サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 日本推理作家協会賞受賞作全集 68 時計館の殺人

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本推理作家協会賞受賞作全集 68 時計館の殺人(双葉文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 双葉社
  • レーベル: 双葉文庫
  • サイズ:15cm/631p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-575-65867-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日本推理作家協会賞受賞作全集 68 時計館の殺人 (双葉文庫)

著者 綾辻 行人 (著)

鎌倉の森に佇む洋館「時計館」。十年前、館主の十四歳の娘が死んでから、死の影が館を覆う。自殺、事故死、病死…そして亡霊となって現れる娘。雑誌取材のため、霊能者や大学のミステ...

もっと見る

日本推理作家協会賞受賞作全集 68 時計館の殺人 (双葉文庫)

926(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

鎌倉の森に佇む洋館「時計館」。十年前、館主の十四歳の娘が死んでから、死の影が館を覆う。自殺、事故死、病死…そして亡霊となって現れる娘。雑誌取材のため、霊能者や大学のミステリー研究会の面々と館を訪れた江南は、館に閉じ込められてしまい…。異才の建築家・中村青司の設計による館で起こった連続殺人の真相とは。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本推理作家協会賞】【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2009/11/24 08:38

投稿元:ブクログ

作家となった島田潔と編集者となった江南孝明の再会。島田のマンションの隣室に住む霊能者・光明寺美琴。雑誌「ケイオス」の取材で古峨倫典のたてた時計館へやってきた取材班・小早川茂郎、内海篤志。大学のミステリ研究会のメンバー、瓜生民佐男、河原崎潤一、福西涼太、、樫早紀子、新見こずえ。急遽メンバーから外れた渡辺涼介。小学生の時に付近に合宿でやってきていた瓜生、河原崎、樫、渡辺。そこで出会った少女。少女との会話。時計館の旧館で霊視をする取材班。最初の夜に消えた光明寺。翌日の夜殺害された樫と渡辺。こずえにが目撃した犯人と思われる人物。逃げた方向から消えた犯人。古峨の娘・永遠の部屋に残されたウェディングドレスと「おまえたちが殺した」というメモ。自分の部屋に閉じこもりカメラのチェックをしていた内海の前にあらわれた犯人。殺害された内海と持ち去られたカメラ、フィルム。永遠の部屋で犯人と出会った河原崎。河原崎の遺体の横でつぶやいた瓜生の言葉。10年前に出会った少女と瓜生、福西が作った落とし穴。時計館の管理人・伊波紗世子に招かれて時計館にやってきた島田と福西。永遠の死後に起きた時計館の人びとに起きた悲劇。永遠の誌の責任を感じた家政婦の自殺、紗世子の娘・今日子がハショウフにより死亡、気がふれた由季弥。永遠の部屋で抜け道を発見したこずえ。彼女が抜け道を抜け地上で観た物。瓜生の遺体発見。由季弥の自殺により事件は解決したかと思われる。島田の推理。

 2009年11月23日購入

 2010年6月11日読了

2012/08/07 02:26

投稿元:ブクログ

ほほぅと感心するほどの推理ではなかったのだけれど、犯人当ては外れてしまいました。
最後のネタばらしに入っているのに、『何故まだこんなにページがあるんだ?』と思ったらそういう理由だったのね。何故犯人は由季弥の事をそれほどまでに嫌っていたのだろう?とか、河原崎君に首を絞められているのに時計の針で首の後ろをどうやって刺せるんだろう?とか、中村青司はあっさりと崩れてしまう時計塔を楽しんで作ったのだろうか?という疑問は多々残りました。
過去にも現実にも、人が死に過ぎているなぁ~。
スプラッタな推理小説でした。
--------------------------------------------------------------------------------------------
鎌倉の森に佇む洋館「時計館」。十年前、館主の十四歳の娘が死んでから、死の影が館を覆う。自殺、事故死、病死……そして亡霊となって現れる娘。雑誌取材のため、霊能者や大学のミステリー研究会の面々と館を訪れた江南は、館に閉じ込められてしまい……。異才の建築家・中村青司の設計による館で起こった連続殺人の真相とは!?

2008/03/04 15:45

投稿元:ブクログ

第45回日本推理作家協会賞受賞作。約20年前に読まなくなった、推理小説を数年前からまた読み始めました。「新本格」と名をうった作品は未読でしたので、この作品を読んでみました。舞台設定が凝っていて独特の世界観は演出されていましたが、トリックは驚くほどのものではなく、文章には流麗さがありません。舞台設定と犯人当てに重点を置いた作品ですので仕方ないとは思いますが・・・・。著者初期の作品ですから、その後の作品はよくなっているかもしれませんね。

2014/06/09 08:01

投稿元:ブクログ

よくできてるなぁという感じ。
人間関係やトリックが、読んでる最中でも
しっかり考えて作ってるんだろうなというのが見える。

だからこっちも考えたり、身構えたりで読んじゃうので
最後も「なるほどね!」「そりゃすげぇ」って感心したんだけど、
衝撃するほどでもなかったかな。あくまでもいい意味だけど。

そういう意味では『十角館の殺人』の方がガツンとくる。