サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】「hontoブックツリーでつながる ミステリ“この一冊”」ポイント5倍キャンペーン ~11/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

百万の手(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 70件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/397p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-46201-4
文庫

紙の本

百万の手 (創元推理文庫)

著者 畠中 恵 (著)

僕、音村夏貴はときどき過呼吸の発作を起こす十四歳。ある日、親友の正哉が目の前で焼死してしまった。どうして…。悲しみにくれる僕の耳に、慣れ親しんだ声が聞こえてきた。死んだは...

もっと見る

百万の手 (創元推理文庫)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕、音村夏貴はときどき過呼吸の発作を起こす十四歳。ある日、親友の正哉が目の前で焼死してしまった。どうして…。悲しみにくれる僕の耳に、慣れ親しんだ声が聞こえてきた。死んだはずの正哉が携帯から語りかけてきたんだ!あの火事は不審火だった!?真相を探るために僕は正哉と動き出す。少年の繊細な心の煌めきを見事に描いた青春ファンタスティック・ミステリの傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

僕、音村夏貴はときどき過呼吸の発作を起こす十四歳。親友の正哉が目の前で焼死したときもそう。どうして……。悲しみにくれる僕の耳に、慣れ親しんだ声が聞こてくえる。死んだはずの正哉が携帯電話から語りかけてきたんだ! 巻き込まれた火事は不審火!?真相を探るために僕は正哉と動き出す。少年の繊細な心の煌めきを見事に描いた青春ファンタスティック・ミステリの傑作! 《しゃばけ》シリーズの著者、初の現代小説。解説=坂木司【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー70件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

前半と後半でまるで違う物語

2019/09/17 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しょうちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初は主人公の母親が気持ち悪くて、どうにも物語に入り込めませんでした…。
毒親とも違うし、子どもに依存しているにしても不気味すぎる…。

けれど、放火犯の話から一転、二転するうちに、主人公にそういう事情があったのかとわかった途端、母親の気持ちがわからなくもないと思い、そこからは物語を読む手が止まりませんでした。

再婚相手も、最初は偏見を持ってみていましたが…ただ粗野なだけで、根は良い人だったし、主人公との掛け合いも楽しかった。

とはいえ、せっかく携帯に残った親友の魂がどうなったのか、、、
事件に巻き込まれた女の子はどうなったのか…

その2点が曖昧なままで、物語が前半と後半でブツ切りにされたような感じは否めませんでした。

変に親友の魂の後日談を描き、「じつはここに生き残ってました」となるのは蛇足感がありすぎますが…なんか、気持ちが置いてけぼりにされた気がします。

そこだけが不満だったかな。

書かれた時代背景は2000年代前半なので、今の時代とは合わない部分もありますが、それでも作者の警鐘は胸に響くように思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

畠中作品でやる事じゃない

2017/03/03 16:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者名を表記されなければ畠中さんの作品とは気付かなかったかもしれない。それくらいに畠中作品としては異色。でも作品としてはありきたりでもある。いい点は主人公の継父。なかなかいいキャラクターした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/13 23:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/20 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/12 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/25 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/08 01:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/28 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/19 18:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/07 08:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/21 20:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/23 22:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/08 20:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/01 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/05 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。