サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 漫画・コミックの通販
  4. 講談社の通販
  5. シリウスKCの通販
  6. 怪物王女(シリウスKC) 20巻セットの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料

紙の本

怪物王女(シリウスKC) 20巻セット

著者 光永康則

怪物王女(シリウスKC) 20巻セット

税込 11,967 108pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

勇ましきかな次期女王陛下

2008/05/18 02:42

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:牛久保 - この投稿者のレビュー一覧を見る

キッカケは三鷹のTSUTAYAで新刊が出ていたのを見て、カバーイラストが今時めずらしくクラシカルな絵柄でダークなファンタジーなのか?
と、思い購入しぽつぽつ読んでいたのですが。。。シンプルに見えて実は細部にまで凝っていて面白い話、絵を描く人だなあ。と感じました。

設定としては、主人公のヒロくん(日和見日郎)異世界?からきた怪物を束ねる王族の一人である『姫』に『認められる所』から始まります。
なぜ、『見初められる』ではなく『認められる』のかはおそらく姫はヒロに対して恋愛感情を持っていないのだと思うからです。
出会い方も特殊で二人は病院の霊安室で出会います。
と、いうか『姫』が『ヒロ』を『見付ける』んです。
そこから波瀾万丈のストーリーが始まる訳ですが、“怪物王女”である姫との『契約』で不死身になったヒロは日常と非日常とを往復する生活が始まります。
初めはひ弱だったヒロが回を重ねるにつれ、成長し『姫を護る契約』と自分の想いを姫に届けようと全力で戦闘を果たそうと奮闘する姿は魅力的です。
しかし、姫は『契約で得た不死身のガーディアン』ことヒロを凌ぐ強さで様々な敵と戦います。
でもピンチの時はヒロが必ず姫を護ります。『姫』は普通の人間と同じく『不死身ではない』ので『守護者』がイザというときは大活躍です。

元来、「お姫様」と言うとヒーローに護ってもらう物語が多い中。
戦陣きって常に冷静で敵の情報を集め、徹底的にとどめを刺す、こんな勇敢で勇ましい姫のキャラクターは読んでいてとても魅力的です。
その他のキャラもきちんと個性があって解りやすいです。
しかし、血の描写が結構多いため読む人を限定させてしまうのではないかという。。。心配もありますが。わたしは好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。