サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ひぐらしのなく頃に 崇殺し編2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ひぐらしのなく頃に 崇殺し編2(Gファンタジーコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ひぐらしのなく頃に 崇殺し編2 (ガンガンファンタジーコミックス)

著者 竜騎士07 (著),鈴木次郎 (著)

ひぐらしのなく頃に 崇殺し編2 (ガンガンファンタジーコミックス)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ひぐらしのなく頃に 祟殺し編2巻

648(税込)

ひぐらしのなく頃に 祟殺し編2巻

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ひぐらしのなく頃に 崇殺し編2」が含まれるセット商品

ひぐらしのなく頃に崇殺し編(GFC) 2巻セット(Gファンタジーコミックス)

ひぐらしのなく頃に崇殺し編(GFC) 2巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.2

評価内訳

2006/07/02 00:54

投稿元:ブクログ

怖いよりも哀しい。そんな「祟殺し編」完結。前巻よりもはるかに怖い!! でも目を逸らしていては「ひぐらし」の謎を解く最大の鍵は、手に入れられない。「悲劇を打ち破る最大の鍵」あなたは見つけられますか?

2008/08/11 12:55

投稿元:ブクログ

う〜ん、良いデキなんですが、今一つ“薄い”。
鉄平を殺す決意をしてから殺人を完了するまで、ちょっとあっさり進みすぎのように思う。
もうちょっと粘着質的に進めた方がゲームの雰囲気が出たのでは?

2007/01/09 14:12

投稿元:ブクログ

綿流しの絵が「可愛い」ならこちらは「綺麗」。内容はきっつーの一言に尽きます。ごはんのとかw ひぐらしについてはいずれ、原作とも絡めてきちんとまとめ書いてみたいところ。

2006/09/12 22:26

投稿元:ブクログ

3作品の中で一番異彩を放っています。犯人が人間だとは思えない。でも読んだ後は・・・・前作圭ちゃんが犯人でいいんじゃない?とか思えた。

2006/06/30 03:54

投稿元:ブクログ

殺す―――あの男を殺す。
昭和58年、雛見沢。
圭一は仲間達と楽しい日々をすごしていた。しかし大石刑事―オヤシロさまの使いが姿を現すとともに何かが変わり始める。沙都子の突然の不登校。原因は彼女の叔父・鉄平が雛見沢に舞い戻ったことにあった。体に残る多数の痛ましい虐待の跡。圭一は自分の無力さを思い知らされる。沙都子のためにできること、それは、あの男の抹殺。そしてその先には最大の惨劇が…。
300ページを超える超ボリュームにて「祟殺し編」ここに完結!

2006/07/25 20:46

投稿元:ブクログ

沙都子がゲロゲローしちゃったり、圭一がすばらしく不幸な少年だったり、レナの啖呵が大阪のおばちゃん並に怖かったり、本当にコレ一巻の続きかよ?と疑いたくなるような展開が次々と起こります。テッペーさん(叔父)が沙都子に買わせに行かせてた「吟醸」がこの間コンビニに売ってて思わず買っちゃいました…あはは。ついでに「乾きモン」も一緒に 笑。

2006/11/20 16:11

投稿元:ブクログ

怖いとは聞いていたけど、まさかココまでとは思いもしませんでした。1巻とのあまりのギャップのすごさにも驚きます。

2006/10/28 20:20

投稿元:ブクログ

怖いよおおぉ!!ひぐらしの中で一番怖かったと思う。
最後がっ……予想のはるか斜め上をいく展開ですっごいもう……
とにかくびっくりした。そして怖い。
でも面白いんだよな……。

2006/12/09 21:30

投稿元:ブクログ

 ひぐらしの第3話になるであろう「祟り殺し編」のコミック版。
 出題編3つの中で、一番真実に近いのではないかと思われるお話です。
 沙都子の過去。北条と園崎。オヤシロ様と雛見沢。
 圭一がくだした最悪の決断と、その後の展開がかなり見物でございます。
 もし自分がこの状況だったら。どんな答えをだしたのか。どんな行動をしたのか。
なにが正解で、なにがハズレなのか分からない。とても考えられるお話でした。
 普通のようで普通でないひぐらしワールド全開です!

2009/01/12 15:00

投稿元:ブクログ

怖いよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!
ついに来ちゃったよ雛見沢大災害ッ!!!!!!!

怖かった・・・特に最後。

「俺如キニ呪イ殺サレルナ?」



の演出が・・・・。

でもやっぱり沙都子が辛すぎて、★3つ。

2009/12/13 21:07

投稿元:ブクログ

圭一うぜええええな、一冊
少なくとも私にとっては。
レナがかっこいい
あのセリフは着ボイスにするくらい好きです

レナのかこよさに★4

2011/01/27 01:33

投稿元:ブクログ

他とは少しテイストが違う?重要な話しとの位置ずけとの事だけど…重要な鍵がまったく分からない。
とりとめなく、繋がらない、全てを読め終えた時にはじめて気づくのかな?

2010/08/17 16:48

投稿元:ブクログ

サスペンスホラー(?)サウンドノベルゲームの漫画化。パラレルである複数エピソードから新たな発見が。エピソードによって絵が違う人といううのも面白い。
   
沙都子中心。悟史の話も描かれる。そして圭一が。。

2012/02/03 09:17

投稿元:ブクログ

ひぐらしの話の中ではこれが一番好きじゃないかもなー。
救われない感がなんとも…
読後感も良くないし。
けど、それが魅力というのも分かる。


紗都子のために頑張れば頑張るほどすれ違っていく、
というか掛け違っていく感じが何とも…


俺はシリーズ通して大石が一番好きなのですが、
大石が悪人っぽいポジションなのもマイナス。
まあ、その違いも面白いんだけどさ。

しかし圭一が祭りに参加してたってのはどういう事なんだ?
圭一が発症してるって事なのか?
じゃあいつから?
どこまでが現実?
結局良く分かってないw

2012/04/27 23:08

投稿元:ブクログ

---

H24*04*21*Sat 読破

---

読み終えるまで深呼吸ができなかった…

--あらすじ--

ひぐらしのなく頃に〈祟殺し編〉 2巻
殺す―――――――あの男を殺す。
昭和58年、雛見沢。
圭一は仲間達と楽しい日々をすごしていた。
しかし大石刑事―オヤシロさまの使いが姿を現すとともに何かが変わり始める。
沙都子の突然の不登校。
原因は彼女の叔父・鉄平が雛見沢に舞い戻ったことにあった。
体に残る多数の痛ましい虐待の跡。
圭一は自分の無力さを思い知らされる。
沙都子のためにできること、
それは、あの男の抹殺。
そしてその先には最大の悲劇が…。
300ページを越える超ボリュームにて「祟殺し編」ここに完結!


--


〈祟殺し編〉 終了の巻。
最初 2巻の厚さに一瞬気が遠くなるような感覚に陥ったが、
そんなものは読んでるうちに消え失せた。

浅い呼吸を続け、
ドキドキ、ワクワクというのと共に
「虐待」という現実的な話しを含み、私を襲った。

身近にも感じたが、
やっぱりこの恐怖感はひぐらし特有だろう。


以上、
---

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む