サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 悩んだら本を開こう ポイント5倍キャンペーン  ~11/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.7
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/330p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-765159-9
文庫

紙の本

ウソの歴史博物館 (文春文庫)

著者 アレックス・バーザ (著),小林 浩子 (訳)

ウソの歴史博物館 (文春文庫)

税込 723 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

奇妙なウソの数々を笑って楽しむ本

2008/01/12 16:41

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文字通り、世間に流布したウソやペテンを集めた本。264冊目で紹介した『詐欺とペテンの大百科』と同じ趣向といえる。違うのはボリューム。なにせ、『詐欺とペテンの大百科』はかなり厚いハードカバー(2段組)と文庫だ。ボリュームで比較する方が間違っている。

 本書が『詐欺とペテンの大百科』と異なる点は、誰もが楽しもうと思って付かれたウソ、即ちエイプリル・フールも大きく取り上げている点や、より新しいウソについても集められている点だろう。

 マーク・トゥウェインらが捏造した新聞記事、アビシニアの皇族を装った若者たちにドレッドノート戦艦(ド級の語源になった戦艦ですね)を案内したイギリス海軍、斑点のある四角い卵(どこからどう見てもサイコロ)斑点のある四角い卵(どこからどう見てもサイコロ)などを発見したとする『カワ漫遊記』の顛末、オーソン・ウェルズが読んだ『宇宙戦争』によるパニック、スイスでのスパゲッティ農家の収穫シーン、左利き用ハンバーガー発売などなど、これでもかとばかりにウソが並ぶ。

 人々は活字になった情報をたやすく信じることが分かる。恐らく、そこに権威を感じてしまうため、友人から聞けば容易にウソと見破れる話でも真実であるかのように思われてしまうことが原因ではないだろうか。

 本書でもそのパターンが実に多い。無影派とのタイトルで紹介されているのはこんな話だ。

 キュビズムなどの抽象芸術を茶化した絵を、”無影派”(架空の流派)の創始者である”ロシアの画家パーヴェル・ジョルダノヴィチ”(架空の人物)という触れ込みで展覧会に出品した。説明を適当にでっち上げてそれらしく見せかけたところ、作品は賞賛されたという。

 ロシアの画家を名乗ったのは、外国産の方が有難がられると思ったためとのことで、舶来の品を有難がる心情はどこも変わらないのかもしれない。無影派という架空の流派を使い、それも創始者と主張する。たったそれだけのことで、ナンセンスな絵が芸術に化ける。なんとも奇妙な話では無いか。

 その他、ポール・マッカートニー死亡説だとか、ピルトダウン人といった有名な話が加わる。なお、日本からは藤村新一による旧石器の捏造事件が唯一のもの。新しい話だと、9.11にワールド・トレード・センターで撮られたとする写真がある。これについては、その後に出没したパロディ(WTCにマシュマロマンが迫る)の方が楽しい。

 それにしても、次から次へとウソを思いつき他人を騙す方も騙す方だが、どう見ても嘘っぱちの話に騙される方も騙される方だ。騙された後で笑えるのであれば良いが、株の投資話では笑うに笑えない。せめて楽しめるウソは楽しもう。本書を読めば笑ってしまうこと間違いなし。電車の中で読んでしまった私が言うのだから間違いない。ただ、同じ轍を踏まれないことを願う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/09/05 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/17 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/19 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/07 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。