サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 33件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:19cm/333p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-873690-6

紙の本

イレギュラー

著者 三羽 省吾 (著)

村が水害にあい、グラウンドも使えず練習もままならないニナ高野球部。素質は全国レベル、態度ならメジャーレベルの剛速球投手コーキもその素質をくすぶらせ、ナンパやケンカ三昧の日...

もっと見る

イレギュラー

税込 1,320 12pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

村が水害にあい、グラウンドも使えず練習もままならないニナ高野球部。素質は全国レベル、態度ならメジャーレベルの剛速球投手コーキもその素質をくすぶらせ、ナンパやケンカ三昧の日々。そんなニナ高に、恰好の練習相手として目を付けたのは名門野球部K高だった。だが両校は合同練習初日に衝突する。自分の球に絶大な自身を持つコーキはK高野球部に勝負を挑むが…。『太陽がイッパイいっぱい』『厭世フレーバー』の三羽省吾が描く、ダメダメ野球部のむやみに熱い青春ストーリー登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

村が水害にあい、グラウンドも使えず練習もままならないニナ高校野球部。自分の球に絶大な自信を持つコーキは名門・K高野球部に勝負を挑むが…。ダメダメ野球部のむやみに熱い青春ストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三羽 省吾

略歴
〈三羽省吾〉1968年岡山県生まれ。2002年「太陽がイッパイいっぱい」で第8回小説新潮長篇新人賞を受賞しデビュー。著書に「厭世フレーバー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー33件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

青春を五感で体感させてくれる小説。

2006/07/12 22:46

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者の三羽省吾(みつばしょうご)さんは1968年生まれ。2002年『太陽がイッパイいっぱい』で小説新潮長編新人賞を受賞してデビュー、その後『厭世フレーバー』(文藝春秋)を上梓、本作は3作目となる。
爽快かつ痛快なストーリーに魅せられること請け合いの作品である。
エンターテイメント小説の世界にて将来を嘱望される作家のひとりと言って良いのではなかろうか。
かつて師弟関係であった結城(教え子)と大木(監督)。
この2人の関係を念頭に置いて読まれるのが一番奥の深い読み方であると思われる。
お互いの心に残ったわだかまりは払拭出来るのであろうか。
物語が始まった時点では立場が逆転していると言えよう。
結城は選抜大会(春の甲子園)に出たばかりのK高校の監督をしていて夏の甲子園出場を目指す。
一方、大木はたった9人しかいない蜷高野球部の監督で村が水害にあい、グラウンドも使えず練習もままならない。
結城が大木にグラウンドを貸すと申し出ることによって物語が大きく動き出すのである・・・
いろんな捉え方が出来るのであるが、大木の“イレギュラー”を目覚めさせてくれたのは結城かもしれないが、救ったのはコーキという若者(素質だけは全国レベル、態度ならメジャーレベルの豪腕高校生ピッチャー)の存在である。
共同で練習するきっかけとなった水害による避難生活の大変さ。
コーキの無鉄砲ながらも男気のある存在が、読者をもグイグイと引っ張って行ってくれる。
本作の読ませどころは試合のシーンよりもむしろ、合同練習後の両校のメンツが友情を深めていくシーンにあると思う。
とりわけ、神原事件(と呼びましょうか)にはハラハラドキドキですね。
あと両校のマネージャーコンビ(琴子と春菜)の可愛さも男性読者には楽しいはずである。
これは読んでのお楽しみであるが、ラストの結城の粋なはからいには胸を高まらせてページを閉じた。
まるで甲子園のアルプススタンドの応援団の気分である。
少し難を言えば、登場人物が多すぎて混同しちゃいました。
私の読解力不足かもしれませんが、そこが本作の魅力と言えばそうなるのかもしれませんね。
ひとりひとりが個性的でありすぎるような気もします。
それぞれのサイドストーリーを書いても楽しめるぐらいである。
たとえば前述した神原のように・・・
ただ、現実は忘れた頃にその人物が出てきて、はたしてこの人はどんな特徴だったかなと思い返すのに四苦八苦したのも事実。
本作も登場人物と同様、荒削りな面も見られる。
後半の試合のシーンでの非現実的(劇画的)な面である。
途中でピッチングやバッティングにおける理論的な話も語られているので、玉石混淆のような気もした。
作者はユーモアをまじえて書かれたのであろうが。
そこは大目にみよう。
必ず本作を凌ぐ素晴らしい作品をどんどん上梓される日が来ることを信じて・・・
最後に夏の甲子園を目指して地方予選が始まる時期にこの作品を読めたことを幸せに思う。
“人生はイレギュラーがあるからこそ楽しい!”
作者が読者に一番伝えたかったメッセージである。
青春だけでなく人生もほどほどには熱く生きることが必要だ。
活字中毒日記

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/10/11 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/16 13:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/19 03:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/31 13:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/02 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/01 19:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/03 11:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/31 11:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/08 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/21 17:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/31 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/02 12:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/07/31 13:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/27 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。