サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. アニメーションの世界へようこそ カラー版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アニメーションの世界へようこそ カラー版(岩波ジュニア新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波ジュニア新書
  • サイズ:18cm/158,14p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-00-500538-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

アニメーションの世界へようこそ カラー版 (岩波ジュニア新書)

著者 山村 浩二 (著)

古代の壁画や日本の絵巻、絵の動く仕掛けおもちゃ、映画の発明など、アニメーションが誕生し発展してきた歴史をたどる。「頭山」などの作品で国際的に活躍しながら手作りにこだわる著...

もっと見る

アニメーションの世界へようこそ カラー版 (岩波ジュニア新書)

1,058(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

古代の壁画や日本の絵巻、絵の動く仕掛けおもちゃ、映画の発明など、アニメーションが誕生し発展してきた歴史をたどる。「頭山」などの作品で国際的に活躍しながら手作りにこだわる著者がアニメーションの魅力を楽しく案内。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • はじめに
  • Ⅰ アニメーションの歴史の深くて長い道のり
    • 愛知万博でのヤマムラアニメーション博物館
    • アニメーションとは何だろう
    • 足がたくさん描かれた動物-アルタミラの洞窟画
    • 絵の中に時間を描く-日本の絵巻物
    • 物語を伝える
    • 庶民を描く絵「戯画」
    • 変化を描く
    • アニメーション映画の誕生

著者紹介

山村 浩二

略歴
〈山村浩二〉1964年名古屋市生まれ。東京造形大学絵画科卒業。ヤマムラアニメーション(有)設立。アニメーションで受賞多数。東京造形大学客員教授。国際アニメーションフィルム協会日本支部理事など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

NHKの「プチクレイ」シリーズ、そして「おかあさんといっしょ」の『パクシ』、娘と観た記憶があります

2006/08/25 21:51

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

娘二人もですが、夫も私もアニメが好きです。特にプロダクションIGの作品については、夫が一番騒いで、次に長女。次女はといえば、どちらかといえばスタジオ・ジブリで、ここは私似。そんなわけで、この本は娘たちに読ませようと思って手にしたのですが、アニメとアニメーションは違うんだそうです・・・
そこを山村の文章から引き写せば
「アニメーションは、日本で制作が始ったころには「動画」と呼ばれ、一九五〇年代に「アニメーション」と呼ばれるようになりましたが、いつのころからか、「アニメ」という省略した呼び方になってきました。
その後、日本の多くの量産されたアニメーションが欧米で放送され、現在それらの日本の漫画映画を指す言葉として「あにめ(Anime)という名称が日本からの外来語として使われるようになりました。「マンガ(Manga)」という言葉も同じように日本のものを指す、限定的な使われ方をしています。ですからグローバルな視点で見ると「アニメ」は、「アニメーション」の中の特定のカテゴリーを指す言葉なのです。」
だそうです。
ですから、山村がこの本で紹介するのはアニメ、ではなくてアニメーションです。だから、古代から現代にいたるまで連綿と続く人間の願望、それを体現するものとして古今東西あらゆるアニメーションに関係することがらが、広く浅く、時には深く語られます。そして山村自身が手掛けるのもアニメーションです。
カバー画は山村浩二自らの手になる「驚き盤」です。面白いんですが、じゃあ山村って何者?ってなります。著者略歴を見ると、アニメーション作家。1964年名古屋市生まれ。東京造形大学絵画科卒業。1993年ヤマムラアニメーション(有)設立。2005年「愛・地球博」で「ヤマムラアニメーション博物館」を出展。
『頭山』(2002)が第75回アカデミー賞短篇アニメーション部門にノミネートされる。他の作品も世界の映画祭で上映され、多くの賞を受賞。東京造形大学客員教授、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)日本支部理事、日本アニメーション協会(JAA)理事。とあります。まだピンと来ません。
でも70、72頁の写真を見ると、あの・・・って思います。NHKの依頼で作ったという『カロとピヨププト』、あるいはNHKの「プチクレイ」シリーズ、そして「おかあさんといっしょ」の『パクシ』というシリーズ、1995年といいますから次女はまだ幼稚園か小学生になりたての頃。絶対に見ています、とくに『パクシ』。
いやはや長い前振りです。勿論、子供に優しく大人に易しい岩波ジュニア新書の一冊。
至極真っ当なアニメーションについての本で、特に「1 アニメーションの歴史の深くて長い道のり」については、この手の本にしてはアカデミックなわりに、読みやすいし、変にマニアックにならず、我田引水何が何でもアニメーション陣営に引き込もうというわざとらしさもなくて、素敵です。
でも「2 『頭山』が生まれるまで」はちょっと物足りないし、「3 アニメーションの作り方」になるともっともっと物足りない。紙数の関係もあるんでしょうが、1に比べるとツッコミ不足。ま、自分の宣伝になりがちな2を軽めにしたのは分かるとしても、この本を見る子供たちにはもっと3を具体的に書いて欲しかった、そう思います。
ま、そこはしっかり参考書をあげることで補ってはいるんですが、この本でやって欲しかった。できれば、続巻で簡単な技術篇を出してもらえればなあ、なんて思います。でも、大人数をかけないでやる手作りアニメ、いやアニメーションは、原点なんだよな、って納得もします、はい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/03/25 21:23

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
はるか昔から、人間は「動き」を記録しようとしてきました。
古代の壁画や日本の絵巻、絵の動く仕掛けおもちゃ、映画の発明などを見ながら、アニメーションが誕生し、発展してきた歴史をたどります。
『頭山』などの作品で、国際的に活躍しながらも手作りにこだわる著者が、アニメーションの魅力とメイキングを楽しく案内。

[ 目次 ]
1 アニメーションの歴史の深くて長い道のり(愛知万博でのヤマムラアニメーション博物館;アニメーションとは何だろう;足がたくさん描かれた動物―アルタミラの洞窟画 ほか)
2 『頭山』が生まれるまで(「なぜ絵が動くの?」;中学生で自作アニメーションを;大人が楽しめるアニメーションを作りたい ほか)
3 アニメーションの作り方(アニメーションの原理がわかる視覚玩具;映画の原理も同じ;見ている人の想像力が絵を動かしている ほか)
4 山村浩二Q&A

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2012/04/27 00:48

投稿元:ブクログ

アニメーション作家の山村 浩二 さんの著。ジュニア向けに書かれたものではあるけれど、アニメーションの歴史から技法までとても興味深い。
名古屋市の出身ということもあってか、愛・地球博にも彼の展示があったそうだ。もっと早く知っていれば・・・惜しいことをした。

2012/06/30 23:28

投稿元:ブクログ

とても丁寧で、生きることを愛おしく思えるような素敵な本。

表紙の画を見てもピンと来なかったが、著者はNHKのショートアニメーションを作っていた方だ。そのキャラクターを見れば、私のようにああ、あの人ね!と気づく方も多いと思う。

内容は、アニメーションの歴史、作り方、自分がクリエーターになるまでの軌跡などである。

もっとも、私が一番魅力的に感じたのは、著者の文章である。
著者の文体、組み立て方がこれほどまでに、緻密に重ねるように仕上げられた本は今、あまり見かけない。

作者はアニメーションクリエーターであるが、言葉を通してでもアニメーションの魅力が伝わってくる。柔らかく、丁寧に編み込まれた文章は、本当に素晴らしい。ぜひ今度、作品を観てみたい。

アニメーションって、どうやって作ってるんだろう、ちょっと興味あるなという方に一番おすすめしたい。 まさに、"アニメーションの世界へようこそ"で ある。 入口としては、とても読み易い著書だ。

2013/06/01 18:39

投稿元:ブクログ

山村浩二が選ぶ新世代のアニメーション作家11組を紹介、山村作品の原画約80点も展示 -art-designニュース:CINRA.NET
http://www.cinra.net/news/2013/05/29/111218.php

『横浜 wo 発掘 suru vol.4 山村浩二がえらぶ新世代 アニメーションのつくり手たち』
2013年6月14日(金)~6月30日(日)休館日:6月24日(月)
会場:神奈川県 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
時間:10:00~18:00
料金:無料

岩波書店のPR
「はるか昔から、人間は〈動き〉を記録する試みをしてきました。古代の壁画や日本の絵巻をはじめ、絵の動く仕掛けおもちゃ、映画の誕生などを見ながら、アニメーションのさまざまな姿をたどります。「頭山」などの作品で、世界的に活躍しながらも手作りにこだわる作者が、その魅力と作り方を楽しく案内。」
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/toku/0606/500538.html
ヤマムラアニメーション
http://www.jade.dti.ne.jp/~yam/

2015/06/20 19:57

投稿元:ブクログ

1章は映像の歴史にはじまり、そこからどうやってアニメーションが産まれたかを実際の絵やスクリーンキャプチャ等で振り返る。写真が沢山載っていて、にぎやかで楽しい。2章では著者がどうやってアニメーションを作っているかを実際の作品を扱って説明する。山村流アニメーションの独特さは勿論なのだが、ストーリーの作り方等は物語作家に共通する要素なので「きほん」の「き」をレクチャーしてくれる感じ。3章はQ&A。山村浩二と言う人間がアニメをどうとらえているのかが書かれていて興味深い。全体を読み終わると「心のこもった」アニメーションを見たくなってくる。
一般には知られていない海外アニメーション作家の名前や作品も載っているのでありがたい。

2012/08/01 14:04

投稿元:ブクログ

 『頭山』の作者、山村浩二さんの書いたアニメーション入門書籍。

 カラーで、アニメーションの歴史から、ジャンル別のアニメーションまで、説明されています。
 アニメーションを専門とする学生にとっては少し物足りない内容かと思います。とりあえず、「ざっと知りたい」のであればお勧めです。
 新書サイズで、持ち歩きも楽です!

岩波ジュニア新書 ランキング

岩波ジュニア新書のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む