サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

瓦礫の矜持
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 中央公論新社
  • サイズ:20cm/416p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-003740-5
  • 国内送料無料

紙の本

瓦礫の矜持

著者 五條 瑛 (著)

警察組織存続の名の下に犠牲になった三人の男の対決。選んだ道は欺瞞、糾弾、そして復讐。組織に殉じるとは、正義とは何かを問う著者渾身の書き下ろし大型問題作。【「BOOK」デー...

もっと見る

瓦礫の矜持

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

警察組織存続の名の下に犠牲になった三人の男の対決。選んだ道は欺瞞、糾弾、そして復讐。組織に殉じるとは、正義とは何かを問う著者渾身の書き下ろし大型問題作。【「BOOK」データベースの商品解説】

警察組織存続の名の下に、犠牲になった3人の男が選んだ道は、欺瞞、糾弾、そして復讐。「俺は組織への復讐を、奴は服従を選んだ。あいつは後悔していないのか−」組織に殉じるとは、正義とは何かを問う渾身の書き下ろし。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

五條 瑛

略歴
〈五條瑛〉1999年「プラチナ・ビーズ」でデビュー。「スリー・アゲーツ」で第3回大藪春彦賞を受賞。著書に「スノウ・グッピー」「黒を纏う紫」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2006/08/07 13:47

投稿元:ブクログ

2/3過ぎた辺りから面白くなってきたよ。相変わらず登場人物が多すぎて、相関図書かんと全然話がつながらんかったけどね!黒羽がだんだん悪い奴に見えてこなくなってしまったよ。しかし神楽連れて夜景のデートスポットに行く辺り、また筆者は何か狙ってません?ただのあたいの勘繰りですか。(20060807)

2006/08/06 18:33

投稿元:ブクログ

夢の大陸を支配するまでは仲間でいよう
警察の信用を失墜するために、とある陰謀がW杯開催直前の仙水市で動き出していた。組織に復讐を誓った男達と、組織に服従を選んだ男達の物語。
途中まで面白かったんですが、最後結構あっさりと終ったのが残念。貨幣兄弟はよかったですね〜兄弟大好きv

2007/01/14 21:07

投稿元:ブクログ

後半でもっと一気に崩壊していく内容なのかと思ったので、ちょっと肩すかしな気分。
主人公よりも貨幣兄弟(笑)をもっと見たかったです。

2008/03/04 17:44

投稿元:ブクログ

2007/11/02
架空の都市仙水市(=仙台ね)とWカップを舞台にした小説でした。ちょうど夏に仙台に旅行したばっかりだからイメージが沸いてよかった。
一応主人公と呼べる人はいるけど、巻き込まれ型。三者の「矜持」がねじれて、事件を生んで、こういう結果になりましたーって…散漫な印象の本だった。もっと一人の人を掘り下げても良かったんじゃないのかな。五條さんの小説にしては細部が大雑把な印象を受けた。
あー、でもドラマ化したらちょっと面白いかも。これくらいなら荒唐無稽すぎないし、出来るんじゃないかな。キャラに癖があってイメージがわきやすい感じだった。やさぐれ警官の黒羽さんラヴ。

2008/12/23 20:29

投稿元:ブクログ

久々の五條瑛の長編。
登場人物ごとにエピソードが描かれていて、非常に丁寧なのだが、登場人物が多すぎて、人物関係がよく分からなかった・・・
警察に恨みを持つ6人の人間が集まり、大きなイベントを控えた地方都市の警察のメンツを潰そうと計画する。
恨みを持つきっかけ、計画などは丁寧に描かれているのに、最後の最後、復讐を実行するシーンが薄い!短い!軽い!
途中まで、すごく丁寧な物語の作りに引き込まれていただけに、終わり方に消化不良。

2009/03/30 17:46

投稿元:ブクログ

いやー。コレはないっスね。
主要登場人物の描写も詰めれてない気がするし
そもそも、その犯行の動機や、変更計画、全てが
突っ込みどころ満載の甘い設定。
かと言って開き直って、荒唐無稽なストーリーを繰り広げて
くれれば、面白いのに、主題自体を重く設定しているので
身動きが取れなくなっている印象....。
途中から惰性で斜め読みしてしまいました...。

2009/12/12 17:17

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
警察組織存続の名の下に犠牲になった三人の男の対決。選んだ道は欺瞞、糾弾、そして復讐。組織に殉じるとは、正義とは何かを問う著者渾身の書き下ろし大型問題作。

(借)

2015/04/09 12:37

投稿元:ブクログ

読みやすかった。
もう少し登場人物たちについて掘り下げたり、関わり方を丁寧に描いていればよかった。もったいない。

推理・ミステリー ランキング

推理・ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る