サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ボーイズラブ
  4. 犬ほど素敵な商売はない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

犬ほど素敵な商売はない(SHY NOVELS(シャイノベルズ))

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

犬ほど素敵な商売はない (SHY NOVELS)

著者 榎田 尤利 (著),志水 ゆき (イラスト)

悪い子だ。発情してしまったのか?自覚のあるろくでなし・三浦倖生は、うだるように暑い夏のある日、会員制のデートクラブ『Pet Lovers』から『犬』として、寡黙で美しい男...

もっと見る

犬ほど素敵な商売はない (SHY NOVELS)

929(税込)

犬ほど素敵な商売はない 【イラスト付】

918 (税込)

犬ほど素敵な商売はない 【イラスト付】

ポイント :8pt / 紙の本より11おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「犬ほど素敵な商売はない」が含まれるセット商品

商品説明

悪い子だ。発情してしまったのか?自覚のあるろくでなし・三浦倖生は、うだるように暑い夏のある日、会員制のデートクラブ『Pet Lovers』から『犬』として、寡黙で美しい男・轡田の屋敷に派遣される。そこで倖生を待っていたのは厳格な主人・轡田の厳しい躾の日々だった。人でありながら犬扱いされることへの屈辱と羞恥。そして、身体の奥底に感じる正体不明の熱…。次第に深みにはまっていくふたりだったが!?究極のコンプレックス・ラブ。【「BOOK」データベースの商品解説】

三浦倖生は、会員制のデートクラブ「Pet Lovers」から「犬」として、寡黙で美しい男・轡田の屋敷に派遣される。そこで待っていたのは厳格な主人・轡田の厳しい躾の日々だった。次第に深みにはまっていくふたりは…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価4.5

評価内訳

紙の本

Pet Loversシリーズその1

2013/02/23 16:52

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

一見、寡黙で穏やかな轡田(攻め)と元ホスト、倖夫(受け)のお話です。
久しぶりに読み返してみたのですが、やはり面白い!
もう、タイトルがお話そのままなのです。
「犬ほど素敵な商売はない」。ま、倖夫のみに言えることですが・・・
倖夫は派遣された轡田のもとで「犬」として振る舞うように言われます。
犬って本当のわんこですよ。フリじゃなく、犬そのものです。
まずその設定が面白いです。
妖しさ漂う調教モノじゃないのでそういうのが苦手な方でも読めます。
最初は犬として扱われることを嫌がっていた倖夫ですが、
次第に「犬」として大切に接してくれる轡田をどんどん受け入れていきます。
犬としてかわいがってほしい、と願ってしまう倖夫がなんだか切なかったですね。
飼い主と犬としてのお話がほぼストーリーを埋めていますが、ラスト近く、
やっと対等に向き合える二人になった時の絡み具合は前半禁欲的だったのでなかなか楽しめました。
冒頭の1行がかなり効いている作品だなぁと、読み終わってしみじみ思えるのも珍しいと思います。
この作品はシリーズになってます。
次は「獅子は獲物に手懐けられる」です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一人だけに依存するということ。

2015/10/02 22:32

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jelly - この投稿者のレビュー一覧を見る

性格も口も悪い、いわば品格の低い元ホストの受が、高額の仕事(犬になる)をするようになるー。
あらすじは全部あるし感想から言わせてもらうと、コミックだけ読んでたら小説だと時間かかるんじゃないかなーとか心配してたけど、すごい読みやすい。話の展開も面白くて、読み始めたら止まんなくなる!
完全に犬になり切っちゃって、一人だけに依存する感覚が文章として繊細に表現されてた。それに、この二人が絶対結ばれる結末とは分っていながらも、どんな風に変わるんだろうとか考えながら読むともっと楽しめる。シリーズ物だから続編も読んでみる予定。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズものですが1巻だけで完結してます

2016/11/29 13:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きなこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

非BLの榎田作品を読んで好きになったので、BL作品も読んでみました。

首輪つけて四つん這いにさせて、食事もテを使わずに食べさせるとかどんなプレイ・・・変態なの???(wkwk)と思いながら読み始めましたが予想外に純愛でした。

汚い目で見てごめんなさい・・・。

表紙とタイトルの雰囲気から怪しい淫靡な関係と変態プレイを期待して食いついてきたアナタ!ちょっと違いますのでご注意を笑

内容としては主人公(犬(大学生))がご主人様(職業不詳のお金持ち)に反発しつつも恋していくお話。一人と一匹の時間をともに過ごすうちに、次第に惹かれあう様子を丁寧に描いています。

榎田さんというだけあって、キャラの人物設定やら描き方は流石ですね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/23 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/16 19:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/07 15:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/01 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/13 21:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/20 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/19 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/23 01:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/13 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/28 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/30 18:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/05 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る