サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. εに誓って 森ミステリィ、驚嘆の美技

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

εに誓って 森ミステリィ、驚嘆の美技(講談社ノベルス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 105件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/289p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182485-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

εに誓って 森ミステリィ、驚嘆の美技 (講談社ノベルス Gシリーズ)

著者 森 博嗣 (著)

山吹早月と加部谷恵美が乗車していた東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には《εに誓って...

もっと見る

εに誓って 森ミステリィ、驚嘆の美技 (講談社ノベルス Gシリーズ)

950(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

山吹早月と加部谷恵美が乗車していた東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には《εに誓って》という名前の謎の団体客が。《φは壊れたね》から続く不可思議な事件の連鎖を解く鍵を西之園萌絵らは見出すことができるのか?最高潮Gシリーズ第4弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

山吹早月と加部谷恵美が乗車していた高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には「εに誓って」という名前の謎の団体客が…。森ミステリィ、Gシリーズ第4弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

森 博嗣

略歴
〈森博嗣〉著書に「すべてがFになる」「黒猫の三角」「Φは壊れたね」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー105件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

森博嗣は21世紀の赤川次郎です、って言ったら、お二人はどんな気持ちでしょうか。マンネリズムの心地よさ・・・

2006/07/07 20:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

お馴染みのシリーズなので、新鮮味はありませんが、安心して読むことができることだけは断言できます。今回はバスジャックが核にあります。ただし、外部との連絡、具体的にいえば携帯電話による通話が許されるという奇妙な状況なので、サスペンス溢れるというよりは、何故ということへの興味が大きいです。
《Φは壊れたね》《θは遊んでくれたよ》《τになるまで待って》に続く第4弾ということですから、登場人物も今までと変ることはありません。巻頭の登場人物一覧も、殆ど意味がない、そんな気がします。基本的には西之園萌絵、国枝桃子、犀川創平を軸に、山吹早月と加部谷恵美、海月及介、赤柳初朗だけで充分でしょう。
カバーから引用をしますと
    山吹早月と加部谷恵美が乗車していた
東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。
 犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという
     声明を出していた。乗客名簿には
   《εに誓って》という名前の謎の団体客が。
 《Φは壊れたね》不可思議な事件の連鎖を解く鍵を
   西之園萌絵らは見出すことができるのか?
      最高潮Gシリーズ第4弾!
カバー折り返しには
「覗いているよ、あそこから。
ずっと隠れて見張っているね。
出てこない死に神のファンクション。
ハートと振り子のオークション。
「買いましょう、ベラスケス」
「どうぞご自由に、ファン・アイク」
とあります。
データ的なことですが、装幀関係は
    カバーデザイン=坂野公一(welle design)
フォントディレクション=紺野慎一(凸版印刷)
    ブックデザイン=熊谷博人・釜津典久
目次は
プロローグ
第1章 悲しみの始まり
第2章 悲しみの連なり
第3章 悲しみの広がり
第4章 悲しみの高まり
第5章 悲しみの静まり
エピローグ
となっています。
メインの仕掛け、多分、ミステリ好きなら途中でなんとなく気付きます。どう落とすかな、そうかやっぱりな、そういう感じです。むしろ、このシリーズ全体にさらに大きな仕掛けがあるんだろうな、それが殆ど不要とも思われる海月及介の存在に繋がっていくんだろうな、そんな気がしています。凄さは感じませんが、ま、21世紀の赤川次郎かな、なんて思ったりもして・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ん?トリック??犯人???

2006/06/15 17:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういったトリックの仕掛け方、ってのは森ミステリィでも初ではないだろうか。しかし「ええっ!?」といった感じではなく、「えーー・・・?」な読後感。バスジャックを扱った本作品であるが、当然思いつく、とあるトリック。基本的に、その予想通りであったのだけど。でも、そのトリックを仕掛けたのが・・・。
大体ハイジャックものやバスジャックものなどは、そのスピード感を大事にするもの。そして時限爆弾のようなタイムリミット!が読み手をハラハラさせる物だが。本著ではそれはほぼ、無いw。バスは高速道路を走るが60キロにスピードは抑えられ、犯人もあくまでも冷静に低姿勢だったりする。乗客も騒ぐ事無く、静かに物語りは進む。乗客はみな寝ていたりするのだが、正直読んでるこちらも眠くなったw。
今回も10作完結となるのだろう。これまでは全作を通した壮大なトリックが一発隠されていると言うのが、森ミステリのシリーズ。今回のシリーズもその隠された壮大なトリックに期待して、個々のトリックやストーリはその部分でしかないのだと理解すべきかもしれない。それに、真賀田四季が絡んで来るのは間違い無いようだ。真の天才がきっとまた、読者を驚愕の世界に連れて行ってくれると信じよう。そうすれば・・・少なくとも「期待感」は持った読後を味わえると思う。この一作を持って評価しよう、というのがそもそも間違いなのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/16 21:34

投稿元:ブクログ

バスジャックに遭遇する話。
残念ながらGシリーズ4作中一番トリックがよろしくない。
他の部分(キャラの会話など)は相変わらず楽しいです。

2006/09/13 11:47

投稿元:ブクログ

山吹早月と加部谷恵美が乗車していた東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には《εに誓って》という名前の謎の団体客が。《φは壊れたね》から続く不可思議な事件の連鎖を解く鍵を西之園萌絵らは見出すことができるのか?最高潮Gシリーズ第4弾。
【感想】
http://blog.livedoor.jp/nahomaru/archives/50691911.html

2006/08/27 15:43

投稿元:ブクログ

バスジャックネタでなかなか楽しめますが、ギリシャ文字シリーズはなんか無理やりギリシャ文字を使ってる感があって、ちょっとイマイチ好きになれない・・。前シリーズのように繋がっていけば面白くなるのかな?

2006/11/04 23:13

投稿元:ブクログ

「なにもかもが、止まってしまって、それが宇宙の最後。
生きものが生きているのって、つまり高いところから転がって、低いところへ行くようなもの、その途中なんだ。
いつかは行き着いてしまって、
止まるんだよ。
みんな止まってしまうんだよ。
死んでしまえば、
涙も出ない。
そういうことなんだ。
感じなくなる。
自分が惨めだとか、悲しいとか、寂しいとか、
感じなくなれるんだ。
早くそのスイッチを切らなくちゃ。」
文章やっぱ好きだなぁ。
海月君と犀川先生が好きキャラ。
山吹君も良いけどね。
そう来たかッ!!!とハラハラの後。

2007/03/29 00:58

投稿元:ブクログ

夜行バスに乗る数日前に読んだので、ちょっとリアルに怖かった(笑)。お姉さんには叱られると思うよ>山吹さん。

2006/05/23 22:10

投稿元:ブクログ

森博嗣氏の最新刊。Gシリーズ4作目。バスジャック、というのが森氏の作品にしてはミステリィっぽい設定だなあと思ったのですが、やっぱり素直にオチる訳はなく(笑)でも面白いです。
森氏の作品の中ではさらっと読める気がします。

2007/07/08 18:29

投稿元:ブクログ

最後にひっくり返す書き方は、推理する側としてはちょっとずるい・・・と感じますね。

「Φ」「θ」「τ」と続いて「ε」。
ギリシャ文字の謎が気になりますが、この事件でもギリシャ文字の秘密や一連の関係性にも触れられません。

一つの事件として物語は完結します。

2006/05/22 20:59

投稿元:ブクログ

Gシリーズ第4弾。
出だしがなかなかいい感じだったんだけど、今回は微妙な感じがした。
レタスフライを読んだので赤柳の行動に興味津々ではいましたが。
海月くんの正体も気になる所。
今後の展開に期待です。

2006/05/30 22:37

投稿元:ブクログ

今回も素直に引っかかってしまいました。段々色々な謎が深まってきましたね。
国枝先生がなかなかいい味でした。

2006/07/20 21:28

投稿元:ブクログ

なんだか,よく解りません。読み返す気にもなれないし。Gシリーズはまだ続くようで,次は『λに歯がない』だそうですが・・・。

2006/05/13 15:21

投稿元:ブクログ

トリックを仕掛けたのは誰か。
果たして騙されたの誰か。
意外な、でも少し気楽に読める。
そんな森ミステリ。

2006/05/15 14:24

投稿元:ブクログ

山吹早月と加部谷恵美が乗車していた東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には《εに誓って》という名前の謎の団体客が。
《φは壊れたね》から続く不可思議な事件の連鎖を解く鍵を西之園萌絵らは見出すことができるのか?
最高潮Gシリーズ第4弾!

2006/05/20 22:44

投稿元:ブクログ

06/05/20読了★なんかちょっと肩すかしな感じ…。なんだろうつかみ所がないっていうのかな。わざとなのかも知れないけれど。このシリーズはS&Mおよび四季を読んでないと(更に好きじゃないと)面白さが半減します。

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む