サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1129-30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/319p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011566-4
文庫

紙の本

砂漠の惑星 新装版 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 スタニスワフ・レム (著),飯田 規和 (訳)

6年前に消息をたった宇宙巡洋艦コンドル号捜索のため“砂漠の惑星”に降り立った無敵号が発見したのは、無残に傾きそそりたつ変わり果てた船体だった。生存者なし。攻撃を受けた形跡...

もっと見る

砂漠の惑星 新装版 (ハヤカワ文庫 SF)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

6年前に消息をたった宇宙巡洋艦コンドル号捜索のため“砂漠の惑星”に降り立った無敵号が発見したのは、無残に傾きそそりたつ変わり果てた船体だった。生存者なし。攻撃を受けた形跡はなく、防御機能もそのまま残され、ただ船内だけが驚くべき混乱状態にあった。果てなく続く風紋、死と荒廃の風の吹き抜ける奇怪な“都市”、貞察機を襲う“黒雲”、そして金属の“植物”…探検隊はこの謎に満ちた異星の探査を続けるが。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

知の砂漠、思索の惑星

2007/04/12 01:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

レムによる未知の知生体との接触を書いた3部作の最後の作品。執筆順序は『エデン』 、『ソラリス』そして本書となる。6年前に消息を絶ってしまったコンドル号捜索のため、無敵号が砂漠の惑星へと向かうところから始まる。序盤の惑星探査場面から、調査隊がが隊長の判断により慎重な行動をとるため、「未知の危険」への緊張感はいやでも高まるというもの。それでなくても『ソラリス』のあの圧倒的迫力を思い起こせば、こちらではいったいどんな存在をレムが考え出したのか。
さて、いつまでも惑星の軌道上からの調査というわけにも行かず、現地調査となるわけだが、ロハンはじめとする調査隊の面々が見つけたのは奇怪な建造物のようなものと、真っ黒い雲だ。これらが結果的にどんな存在であったかは省くが、こちらと比較するとエデンに登場する複合生命体はなんとか意思の疎通がとれそうな気がしてくるほどである。
邦題は『砂漠の惑星』だが、現代は『無敵』。ロハンたちの乗る宇宙船も無敵号という名前だ。無敵号はおよそありとあらゆる場面に対応し、まさに無敵を誇る装備を搭載していたはずだったが、選び抜かれた宇宙飛行士たちの頭脳と、その設備をもってしても何故石鹸に歯型がついていたのか、明確な回答は得られない。何故、それが起こったのか。解説で上遠野浩平が語っているとおり、これは重大なものが破壊された結果である。無敵号が搭載している設備では、おそらくえることのできない結果だろう。破壊されてしまったのは人間性と記憶そのものであるからだ。人間性が含まれた記憶そのものと言ったほうが正確かもしれないが、ともかく結果として「破壊」されたしまった。
人間が作り上げた枠組みを超えた概念と存在を持ち込むことで、レムは人間を否定する。そして、否定は悲観ではない。万能戦車が持つ究極の破壊力は、現実世界が持つ武力の無意味さだ。現に戦車の持つ砲撃は黒雲には全く通用しない。砂漠の惑星がにより破壊される人間、そして類似性の欠如から諦めざるをえない相互理解だが、これは現実に人間が必要としていることではないだろうか。人間が持っているものの無意味さを再認識し、それらを手放した上での行動と決断を求めているように思う。
終盤、行方不明者の捜索に単身乗り出すロハンだが、彼に反応する存在たち。知性を持った海よりも、無機質でまさに乾いた砂漠のようなその存在の意図はわからず、理解するすべもない。無敵の名を冠するはずの宇宙船ですら、さじを投げる。『ソラリス』では人間の感情が入り込んでいたが、本書ではそれすらもなく無常観あふれる現実と宇宙への達観がある。しかし、これは決して諦念ではない。ロハンの決断と行動は人間性の証明である。既存概念の破壊、そして再構築。破壊されることも無駄な行動も、決して無意味ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さようなら——幾度にもわたる分割や侵犯にさらされた国に生まれ、「圏外」における「認知」を超えたものの存在を書き切った巨人よ。さようなら。

2006/08/17 13:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あっけに取られ、ぽかんとしたまま本当にあんぐりと口を開け、その開いた口がしばらくふさがらなかった。「こんなことって、あり?」と驚かされる小説の場面というものは、それこそ今までに何度もあったけれども、ここまでの水準のものはあっただろうか。
 本の半ば過ぎ、第6章であった。老機械工といった風采の生物学者ラウダがこの章の主役である。遭難なのか、7年前に琴座星系の砂に覆われた星で、宇宙船「コンドル号」が消息を絶った。その行方を捜索にやってきた「無敵号」(つくりはコンドル号に同じ)に、ラウダは多くの科学者とともに乗り組んでいたのである。発見されたコンドル号の船内は常軌を逸した混乱状態で、説明不能と思われる、いくつもの奇妙な痕跡が残されていた。そこに起こったことの原因について仮説を立てたラウダがホルパフ隊長の部屋を訪れ、持論を語り始める。
 ラウダが語るのは、人間の「認知」を超えたところにある自然現象の1つである。天候や重力や波の動きなどと同様の自然現象であるのだが、それが人間の常識では考えられない「進化」という過程を経たものだという説明をする。このように書くと、ネタは「ソラリスの海」と同じようなものなのかという取られ方をしてしまいそうだが、あちらには知性があるのではないかという可能性があった。しかし、ラウダは、この自然現象に知性はないのだとしている。
 曖昧極まるあらすじの説明になってしまうが、まとめると「知性」のない「無生物」が「進化」したものということになり、遭難船はそれの犠牲になった。ここで「そんなのって、ありか」ということになる。
 現代を代表する知性だと高い評価を受けつづけたSF作家の、しかも本人が一番気に入っていたらしい代表作に対して全く適切さを欠くけれども、このラウダの説明の概要が分かった瞬間、私が感じたのは「アンパンマンの話みたいな荒唐無稽ぶりじゃないか」ということだ。初めて劇場でアンパンマン映画を見せられたときの、ばかばかしいまでに突き抜けた荒唐無稽ぶりが思い起こされた。あんパンや食パンがマント羽織って空を飛び、根性の悪いバイ菌が操作するロボットと戦っていたのである、それは。
 ただ、アンパンマンとの大きな違いは、そちらが大人げない滑稽感と愛らしいまでの素朴さに支えられていたのに対し、こちらは、しなやかで強靭な知性が創出した「概念」「光景」「ガゼット」などの入念な描写に支えられている点である。実際、その第6章に至るまでに提示されていく「概念」「光景」「ガゼット」は、虚構世界を読み手の脳内で現実として構築していくのに豊か過ぎるまでの材料を提供してくれる。知力、想像力、芸術的なまでの表現力が尽くされていることに大いなる満足感を抱きながら、レムの現出する宇宙空間を冒険し探索していくのであるが、そこまでの力が尽くされた先に「これか」と呆れさせられる。
 間違ってもらっては困る。それは失望の伴う裏切りでは決してない。意外なところへ飛び出して行くものへの感嘆であり、高揚である。そして、一流の知性というものが人にもたらすものは、どこか息苦しい閉塞感なのではなく、緊張を緩和させ、喜びや楽しみという「幸福」をもたらすものなのだという確信である。
 知性なき進化した無生物は、敵として、人間に危害を加えてくるものとして立ちはだかりはしない。しかし、彼らが原因となることで、この物語は「宇宙大戦争」的様相を呈してくる。いかにも男の子たちが好きそうなその戦闘シーン、そして勇者が命を賭けて仲間を救出に向かうシーン。娯楽いっぱいの物語展開のなかで、人間の「認知」を超えた存在というテーマを描き切ったことは、確かに「してやったり」感をこの偉大なる知性にもたらしたのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/27 21:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/19 05:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/31 15:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/30 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/03 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/03 20:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/28 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/15 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/17 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/26 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/07 04:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/19 23:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/30 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。