サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神様のパズル(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 155件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7584-3233-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神様のパズル (ハルキ文庫)

著者 機本 伸司 (著)

留年寸前の僕が担当教授から命じられたのは、不登校の女子学生・穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとの無理難題だった。天才さゆえに大学側も持て余し気味という穂瑞。だが、究極の...

もっと見る

神様のパズル (ハルキ文庫)

734(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

留年寸前の僕が担当教授から命じられたのは、不登校の女子学生・穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとの無理難題だった。天才さゆえに大学側も持て余し気味という穂瑞。だが、究極の疑問「宇宙を作ることはできるのか?」をぶつけてみたところ、なんと彼女は、ゼミに現れたのだ。僕は穂瑞と同じチームで、宇宙が作れることを立証しなければならないことになるのだが…。第三回小松左京賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【小松左京賞(第3回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー155件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

発想はとてもユニークだと思うが

2008/04/13 15:24

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 未熟な人間が周りに翻弄され道を見失いながらも、友人を得ることによって新しい生き方を見つける物語。この作品は最終的にそんな風に読めばよいのではないだろうか。

 新しい基礎理論に基づいたSFと見るには、肝心の新理論は知っている理論をバラバラにしてつなぎ合わせた違和感を感じる。また、何の脈絡もなく新興宗教が出てきたが、それに対する解決は何も呈示されないのはいかがなものか。
 物語の柱の一つに、宇宙が人間に作れるか否かをディベートするという部分があるが、物理の議論にディベートが適しているかどうかは疑問だ。科学の科学たるゆえんは再現性、すなわち、誰が行ったとしても、同じ条件ならば同じ事象が発生する、ということにある。ゆえに、議論するまでもなく、人間が答えを知っているかどうかは別として、命題に対する答えは既に定まっているはずだ。
 一方で、ディベートは議論によって勝敗を決定する。この勝敗は、往々にして参加者の質の高さによって決定される。図らずも作中で主人公の一人が述べているように、言い負かせば勝利を得られるのだ。これは科学的なアプローチとは呼べないだろう。

 色々と述べてしまったが、素粒子論という題材で作品が作られているのは、とても嬉しい。もし、研究者のリアルを追求しようと思うなら、もう少し実地取材をした方が良いとは思うが…。作者に対する最終判断はもう少し先延ばしにしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

知りすぎた少女

2008/06/06 22:52

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Living Yellow - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『ゼブラーマン』で哀川翔氏に着ぐるみを自作させた三池崇史監督が、今度は『カナリア』の谷村美月さんに宇宙を自作させる。それを見守る『リリィ・シュシュのすべての』(岩井俊二監督)の市原隼人くん。『相棒』映画版ですっかり涙目になった、その目に本作を原作にした映画のチラシが飛び込んできた。読まねば、読まねば。と本書を手にとった。読みやすい。著者あとがきで述べられているように『セックスとバイオレンス』は皆無。しかし空想科学的『愛と暴力』に満ちた佳作である。

 肝心のしかけとなる仮説抜きにすいすい読めてしまう、というのは例えばホーガン、イーガンがお好きな方にはむしろ欠点だろう。しかし本書は小松左京賞の名に恥じぬ、真面目な大ボラ青春小説である。

『日本アパッチ族』以来の小松左京氏の営為は、「今、この人間社会に、何かを投げ込んだら(引き抜いたら)、どうなる?」という人間社会を実験室を見立てた作品群を軸にするとわかりやすい。『地には平和を』(日本がもしあの戦争を続けていたら?)、『紙か髪か』(紙が使えなくなったら?)、『こちらニッポン…』(世界から大多数の人間がいなくなったら?)などなど。氏に限らず、SFの基本要素ともいえるが、この「代入」の手つきの巧みさ、そこから繰り出される「大ボラ」の展開の大きさは世界的に見ても、氏の上を行く書き手はそうはいないだろう。

 本作品も、そんな、小松左京氏を源とする「果てしなき流れの果て」に位置づけることができるのではないだろうか?
 「もし宇宙の作り方がわかっちゃったら?屈折した天才美少女に?」

 ただ。「大きな物語」の終焉というのはやはりSFにおいても他人事ではないようだ。「ホラ」の大きさに若干の不満が残った。もっと大風呂敷を広げてほしいという思いは、やはり世代的なものだろうか。
 
 でも「セカイ」とくくって、いきなり説明をすっ飛ばしてインナースペースを拡げられるよりも。巨大研究施設の中での田植や、私立理系の就職活動を描きつつ、郊外のキャンパスで営まれる、本書のような「青春物語」の方に惹かれる。「セカイ系」の実写映画が少ないのも、そんな描写における「愚直さ」の欠如と関わりがあるのかもしれない。

 継ぐのは誰か?
 小松左京氏の全集は城西国際大学出版会から刊行中である。
 最後に一つだけ。

 水谷豊氏演じる『相棒』の主役は。杉下右京氏である。
 いや、ちょっと言ってみたかったもので。
 失礼しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「宇宙を作る」というテーマを軸にもってきているものの、このラノベ調っぽいキュートな表紙と青春モノっぽい物語運びのせいで、ガチガチの「科学モノ」小説にならずにすんでいる。

2008/09/27 00:09

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第三回小松左京賞受賞作。
K大学理学部物理学科の4回生の主人公、綿貫基一(通称ワタさん)は、絶体絶命留年寸前。
そんな彼が担当教授から命じられたのは、飛び級の特例で16歳で大学4回生である、超天才科学少女(おまけに美少女)穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとのお達しだった。
ちょっとでも教授の心象をよくしようと彼女の家に足を運んだ綿貫は、なんとか穂瑞をゼミに連れ出すことに成功。けれど、何故か「宇宙を作ることはできるのか?」という究極の疑問を巡って、穂瑞とチームを組んでディベートに挑むハメになってしまった。


「宇宙を作る」というテーマを軸にもってきているものの、このラノベ調っぽいキュートな表紙と青春モノっぽい物語運びのせいで、ガチガチの「科学モノ」小説にならずにすんでいる。
キャラクターが実にユニークなところも、ポイントが高いんでないんだろうか。
主人公の綿貫は、徹底したダメダメキャラなのだけど、人が良い。なので、留年寸前の一大事の時期に、何故か田植えのボランティアをしていたりする。そして「宇宙を作ることはできない」と思っているはずが、1人反対派にまわった穂瑞をほっておけず、彼女とチームを組むハメになる。本当に好きな相手とは益々距離があいていて、お寒い状況。
そして、ヒロイン穂瑞沙羅華。精子バンクを利用して優秀な遺伝子を求めた母親の思惑通り、人口受精で生まれた彼女は超天才児。見かけの可愛さと違って、一言喋ればかなり博士口調。「ワタさん。君は何も理解していない」。16歳の少女にそうまで言われてしまう綿貫の情けなさ加減がまたおもしろい。
正直、宇宙をつくる、という過程で行なわれるディベートに関しての部分は、半分分かったような分からないような程度。科学系に強い人なら、「おお、すごい」となる仮説なのかもしれないけれど、無知識の人間にとっては、内容を把握するだけで精一杯。
だけど、「宇宙をつくる」という究極の謎と同時進行して、穂瑞沙羅華たちの物語も進んでいるので、ちゃんと話を飲み込めていけるようになっている。
逆に、究極の疑問に関しての考察部分をディベート形式にしたことによって、ダメダメ綿貫の「どういうこと?」「よく理解できないんだけど」といったような疑問が、直接読者側のセリフとシンクロする。だから、普通ならもっと難しい科学知識も、意外とすんなりと頭に入ってきたのではないでしょうか。
「宇宙をつくる」。普通に生きてきて疑問にも思っていなかったこと。
私はたぶんこの本を読んでも今後も別に深く考えることはないだろうけど、いつかその謎が完璧に解明できる日が来るんでしょうかね。

ちなみに、最近映画化もされたけれど、内容は少し違っているみたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/07/21 14:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/13 08:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/22 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/30 03:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/14 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/22 01:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/13 13:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/23 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/23 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/19 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/01 08:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/29 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る