても読む価値がある。
 それまでの印象を根底から覆すような説を、専門知識を持たない者が読んでも面白く書けるというのは容易なことではない。本書は稀有な例といっても過言はあるまい。ちょっとでも興味を惹かれた方は、読んで絶対に損は無いと断言できる名著。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これを読んだら頭が良くなりますね

2015/09/28 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねったいぎょ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自然科学分野の知識が少ない私には難しすぎる本ですが、読んでいたら頭が良くなるような錯覚にとらわれます。理解できないところは飛ばしながら、なんとか読み進めています。人が生きる意味について、科学のアプローチから考えているのがすごいです。すごい本だということは、私でも理解できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

生物は遺伝子の乗り物?

2015/10/01 22:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Ottoさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

遺伝子に意識があるような題名
生物が子孫を残そうと生存競争をしているように見えているが、実は遺伝子が、自己の複製を広めるために、生物を操っているという内容。
にわかには信じられないが、このように考えることで説明できることが多いらしい。

初版のあと、竹内久美子さんなど、この考えに基づいた本がたくさん書かれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古典になった

2015/08/22 06:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:depo - この投稿者のレビュー一覧を見る

遺伝子至上主義?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/21 08:16

投稿元:ブクログ

どこでも人気の動物たちの生態がちりばめられた昔の啓蒙書。ジーン・ミームという言葉もすでに人口に膾炙して久しいので「昔の」としてみたが、考え方に転換を求めていく姿勢がいまでも素敵。数式がなく比喩類推が多いので少し不安にさせられた。

2007/05/30 15:05

投稿元:ブクログ

 人間の行動の一つ一つが遺伝子によって決定されているといってもかごではありません。
 種を超えた子育てなどの美談で一見遺伝子は関係のないように思えても、実はそれが遺伝子にとってもっとも利己的な場合もある、英語と日本語で利己的という部分の違いのため、誤解されているようです。

2007/12/07 15:57

投稿元:ブクログ

高校時代に読んで、天地がひっくり返るような衝撃を受けた本。第五回コスモス国際賞。
「われわれは遺伝子という名の利己的な存在を生き残らせるべく盲目的にプログラムされたロボットなのだ」

2007/07/05 06:08

投稿元:ブクログ

生物を、遺伝子(自己複製子)の保存という究極目的のために自然淘汰(自然選択)されてきたとする。
表向きには利他的に見える行動も、自己の遺伝子の保存(つまり遺伝子が生き残る)という利己的目標が根底にあるとする。

2006/11/19 02:23

投稿元:ブクログ

【概要など】遺伝子の話。大学の英語の教科書として使われ、面白かったので読んでみた。
【面白い!という点】生物は「遺伝子の乗り物」であるという見解が面白い。
【こんな人にお勧め】考えさせられたい人。知的にびっくりしたい人

2010/08/24 23:19

投稿元:ブクログ

 動物の中で見られる利他的行動などは、遺伝子の働きであって、それは、遺伝子が自らを残すために誘発した行動だとした。読み応えのある本ではあるが、平易な言葉遣いであり、調査手法や論理的な思考はかなり参考になる。理系の人以外にも薦めたい本。

2009/12/26 17:50

投稿元:ブクログ

初版刊行から30周年記念ということで新装丁+新序文/書評が追加されたものです。前版を読んだのはすでに10年ほど前。その前版はいまだに書棚にも置いてあるのですが、素敵な装丁(前の版はひどい)と再読するきっかけにと思い購入してしまいました。

再読した今でも、10年前読んだときに感じた説得力は色褪せていません。30年前の初版よりこの方、分野を超えて多くの人と研究に影響を与えたことと思います。
世代間の争い(8章)や雄と雌の争い(9章)を通して、遺伝子こそが淘汰の単位であるということについて真に説得力のある鋭い論理展開がされています。そこで築かれた説得力の上で最後の章(13章)においてあらためて確認されているテーゼ、「進化において自己複製子たる遺伝子こそが主役であり、われわれを含む生物個体は単にその乗り物(ヴィークル)にすぎない」という結論は、当初受け入れがたいながらも反論すべくもなく軽い衝撃を受けたものでした。しかし10年を経てその結論はかえって心地よいものにもなっています。それは真実を知っていると信じることができることの心地よさなのかもしれません。

『延長された表現型』もいつか読まないとな、と改めて思いました。

星5つ

2010/10/07 07:30

投稿元:ブクログ

日高先生の翻訳だったとは!知らなかった。読むの楽しみ。(2010.10.7登録)

登録してからかなり時間がたったがようやく読み終わった。(2011.4.18)
生物学の古典とも呼ばれる名著だし、好きな分野なので期待していたのだが…。
中身は非常に面白いが、いかんせん翻訳が読みにくい。
そしてドーキンスの文章は、少々くどい。同じ話がこれでもかというほど繰り返し説明される。改訂版が出されるたびの序文や、びっくりするような大量の補注。もともと30年以上前に著された本であるから、新しい学術論などが出てきて現実に即さない部分もあるというのも理解できるし、できるだけわかりやすくという思いからなのだろうが、懇切丁寧というか、ちょっとくどすぎの感もある。ひょっとして著者は粘着気質?とも思いたくなるほど。

ということで、本当に面白くて興味深い、私の大好きな類の話ではあったのだけれど、★3つにしておきます。

2010/08/26 02:06

投稿元:ブクログ

 <遺伝子>を単位として進化を考えることを教えてくれる本。あまりに完成度の高い文章と理論は、読むものを引きずりこまずにはいられません。そして、理論の証拠として出される事例も豊富かつおもしろい。
 生物学の魅力を十分伝える本だといえます。

2007/07/19 07:19

投稿元:ブクログ

所謂名著。しかしその名に恥じない。
何より、随所に散りばめられたユーモアが読み手を飽きさせない。この様な芸当に、何かを伝えようとするscientistの熱意と、それを可能たらしむる才能とを同時に見る事が出来る。

2007/12/24 02:16

投稿元:ブクログ

生命科学を専攻しておきながら3年のこの時期になってようやく読み終わった。

生物系のバイブルとまで言われている一冊。

今更説明するまでもなく有名な一冊です。

最後の12、13章が読みにくかった。

翻訳のせいだろうか…


所詮、我々の体は遺伝子の入れ物でしかなく、自分自身の遺伝子をより多く残すために利己的に振舞うといったことを説明したドーキンス。

今読んでも衝撃的な内容である。
発表当時どれだけ衝撃であったかは想像に難くない。

生物・生命読みもの ランキング

生物・生命読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む