サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

8/1【HB】honto withアプリカード利用でポイント2倍キャンペーン (~8/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆれる
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 131件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:20cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-591-09303-4
  • 国内送料無料

紙の本

ゆれる

著者 西川 美和 (著)

東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。監督デビュー作『蛇イチ...

もっと見る

ゆれる

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは…。監督デビュー作『蛇イチゴ』で映画賞を総ナメにした俊英・西川美和が4年ぶりに挑んだ完全オリジナル作品を、自らが小説化。【「BOOK」データベースの商品解説】

東京でカメラマンとして活躍する弟。実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。対照的な兄弟。だがふたりは互いを尊敬していた。あの事件が起こるまでは…。2006年7月公開映画を、監督自らが小説化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西川 美和

略歴
〈西川美和〉1974年広島県生まれ。早稲田大学第一文学部卒。在学中より映画の現場に助監督として参加する。2002年映画「蛇イチゴ」で第58回毎日映画コンクール・脚本賞をはじめ映画賞各賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー131件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

兄と弟。

2007/11/29 12:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ろでむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

■東京でカメラマンとして活躍する弟。
■実家に残り、家業と父親の世話に明け暮れる兄。

対象的な兄弟、だが二人は互いを尊敬していた、あの事件が起こるまでは・・・。


この小説は、登場人物5人の、様々な視点から話が展開していく。
(○○○のかたり、というふうに章が別れています)


初めて、このような小説に出会ったので、インパクトがあった。


一つの視点(主人公)からのみで描かれている小説特有の、
主人公が言った・行った事に対して、第2者はどう感じたのか、
知りたいのに、知る術もない。
そんな想いを、この小説は紐解いてくれる。


でも、ストーリーがどのように展開するのか、一向に読めやしない。
自分にも、2つ歳の離れた兄がおります。
’尊敬’の念なんて、幼い頃は、これっぽちも抱いたことはありません。


でも、確信して言えることがひとつだけあります。
兄がいたから、今の自分が形成されている、と。



兄弟姉妹の居る人は、一読してみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まっさらな気持ちで読んでみたい

2006/08/02 23:16

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:katu - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画『ゆれる』の監督である西川美和による小説版『ゆれる』が本書である。映画を観て胸にもやもやしたものが残ったので、小説を手に取ってみた。ページをめくると、「第一章 早川猛のかたり」とある。第二章は「川端智恵子のかたり」になっている。つまり登場人物の「かたり」によって本書は成り立っているのだ。この構成自体さほど目新しいものではないが、この構成によってこそ映画でのもやもやが晴れるのではないか。そんな思いでこの本を購入した。普通のノベライズなら買わなかっただろう。

私は先に映画を観ているので、読みながらも頭には映画の映像が浮かんでくる。この本の描写は映画で語り尽くせなかった部分を補完する役割も担っている。ワンカット、ワンカットに込められた思いや、俳優のほんのちょっとした仕草や表情の裏側にある意味など、映画を観ただけでは気付かなかった点も多い。

私の場合、どうしても映画寄りの読み方になってしまうが、映画を観ずにこの本を読んでも十分に面白いであろうことは保証できる。それぐらい西川美和の筆は冴え渡っている。映画を観てしまった記憶を一度消し去って、まっさらな気持ちで読んでみたいという気にさえさせてくれる。

映画では肝心な部分がややぼかされていて、もやもやするのだが、それは小説でも同じだった。映画には盛り込めなかったエピソードはかなり出て来るのだが、本筋は映画に忠実である。エンディングもきっちり映画通りだった。結局、肝心な部分の解釈は観る者/読む者に委ねられているのだ。

それにしても素晴らしい才能の登場だね。芥川賞の候補になってもおかしくなかったんじゃないかな。西川美和は作家でも喰って行けるよ。

k@tu hatena blog

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/11/07 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/04 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/11 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/24 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/05 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/26 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/21 09:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/01 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/17 00:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/09 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/13 14:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/29 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/17 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る